更新日: 2024.02.26 銀行カードローン

セブン銀行カードローンの金利はどれくらい? 引き下げることはできるの?

[PR]
セブン銀行カードローンの金利はどれくらい? 引き下げることはできるの? [PR]
「セブン銀行カードローン」はセブン銀行が展開しているカードローンです。
 
カードローンを利用するうえで重要なのが金利の高さですが、セブン銀行カードローンの金利はどれくらいなのでしょうか? また、活用する際に、金利を引き下げることが可能かどうかも疑問に思っている人は多いと思います。
 
そこで本記事では、セブン銀行カードローンの金利がどれくらいなのかについて解説していきます。金利の引き下げ方についても紹介するので、セブン銀行カードローンを利用する際の参考にしてください。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

公式サイトで申し込み

【PR】SMBCモビット

mobit

おすすめポイント

「WEB完結」申込みなら、電話連絡なし
お申込から契約後の借入まで誰とも顔をあわせません
・お近くの銀行、コンビニ、ネットで24時間ご利用可能

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 10秒簡易審査
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで - 即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

セブン銀行カードローンの基本情報

セブン銀行カードローンの金利情報が気になるところですが、まずは基本情報について紹介していきます。
 
セブン銀行カードローンの基本情報は以下の通りです。
 
図表1

利用限度額 50万円(新規契約の場合)、最大300万円
ATM手数料 0円
自動引落日 27日(土・日・祝日の場合は翌営業日)
借入利率(年) 12%から15%
利用可能日 借入申込完了から最短で翌日(アプリで申し込んだ場合)
申込方法 アプリ、Web、郵送

※セブン銀行 金利・利息について、はじめてのカードローンを基に筆者作成
 

セブン銀行カードローンの利用限度額は新規契約の場合だと50万円

セブン銀行カードローンの利用限度額は新規契約の場合50万円までとなっています。利用限度額が少額なので、借りすぎてしまう心配がない点がメリットです。
 
利用限度額は増額も可能です。利用限度額を少額のままにすることでカードローンの使いすぎを抑えることができますが、増額することは後述の金利にも関わってきます。そのため、増額することも選択肢の1つです。
 

セブン銀行カードローンATM手数料は借入時も返済時も無料

カードローンの借入時や返済時に手数料がかかってしまうと、カードローンの利用が多い場合はそれだけ出費につながってしまいます。
 
この点、セブン銀行カードローンはATM手数料が無料です。借入時だけでなく返済時もATM手数料が無料となっています。ATM手数料が無料なので、気軽に利用できるのがセブン銀行カードローンのメリットの1つです。
 

セブン銀行カードローンでは毎月27日に自動引落

自動引落日は毎月27日となっています。そのため、27日までに口座に入金することで返済が可能です。
 
セブン銀行カードローンでは引落日の数日前にメールで返済日を教えてくれるので、入金忘れもしにくくなっています。27日が土・日・祝日の場合は翌営業日に引き落とされます。
 
また、27日以外の日でも任意に返済可能です。返済時の手数料もかからないので、資金に余裕がある場合は早めに返済することをおすすめします。

セブン銀行カードローン申込完了から最短で翌日から借入できる

セブン銀行カードローンは借入申込を完了してから、最短で翌日から借入可能になっています。
 
借入申込が完了後、審査に移り、審査の結果がメールで届きます。審査に通れば、アプリを利用することでカードが手元に届く前から借入可能です。借入開始には申込から3営業日程度かかる場合もありますが、比較的早く利用できるでしょう。
 

セブン銀行カードローンの金利は最大年15%

セブン銀行カードローンの金利は最大で年15%です。金利は利用限度額によって異なります。
 
図表2

利用限度額 借入利率(年)
10万円・30万円・50万円 15%
70万円・100万円 14%
150万円・200万円 13%
250万円・300万円 12%

※セブン銀行 はじめてのカードローンを基に筆者作成
 
セブン銀行カードローンの金利は新規申込者の場合、最大の15%です。
 
これは新規申込者の利用限度額が50万円までになっていることが関係しています。借入からしばらくの間は利用限度額を増額できないので、新規申込者は最大金利の15%で利用するしかありません。
 
例えば、利用限度額が50万円で1万円を10日間借りた場合は、約41円の利息が付きます。また、利用限度額が50万円で5万円を7日間借りた場合の利息は約143円です。
 
借入の金額が高額になったり、借入期間が長くなったりすると利息も多く払う必要があるので、カードローンを利用する際は計画的にするとよいかもしれません。
 

セブン銀行カードローンは金利を引き下げられる?

金利の優遇措置があるカードローンも存在します。その場合は追加で別サービスの設定をするといった条件が必要になる場合が多いです。
 
しかし、そもそもセブン銀行カードローンには金利の優遇措置はありません。そのため、追加で別のサービスを利用することや設定する必要もありません。
 
ただ、セブン銀行カードローンでは金利の優遇措置はありませんが、金利を下げる手段は存在します。それが利用限度額を増額することです。セブン銀行カードローンは利用限度額に応じて金利が異なります。
 
利用限度額が高くなるほど金利は安くなるので、利用限度額を増額することで金利を低くすることが可能です。
 
最大で300万円まで利用限度額を増額できます。増額をするには初回の借入から約6ヶ月以上経過していることが条件です。初回の借入から6ヶ月経過し、増額の申込をすることで利用限度額を増やすことができます。
 
利用限度額を最大の300万円に増額すると、金利を年率12%に下げることが可能です。例えば、5万円を年率12%で7日間借りた場合、利息は約115円になります。金利が年率15%の場合と比べると約28円利息を減らすことが可能です。
 
利用限度額を増額することで金利を下げることはできますが、それだけ借りやすくなってしまいます。借りやすくなることはメリットですが、利用限度額を気にせずにカードローンを使ってしまう恐れがあるので注意が必要です。
 
金利のために利用限度額を増額するのも選択肢の1つですが、カードローンの利用には十分に注意するようにしましょう。
 

セブン銀行カードローンの金利まとめ

セブン銀行カードローンは申込完了から最短で翌日に借入できるので、すぐに資金が必要な場合でも利用できる点が魅力です。借入時と返済時のATM手数料も無料なので、気軽に利用できます。
 
金利には優遇措置がありませんが、金利を引き下げる方法はあります。セブン銀行カードローンは利用限度額に応じて金利が異なり、利用限度額が高くなると金利が下がる仕組みです。
 
初回の借入から約6ヶ月以上経過してからでないと増額できませんが、6ヶ月経過後に増額の申込をすることで利用限度額を増やすことができます。
 
金利は最大で年率15%で、利用限度額を300万円にすることで年率12%まで引き下げることが可能です。金利が下がれば同じ金額を同じ期間借りた場合と比べて利息を減らせるので、出費を抑えたい場合や何度もカードローンを利用したい場合は利用限度額の増額も検討しましょう。
 
しかし、金利を引き下げるために利用限度額を増やすことは有効ですが、利用限度額が増えたことでカードローンを利用しすぎてしまう恐れがあります。カードローンを利用しすぎてしまうと金利が下がったとしても多くの利息を払う可能性もあり、大変危険です。
 
カードローンを利用しすぎないように自分で限度額を決めるなど、利用を工夫するようにしましょう。セブン銀行カードローンは気軽に利用できるので、うまく活用して生活に役立ててください。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

公式サイトで申し込み

【PR】SMBCモビット

mobit

おすすめポイント

「WEB完結」申込みなら、電話連絡なし
お申込から契約後の借入まで誰とも顔をあわせません
・お近くの銀行、コンビニ、ネットで24時間ご利用可能

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 10秒簡易審査
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで - 即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
■アイフル
※商号:アイフル株式会社
※登録番号:近畿財務局長(14)第00218号
※貸付利率:3.0%~18.0%(実質年率)
※遅延損害金:20.0%(実質年率)
※契約限度額または貸付金額:800万円以内(要審査)
※返済方式:借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
※返済期間・回数:借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)
※担保・連帯保証人:不要