更新日: 2021.04.28 キャッシュレス

面倒な公共料金の支払い、PayPay(ペイペイ)があればコンビニに行かなくても大丈夫って本当?

面倒な公共料金の支払い、PayPay(ペイペイ)があればコンビニに行かなくても大丈夫って本当?
公共料金などの支払い、払込用紙が届いたら銀行、郵便局、コンビニなど支払い可能な場所へ行って現金を支払うのはかなり手間ではありませんか?
 
最近はPayPayなどのキャッシュレス決済で公共料金など支払えるものが増えてきています。本記事ではPayPayで「どこの公共料金が支払えるのか?」「どうすれば支払えるのか?」を解説していきます。
 
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

PayPayで公共料金が支払えるの?

キャッシュレス決済というと、「店頭での支払いだけ?」と思ってしまいますが、PayPayの場合は違います。アプリ内の「PayPay請求書払い」という仕組みを使うことで、公共料金などを支払えるようになっているのです。
 
具体的な支払いの手順と次にどこの企業や地方自治体が「PayPay請求書払い」に対応しているのか見ていきましょう。
 

PayPay請求書払いの使い方

PayPay請求書払いに対応している払込用紙には、PayPayで支払うためのバーコードが印刷されています。PayPayアプリを起動して、バーコードを「スキャン」、その後「支払う」をタップすれば完了です。
 


 
このように非常に手間が軽減されることがわかると思います。注意点としては、まず、支払いには「PayPay残高」のみしか利用できないことが挙げられます。クレジットカード払いにしている人は、ATM等でPayPay残高のチャージが必要になります。
 
また、払込用紙のバーコードをコンビニ店頭などで読み取ってもらい、それに対してPayPayで支払うということはできません。あくまで、自分のアプリでバーコードを読み取ってアプリ内でPayPay残高で支払う仕組みなのです。
 

公式サイトで申し込み

【PR】三菱UFJ銀行のカードローン

banq

おすすめポイント

・銀行ならではの低金利でご利用いただける
・ATMから1,000円単位で借入も可能

融資上限額 金利 審査時間
500万円 年1.8%~年14.6% 公式サイト参照
融資まで 来店 収入証明書
公式サイト参照 不要 必要

PayPay請求書払いで公共料金などを支払うメリット

通常、公共料金の支払いなどは、割引されたり、ポイント還元されたりすることはなさそうな気がします。ですが、PayPayはそれを打ち砕きました。なんと公共料金等の支払いをすると0.5%のPayPayボーナスが付与されるのです。
 
出金、譲渡等はできない制限付きのPayPayボーナスですが、公共料金は毎月支払うものですから、そのうち0.5%分が別の用途に使えるだけでもかなりお得な仕組みだといえます。ただし、次のように注意点がいくつかありますので気をつけてください。
 


 
PayPayのヘビーユーザーで(2)番の特典をたくさん受けている人は特に注意しないと、ボーナスの付与がされないという場合も出てくると考えられます。
 

どの公共料金などがPayPay請求書払いで支払えるの?

「じゃあ、日本全国どこの企業でも、あるいは地方自治体でもできるの?」というと、残念ながらそこまでには至っていません。PayPay請求書払いに対応している公共料金について具体的な事業者などを見ていきましょう。
 


 
インフラに関して代表的なところは上記のところになります。その他200以上の地方公共団体の公共料金支払いについても対応しています。支払える公共料金は各地方公共団体によって異なりますが、住民税、固定資産税、国民健康保険税、自動車税などさまざまなものの支払いに使えるようになっており、対応する地方公共団体も続々と増えています。
 

まとめ

いかがでしたでしょうか?公共料金の支払いについても、キャッシュレス決済ができる時代になっています。しっかりうまく活用すれば、実質料金の割引ともいえます。また、支払いに行く手間も省けますので、ぜひご自分のお住まいの地域でなにか「PayPay請求書払い」に対応しているものがないか調べてみてはいかがでしょうか?
 
出典
PayPay株式会社「PayPayが使えるお店/サービス 請求書払い」
PayPay株式会社「PayPay残高支払いで公共料金がお支払い可能に!」
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部