更新日: 2024.02.27 その他暮らし

32歳、初めての子どもが「2歳」となり、少しでも家計を節約したいです。「NHK受信料」を払うメリットって本当にあるのでしょうか? テレビもあまり観ません…

32歳、初めての子どもが「2歳」となり、少しでも家計を節約したいです。「NHK受信料」を払うメリットって本当にあるのでしょうか? テレビもあまり観ません…
子育て中は、喜びも多ければ、疲れることも多いですよね。そして、子育てにかかる費用にはさまざまなものがあります。そのため、毎月の出費をできるだけ抑えたいと考えるのは自然なことでしょう。特にテレビをほとんど見ない場合、NHK受信料の支払いについて疑問を抱く人も多いのではないでしょうか。
 
本記事では、NHK受信料には支払う価値があるのか、その疑問に答えます。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

NHKは子どもから大人まで幅広い年代が楽しめる番組が多い

NHKは「いないいないばぁっ!」や「おかあさんといっしょ」のような子ども向け教育番組から、信頼性の高いニュース、災害情報まで、幅広い年代に向けた番組を提供しています。
 
「いないいないばぁっ!」で子どもの笑顔を見たり、「ダーウィンが来た!」を家族みんなで自然の不思議に驚いたり。これらの番組は、日々の家事や育児の疲れを忘れさせてくれることもあるでしょう。
 
また、CMがないため、番組が途切れることなく視聴できる快適さは大きな魅力です。特に子どもがいる家庭では、教育やエンターテインメントの価値を考えると、コストパフォーマンスは非常に高いといえるでしょう。
 

NHK受信料の節約方法【クレジットカードや年払い割引を有効活用】

NHK受信料の支払い方法を工夫することで、節約が可能です。年払いやクレジットカードでの支払いを選択することで、受信料を割引価格で支払えます。
 
これにより、年間数千円の節約につながり、家計にやさしい選択となります。クレジットカードならポイントも貯まり、買い物が少し楽しくなるかもしれませんね。
 

NHK受信料には免除制度あり

NHK受信料には、条件はかなり厳しいですが免除制度があります。具体的には、生活保護を受けている世帯や、全員が市町村民税非課税で、その中に身体障害者手帳を持っている人がいる世帯などの特定の条件を満たす場合です。受信料が全額または半額免除される可能性があります。
 
条件はかなり厳しいものの、対象に当てはまる場合はNHKの提供する教育番組や情報番組を無料で視聴できる可能性がありますので、確認してみてください。
 

NHK受信料の家族割引がお得

家族割引制度もお得です。これは同一生計で離れて暮らす家族がいる場合、その離れて暮らす家族分のNHK受信料が半額になる制度です。家計を賢く管理している人にとって、この制度は大いに役立つでしょう。
 

【結論】NHK受信料を払うメリットはあります

総じて、NHK受信料を支払うことは、多くのメリットがあるといえます。クレジットや年払い割引といった受信料支払いの節約方法を活用すれば、家計への負担を軽減しつつ、教育や情報、エンターテインメントといった価値あるコンテンツを見ることができます。
 
子育て中の家庭においても、NHKの番組を通じて、子どもの成長を支え家族の絆を深めることができるでしょう。また子育て中の毎日の家事や育児で疲れた心を癒やすことにより、家族の豊かな生活に貢献することにもなります。
 
子どもの成長に役立つ教育番組や、家族全員で楽しめるコンテンツへのアクセスは、金銭的な価値以上のものをもたらします。NHK受信料を賢く支払い、NHKの品質高いコンテンツを享受しましょう。
 

出典

NHK受信料の窓口 受信料のご案内・受信料のお手続き
NHK受信料の窓口 受信料免除の対象となる方について
NHK受信料の窓口 家族割引のお手続き
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集