更新日: 2024.03.13 その他暮らし

新紙幣になるタイミングって具体的に決まっているのですか? また、どういった理由でデザインが変更されるのでしょうか?

新紙幣になるタイミングって具体的に決まっているのですか? また、どういった理由でデザインが変更されるのでしょうか?
2019年に、日本の紙幣が新しく生まれ変わると発表されました。新たに肖像画のモデルとなる人物やデザインの一部などが少しずつ公表されましたが、2024年3月現在、いまだに新紙幣の発行は始まってはいません。発表からしばらく経過しているため、いつから新紙幣が出回るのかと不思議に思っている人もいるでしょう。
 
今回は、新紙幣発行の具体的なタイミングと、紙幣のデザインが変更される理由について紹介します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

新紙幣の発行は2024年7月3日から

新紙幣の発行は、2024年7月前半になるという発表は以前からありましたが、その後、同年7月3日から発行が開始されることが公表されました。同年3月の時点では、7日3日の発行もあくまでも予定とはされていますが、特にトラブルなどがなければ、このタイミングでの発行開始となるでしょう。
 
・新紙幣の特徴
新紙幣は、まず肖像画のモデルとなる人物が変わります。1万円札は福沢諭吉から渋沢栄一へ、5000円札は樋口一葉から津田梅子へ、1000円札は野口英世から北里柴三郎へと変更されます。また、裏面に描かれる主なデザインも変わるので紹介しましょう。
 
現行の1万円札の裏面には平等院の鳳凰(ほうおう)像が描かれていますが、これが新紙幣では東京駅の丸の内駅舎へと変わります。5000円札は尾形光琳の「燕子花図」から藤の花へと変更されました。1000円札は富士山と桜が描かれていましたが、これが葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」へと変更されます。
 
植物や日本を象徴するモチーフなど、現行の紙幣から主となるデザインを引き継いでいる傾向がみられる点は興味深いところでしょう。
 
さらに、新紙幣にはこれまでとは異なるホログラム技術や高精細のすき入れなど、高度な加工技術が採用されています。全体的にはすっきりとした印象を持ちながらも、細かくみると複雑かつ微細な模様が刻み込まれている点も新紙幣の特徴です。
 

紙幣のデザインが変更される理由

キャッシュレス決済の利用者が増えつつある日本で、なぜ紙幣のデザインを新しくする必要があるのか、疑問に思っている人もいるでしょう。紙幣のデザインが変更される理由は、主に2点です。ここでは、それぞれを解説します。
 
・偽造防止のため
新紙幣には紹介した通り、新たな技術を用いてデザインが施されています。これらは紙幣の偽造防止に役立つでしょう。特殊かつ高度な技術は偽造を困難なものとし、国民の安心の度合いを高めることに寄与します。紙幣への信用度を高めるためにも、定期的なデザインの変更は不可欠です。
 
・より使いやすくするため
新紙幣はこれまでの紙幣と比べて数字が大きく表示されるなど、額面が認識しやすくなっています。これにより、海外の人でも紙幣の価値を把握しやすくなる効果が期待できるでしょう。また、識別マークの変更も重要です。従来の識別マークは同じ位置にあり、形だけが異なっていました。
 
新紙幣では識別マークの位置を変更することで、目の不自由な人でも、より紙幣の識別がしやすくなっています。
 

従来の紙幣も引き続き使用可能

新紙幣は予定通り進められれば、2024年7月3日から発行が開始されます。しかし、福沢諭吉の肖像画が描かれた1万円札など、従来の紙幣もこれまで同様に使い続けることが可能です。7月から旧紙幣が突然使えなくなることはないので、急いで両替をしたりタンス預金を銀行へと預け入れたりする必要はありません。
 

新紙幣の発行は日本の技術の結晶

デザインが一新された新紙幣の発行は、2024年7月3日からと公表されています。新紙幣は肖像画のモデルとなった人物が変わるだけではなく、日本の誇る最新技術が詰まったデザインへと変更される点が大きな特徴です。
 
こうした技術により偽造がしづらくなる点が、デザイン変更の最大の理由でしょう。日本紙幣の高い信用度を維持するのにも寄与します。なお、新紙幣発行後も、引き続き旧紙幣の使用は可能です。
 

出典

国立印刷局 新しい日本銀行券特設サイト
財務省 新しい日本銀行券の発行時期について
財務省 なぜ紙幣や貨幣のデザインを変えるのですか
日本銀行 改刷・改鋳
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

PR
townlife-banner
ライターさん募集