更新日: 2024.03.12 その他暮らし

【中古車をお得に購入】オークションは「中間マージンなし」で「安く中古車を購入」できると聞きますが、だれでも参加できますか?

【中古車をお得に購入】オークションは「中間マージンなし」で「安く中古車を購入」できると聞きますが、だれでも参加できますか?
販売店ではなくオークションで購入すれば、中間マージンなしで中古車を安く手に入れられるのではと考える方もいらっしゃるでしょう。しかし中古車のオークションは、中古車専門の業者が取引する場で、原則として一般の方は入場できません。
 
そこで今回は、中古車のオークションに参加するための条件や、代行を通して個人で参加する際の費用相場について調べてみました。中古車をできるだけ安く購入したいと考えている方は、オークションのデメリットも理解したうえで利用を検討してみるといいでしょう。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

中古車のオークションに参加するには?

中古車のオークションは、卸売業者を通さないため中間マージンが発生せず、中古車販売店よりも安価で車を購入できるメリットがあります。
 
しかし中古車専門の業者が取引するオートオークションは会員制です。例として、株式会社ユー・エス・エスの入会条件をご紹介します。
 

・古物商許可証を受けてから1年以上を経過していること
・適格請求書発行事業者であること
・常設の展示場と事務所を有し、営業活動をされていること
・連帯保証人をご用意いただけることまたは株式会社USSサポートサービスが提供するSS会員制度の保証を受けられること
・保証金10万円を預託いただけること

 
オークションは、全国さまざまな会場で開催されますが、原則として一般の方は入場できません。個人的にオークションで中古車を購入したい場合は、代行業者に依頼することが一般的です。
 

代行をお願いしたときの費用相場

代行業者を利用してオークションに個人で参加するには、手数料などの諸費用がかかります。おもな項目と費用相場をまとめると以下の通りです。
 
・車両本体価格
オークションでの落札価格です。
 
・オークション代行手数料
代行業者に支払う手数料で、落札価格に応じて料金が決まっていることが一般的です。ただし、代行業者によって手数料の設定は異なります。例えば、落札額の区分ごとに手数料金額を設定している業者や、1台につき一律の手数料を設定している業者などがあるようです。
 
・入札手数料
入札するたびに発生する手数料。代行業者によって手数料の金額は異なっており、相場は1回の入札につき0~1000円程度です。
 
・落札料
オークション会社に支払う費用で、会場により価格は異なる場合があります。代行業者にもよりますが、8800~2万5000円ほどが相場で、会場によっては0円の場合もあるようです。
 
・その他
上記手数料に加えて、オークション会場から自宅までの陸送費用、車庫証明や名義変更などの代行費用、下見や納車前点検などのオプション費用が発生します。
 

安さが魅力のオークション! 代行業者を利用すれば個人でも利用できる

中古車のオークションは、中古車専門の業者が取引する場で、基本的に一般の方は入場できません。しかし、代行業者を利用すれば個人でも利用でき、欲しい中古車を安く購入できる場合があります。
 
代行業者に依頼してオークションに参加する際は、落札価格のほかにも手数料などの諸費用がかかる点に注意が必要です。中古車販売店のように、車を直接見たり試乗したりはできないため、出品情報と代行業者からの情報を基に判断しなければならない難しさもあります。
 
安さが魅力のオークションで中古車を購入する場合は、信頼のできる代行業者を探すといいでしょう。
 

出典

株式会社ユー・エス・エス 入会条件
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

PR
townlife-banner
ライターさん募集