更新日: 2022.06.23 年金

国民年金の繰上げ受給ってどんな仕組み? 受け取り開始を早めることでどれくらい減額される?

国民年金の繰上げ受給ってどんな仕組み?  受け取り開始を早めることでどれくらい減額される?
国民年金の受給開始時期は原則65歳ですが、繰上げ受給をすることで60歳から年金を受け取れます。これにより、「できるだけ早く年金を受け取りたい」という方も安心です。
 
しかし、繰上げ受給をすると、年金の受給時期は早くなりますが年金額は減額されます。どれくらい減額されるのかを知っていないと、繰上げ受給をすべきか判断ができないため、老後資金の計画も狂ってしまうかもしれません。
 
そこで本記事では、繰上げ受給の仕組みや減額率、メリット・デメリットについて解説します。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

年金の繰上げ受給とは

年金の繰上げ受給とは、年金の受給開始時期を60~65歳になるまでの間に早めることです。年金は原則65歳からの受け取りですが、繰上げ受給をすることで最大60歳まで受給開始時期を繰り上げることが可能です。
 
ただし、繰上げ受給をすると年金を早く受け取れますが、年金額が減額されます。
 
繰上げ受給をする場合は、希望の受給開始時期に年金相談センターや年金事務所で手続きが必要です。繰上げ受給の手続きをすると、翌月分から年金を受給開始できます。
 

繰上げ受給のメリット・デメリット

年金を早く受け取れる、年金額が減額されるなど、事前に繰上げ受給のメリット・デメリットを知っておくことは大切です。メリット・デメリットを知ることで、繰上げ受給をすべきか判断がしやすくなります。また、繰下げ受給との具体的な比較が可能です。
 
以下で、繰上げ受給のメリット・デメリットについて見ていきましょう。
 

メリット

年金を繰上げ受給するメリットは「年金を早い時期から受け取れる」ことです。繰上げ受給をすると、最大60歳から年金を受け取ることができます。これにより、「仕事を辞めて老後資金が不安だから早く年金を受け取りたい」という方も安心です。
 
60~65歳になるまでの間で、1ヶ月単位で年金の受給開始時期を早められるのは繰上げ受給をするメリットです。
 

デメリット

繰上げ受給のデメリットは、年金額が減額となることです。年金を受け取る時期は早くなりますが、繰り上げ1ヶ月につき0.4%の減額〔1962(昭和37)年4月1日以前に生まれた方は、0.5%〕となります。最大の60歳0ヶ月まで繰上げ受給をした場合の減額率は24.0%(30.0%)です。
 
通常より最大で5年早く年金を受給できますが、年金額が最大3割減るのは繰上げ受給のデメリットです。
 

繰上げ受給の注意点

繰上げ受給の請求をした後に、「やっぱり繰上げ受給をやめたい」と取り消しをすることはできませんので注意してください。
 
また、繰上げ受給をすると、国民年金の任意加入や年金保険料の追納ができません。さらに、請求日以後は、国民年金の寡婦年金や障害年金を受け取れなくなるので、受給中の方は注意が必要です。加えて、厚生年金基金から支給される年金額も減ることがあります。
 
繰上げ受給をする場合は、このような注意点も考慮しておきましょう。
 

繰下げ受給も選択可能

繰上げ受給とは反対に、繰下げ受給も可能です。繰下げ受給をすると、年金の受給開始時期を66~75歳までの間に遅らせられます。
 
年金の受給時期は遅くなりますが、繰り下げ1ヶ月ごとに年金額が0.7%増額となります。70歳0ヶ月まで繰り下げした場合は42.0%、最大の75歳まで繰下げ受給した場合の増額率は84.0%です。これにより、年金額を大幅に増やせます。
 

1ヶ月繰り上げすると年金額が0.4%減額される

国民年金を繰上げ受給すると、1ヶ月の繰り上げにつき年金額が0.4%もしくは0.5%減額されます。減額率0.4%で60歳0ヶ月時に繰上げ受給をすると、年金額は24.0%減額となります。65歳受取時の年金額が年間100万円だとしたら、60歳0ヶ月に繰上げ受給した年金額は年間76万円です。
 
減額となっても年金を早く受け取りたい場合は、繰上げ受給を検討してみるとよいでしょう。反対に年金額を増やしたい場合は、年金の受給時期を遅らせる繰下げ受給が可能です。
 
老後資金のシミュレーションを行い、繰上げ受給をするかよく考えて判断しましょう。
 

出典

日本年金機構 年金の繰上げ受給
日本年金機構 年金の繰下げ受給
 
執筆者 : FINANCIAL FIELD編集部

auじぶん銀行
アメックスグリーンカード