更新日: 2019.12.11 暮らし

最近話題のスマートホーム。便利なだけでなく、電気代節約にも効果的?

執筆者 : 下中英恵

最近話題のスマートホーム。便利なだけでなく、電気代節約にも効果的?
みなさんは、「スマートホーム」という言葉を聞いたことはありますか。これは、普段家で使用している照明やスピーカー、エアコンなどの家電をスマートフォンや声で操作することができる家や、その仕組みのことを指します。
 
実は、スマートホームにすると、電気代を節約することにもつながりますよ。今回は、スマートホームとはどういうものか、一緒に確認していきましょう。
 
 
下中英恵

執筆者:

執筆者:下中英恵(したなかはなえ)

1級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務)、第一種証券外務員、内部管理責任者

“東京都出身。2008年慶應義塾大学商学部卒業後、三菱UFJメリルリンチPB証券株式会社に入社。

富裕層向け資産運用業務に従事した後、米国ボストンにおいて、ファイナンシャルプランナーとして活動。現在は日本東京において、資産運用・保険・税制等、多様なテーマについて、金融記事の執筆活動を行っています
http://fp.shitanaka.com/”

下中英恵

執筆者:

執筆者:下中英恵(したなかはなえ)

1級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務)、第一種証券外務員、内部管理責任者

“東京都出身。2008年慶應義塾大学商学部卒業後、三菱UFJメリルリンチPB証券株式会社に入社。

富裕層向け資産運用業務に従事した後、米国ボストンにおいて、ファイナンシャルプランナーとして活動。現在は日本東京において、資産運用・保険・税制等、多様なテーマについて、金融記事の執筆活動を行っています
http://fp.shitanaka.com/”

ご入会後3ヶ月以内のカードご利用で最大20,000ポイント獲得可能

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カード

おすすめポイント

入会後3ヶ月以内のカード利用で、合計18,000ポイント獲得可能!
充実の付帯保険や各種サービスは、年会費以上の価値あり!
付帯サービスのラウンジサービスやプロテクションサービス、旅行傷害保険など
年会費(税込) 発行期間 ポイント還元率
13,200円 2週間程度 0.166%~1.0%
ETC(税込) 移行可能マイル 電子マネー
年会費無料※1 ANAマイル、JALマイル、スカイマイル ApplePay、楽天Edy、Suica
※1 手数料935円(税込)

\ステータスで選ぶならアメックス/


詳細はこちら

スマートホームとは?

毎日の生活において、トイレや廊下などの電気を付けっ放しにして出かけてしまった、という経験はありませんか。夏場などに、エアコンの電源を切り忘れてしまい、一日中クーラーをつけてしまっていた、なんて方もいるかもしれません。
 
スマートフォンを使用し、遠隔操作で電源をon・offすることができるスマートホームの製品を利用すると、このような無駄な電気代をなくすことができます。
 
さらに、自分の声で指示することで、音楽を流したり、部屋の明るさを調整したりすることができるスマートホームを活用すれば、リモコン操作の必要はなくなり、より快適な生活を送ることができるかもしれません。スマートフォンの普及により、スマートホームは、これからますます普及していくと考えられます。
 

どんな製品があるの?

次に、スマートホームにはどのような製品があるのかを具体的に確認していきましょう。まず、身近な製品としては、照明器具が挙げられます。電源のon・offを声やスマートフォンで操作できたり、暖色系・寒色系など、蛍光灯の色や明るさも自由に調整することが可能です。
 
また、スピーカーもスマートホームの重要なポイントです。AmazonのAlexa(アレクサ)や、Googleのgoogle homeなどが有名ですが、音声指示で音楽を再生したり、天気予報を確認したりすることができるので、家事を担う主婦の方など、忙しい方にはぴったりです。
 

ご入会後3ヶ月以内のカードご利用で最大40,000ポイント獲得可能

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

おすすめポイント

厳選されたレストランで1名分が無料に!
無料で使える空港ラウンジや、海外旅行先での24時間日本語サポート!
家族カードの年会費が1枚無料!
年会費(税込) 発行期間 ポイント還元率
31,900円 2週間程度 0.4%~1.0%
ETC(税込) 移行可能マイル 電子マネー
年会費無料※1 ANAマイル、JALマイル、スカイマイル ApplePay、楽天Edy、Suica
※1 手数料935円(税込)

\ステータスで選ぶならアメックスゴールド/


詳細はこちら

気軽に始める方法とは?

スマートホームに初めてチャレンジしようする場合は、まず、初期投資として、スマートホームに対応している製品を購入する必要があります。
 
例えば、AmazonのAlexaやGoogleのgoogle homeのスピーカーの場合、6000 円くらいから販売されています。そして、スピーカーなどをインターネットに接続し、スマートフォンにアプリをダウンロードすれば準備完了です。
 
照明器具の場合、スマートホームに対応している電球などに交換をすれば、すぐに使用することができます。大体1万円くらいから購入ができるので、現在使用している電気が切れたタイミングなどで、交換を検討してみてはいかがでしょうか?
 
また、現在使用しているエアコンなどに、スマートホームに対応しているデバイスを接続するのも良いでしょう。例えば、Nature Remoと呼ばれる製品は、エアコン、テレビ、照明などを全てスマートフォンで管理することが可能で、商品価格は7000 円くらいからとなっています。
 
家電を全て買い換えるのは初期費用がかかりますが、比較的安価なものでも、スマートホームに挑戦することができます。普段の生活が便利になる上に、電気代の無駄使いなどを減らすことが可能です。スマートホームに関心がある方は、ぜひご自分の利用頻度が高い家電製品から、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。
 
執筆者:下中英恵
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務)、第一種証券外務員、内部管理責任者

関連記事

電気代を節約したいなら。家電を買い替えることで、電気代を減らせる?
エアコンを賢く使って節約生活!寒い日は省エネあったか生活を。
比較してみよう!ホットカーペットと床暖房のメリット・デメリット
 

auじぶん銀行