更新日: 2024.03.05 定年・退職

定年退職したら、今使っている「クレジットカード」はどうなりますか? 年金以外の収入が期待できないために「限度額」が引き下げられたりするのでしょうか?

定年退職したら、今使っている「クレジットカード」はどうなりますか? 年金以外の収入が期待できないために「限度額」が引き下げられたりするのでしょうか?
定年退職を迎えると、生活が一変する人が少なくありません。お金の使い方も変わってきますが、金額だけではなく、支払い方法についても気になる人が出てくるでしょう。キャッシュレス決済が進むなか、高齢者でもクレジットカードで支払いをする人が増えています。
 
そこで心配になるのが、定年退職後もクレジットカードの使用が可能かどうかです。年金ぐらしになり、収入面で不安な方もいるかもしれません。今回は、定年退職後のクレカの扱いについて解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

定年退職後もクレジットカードの使用は可能

これまで使用していたクレジットカードに関しては、基本的には定年退職後も使用の継続が可能です。クレジットカード会社にとってカード利用者は多い方がよく、優良会員は特に手放したくはないためです。
 
クレジットカード会社にとっての優良会員とは、未払いや支払いの延滞のない利用者となります。これまで支払いの延滞などがないのであれば、定年退職後も問題なく使用し続けられるでしょう。
 
また、限度額が引き下げられる可能性も低いとみられます。やはり、クレジットカード会社にとって、高い限度額の優良会員を抱えておくメリットが大きいためです。
 
クレジットカード会社は、会員の利用料金に応じた決済手数料を店舗から受取利益をあげています。これまでの限度額で支払いの延滞などがない場合は、クレジットカード会社がわざわざ限度額を引き下げるメリットがありません。
 

・定年退職後に限度額が引き下げられるケース

ただ、定年退職前後の収入に大きな差がある場合には、クレジットカードのランクが下げられる可能性はあります。限度額は利用実績だけではなくランクなどでも上下することがあるため、それに応じて限度額が下げられるケースはあるでしょう。
 
実際に、クレジットカード会社では割賦販売法にもとづき、会員の年収などに応じてショッピング利用可能枠を設定しています。
 
新たな有効期限のカードを発行する場合には調査が行われるため、その際に定年退職後の収入状況にもとづき限度額が引き下げられる可能性は否定できません。言い換えれば、定年退職のみを理由に限度額が引き下げられるケースはほぼないことになります。
 

退職時にはカード会社へ報告しよう

クレジットカードを所有・使用するには、審査に通過しなければいけません。クレジットカード会社ごとに審査の内容や基準は異なるものの、申請時には住所や氏名のほか、勤務先や年収も入力・選択しているでしょう。
 
定年退職すると、勤務先や年収が変わる人が大半です。そのため、退職に伴い使用しているクレジットカードの発行会社へと報告をする必要が生じます。
 
実際に、クレジットカードの利用規約に、届け出事項に変更があった場合には、所定の手続きをするよう記載しているところがほとんどです。定年退職に伴い年金の受給を開始した人は、年金の受給金額を収入としてクレジットカード会社へと伝えましょう。
 
年金は安定的な収入源の一つとみなされます。クレジットカード会社としても年金受給者ということのみを理由に、使用を停止したり限度額を引き下げたりすることはないでしょう。
 

定年退職後もこれまで通りクレジットカードは使用できる

多くの店舗で使用可能なクレジットカードを、定年退職後も使い続けたいと考える人は多いでしょう。定年退職を迎えても、これまで通りクレジットカードの使用は可能です。限度額も、基本的には維持できます。
 
ただし、原則として退職時にはカード会社へ、勤務先や年収の変更を届け出なければいけません。その内容によっては、新たなカード発行時に限度額が引き下げられる可能性があります。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集