更新日: 2024.02.29 その他ローン

「年収350万円」ですが、思い切って車を購入しようと思います。ローンの返済期間や返済額はどのくらいがいいのでしょうか?

「年収350万円」ですが、思い切って車を購入しようと思います。ローンの返済期間や返済額はどのくらいがいいのでしょうか?
ドライブや買い物など、車があると日常生活がぐっと豊かになります。ついに憧れのマイカーを購入するときは、わくわくするものです。それと同時に、購入時のローンの返済期間や返済額の設定はどうすべきか、悩む人も多いのではないでしょうか。
 
そこで本記事では、自動車購入時のローンにおける一般的な返済期間や返済額、ローンを組む際の注意点について解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

マイカーローンの平均的な返済期間や返済額は?

マイカーローンの平均的な返済期間や返済額は、どのようになっているのでしょうか。人によっても異なりますが、ここでは一般的な返済期間や返済額を紹介します。車のローンを組む際、一つの目安にするとよいでしょう。
 

マイカーローンの平均的な返済期間

年間返済期間は、通常年単位で考えます。1ヶ月1回の返済として「○年(○回払い)」とし、12の倍数で回数を設定します。返済期間の設定は人によっても異なりますが、5~7年程度とすることが一般的です。回数にすると、大体60~84回払いとなります。
 
なお、銀行系やディーラー系などの借入先によって最長返済期間は異なり、なかには10年、回数にすると120回払いとなることもあります。銀行系であれば最長7~10年ほど、カーディーラー系であれば最長6~8年ほどが一つの目安となります。
 

マイカーローンの平均的な返済額

年収のうち、年間ローン返済額が占める割合を「返済比率」といいます。この返済比率は、一般的に年収の25~35%ほどに収まることが望ましいとされています。年収350万円の場合、おおまかに計算すると年間の返済額は88~123万円ほどが目安です。
 
なお、この返済比率は車以外のほかの借入れを含めた合計額から計算します。ほかの借入れとは、例えば住宅やカードなどのローン、クレジットカードのリボ払いなどが該当します。
 
つまり、車のローンを申し込む際にほかの借入れがあると、それだけ借入れできる額が少なくなるということです。ほかのローンの返済額も含め、年間の返済総額が88~123万円に収まるよう、借入れ希望額を調整しましょう。
 

公式サイトで申し込み

【PR】みずほ銀行カードローン

mizuho

おすすめポイント

・<金利年2.0%~14.0%
・ご利用限度額は10万円から最大800万円
・さらに入会金・年会費は無料!24時間、WEB申込受付中!

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 年2.0%~14.0%※1 最短当日
融資まで 来店
最短当日 -
※1 住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

マイカーローンを組む際の注意点

マイカーローンを設定する際は、いくつか注意すべきポイントがあります。ここでは、ローンを組む前に知っておきたい注意点をいくつか紹介します。
 

返済期間は変更できない場合がある

マイカーローンの返済期間を設定する際、注意したいのが「基本的には一度契約すると変更できない」という点です。
 
例えば、何らかの事情で月々の返済が厳しくなり「返済期間を延長したい」と思っても、変更できない可能性が高いでしょう。強く変更を希望する場合、一般的には手数料を支払い、マイカーローンの借換えを新しい条件で行うことになります。簡単には変更できないことが多いため、返済期間は慎重に決めましょう。
 

返済期間が長いと利息の負担が大きくなる

返済期間が長いと毎月の支払いの負担は減りますが、その一方で利息の負担は大きくなります。すると、結果的に総支払額が増えてしまうのです。反対に、返済期間が短いと利息の負担は小さくなります。返済計画は、利息を踏まえて考えましょう。
 

無理のない設定が大事!返済期間や返済額は慎重に決めよう

マイカーローンの平均的な返済期間は、5~7年ほどといわれています。一般的なローンの返済比率は、ほかの借入れとあわせて、年収に対して25~35%ほどが望ましいといわれています。なお、車のローンを組む際は、ほかの借入れが影響する点に注意が必要です。
 
また、返済期間は途中で変更することがむずかしく、長期間に設定するとそれだけ利息の負担も大きくなります。収入を踏まえて、無理のない返済期間や返済額を設定しましょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

PR
townlife-banner
ライターさん募集