公開日: 2020.09.15 金利

カードローンの金利計算はどうすればいい?1人で計算するためには

鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら
鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら

公式サイトで申し込み

アコム

おすすめポイント

最大30日間金利0(ゼロ)円 サービス!
・カンタン3項目入力の ≪3秒診断≫でスグわかる
・パソコン、携帯から24時間お申込み受付

融資上限額金利審査時間
最大800万円3.0%~18.0%最短30分
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで30日間即日融資

 
カードローンの返済を計画的にするためには、金利計算をしなければなりません。金利計算というと複雑な計算をイメージするかもしれませんが、インターネットのサイトを利用すれば簡単に計算ができます。
 
こちらの記事では、1人で金利計算をするための方法を解説していきます。

カードローンの金利計算方法

カードローンの金利計算は、さまざまなカードローン会社のホームページで計算ができます。
 
たとえばアコムのホームページには、返済シミュレーションの計算ができるページがあります。(参照:https://www.acom.co.jp/return/simulation/
 
返済シミュレーションのページはアコムを利用していなくても使えるので、とても便利な制度です。

金利の計算式を知ろう

カードローンの金利計算は、以下の計算式でおこなわれます。
借入金額×実質年率×借入日数÷365日=利息額
 
実際に50万円を実質年率14%で100日間借りると、利息額は以下のようになります。
50万円×14%×100日÷365日=19,178円
つまりこの場合利息額は19,178円になります。
 
ちなみに金利を14%から10%に変更すると
50万円×10%×100日÷365日=13,698円
金利が4%違うと利息額は5,480円違ってきます。

正確に計算するためには返済シミュレーションを使おう

実際に借り入れをするときには、金利計算とともに返済シミュレーションも活用しましょう。返済シミュレーションには借入金額・実質年率・返済回数を入力すると、月々の返済額がわかります。
 
たとえば借入額を50万円、実質年率を15%、返済回数を24回(2年)と入力すると、24,243円とすぐに計算がおこなわれます。この金額の返済が問題なくできるのであれば、返済はうまくいくでしょう。
 
また支払利息の金額も同時に表示され、上記例の場合81,828円が支払利息になります。返済シミュレーションを活用すると、簡単にカードローンの金利計算ができて、とても便利ですよ。

金利を下げる方法とは

ここまでカードローンの金利計算方法を紹介しましたが、金利が下がれば支払利息も少なくなることもおわかりいただけたでしょうか。金利計算をして返済計画を立てるためにも、金利を下げる方法について解説していきます。

利用限度額を上げる

金利を下げるための方法として、利用限度額を上げるという方法があります。
 
たとえばみずほ銀行カードローンの場合、利用限度額が100万円未満の場合実質年率14%、利用限度額が100万円以上200万円未満の場合実質年率12%といった具合です。他のカードローンでも利用限度額が上がれば上がるほど、金利は下がっていきます。
 
ポイントなのは実際の利用額ではなく、利用限度額が基準になっている点。
 
先ほどのみずほ銀行の例で言えば、実際に借りている金額が50万円でも利用限度額が150万円であれば、実質年率は12%になります。審査に通過すれば利用限度額はあげられるので、金利を下げるためにも利用限度額アップを検討してみましょう。

低金利のカードローンに借り換えをする

現在使っているカードローンの金利が高いのであれば、低金利のカードローンに借り換えをするという方法があります。
 
カードローン会社は借り換えローンやおまとめローンといった形で、他社からの借り換えに対応している商品があります。低金利のローンに借り換えれば、支払利息は少なくなります。
 
ただし借り換えローンは会社によって、追加借り入れができないなどのデメリットがあります。ローンの借り換えをするときには、デメリットも踏まえた上で検討しましょう。

公式サイトで申し込み

プロミス

おすすめポイント

WEB契約なら最短1時間融資も可能!
・借りられるか?3項目入力で3秒診断♪
審査は最短30分!24時間お申込みOK!

融資上限額金利審査時間
最大500万円4.5%~17.8%最短30分
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで30日間即日融資

 

できるだけ利息を支払わない返済方法とは

それではこれまでの内容を踏まえた上で、できるだけ利息を支払わないようにするための方法を解説していきます。カードローンの金利計算をするだけでなく、実行に移さなければ意味がありません。カードローンの金利計算をしたうえで、返済計画をしっかり立てていきましょう。

約定返済額だけでなく随時返済を利用する

支払利息を少なくするためには、できるだけ早く完済することが大切です。そのためには毎月の約定返済額だけでなく、随時返済を利用しましょう。随時返済を利用すれば完済までのスピードがアップして、結果的に支払利息も少なくなります。

金利をできるだけ引き下げる

金利を下げられるのであれば、ぜひ実行しましょう。
 
先ほど紹介したように
・利用限度額をアップする
・低金利のローンに借り換えをする

といった方法で金利を下げることが可能です。
 
金利を引き下げられれば、返済計画がだいぶ楽になります。

返済計画をしっかり立てる

また当たり前のことですが返済計画をしっかり立てることが重要です。そのためにはまず月々の収入・支出、特に支出面を細かく見直しましょう。  支出は細かく確認していくと、節約できる部分が見つかります。
 
たとえばコンビニに行く回数を毎日から週2回に減らすだけでも、数千円の節約につながります。カードローンの金利計算をして返済計画を立てることが、完済までの近道になります。

公式サイトで申し込み

アイフル

おすすめポイント

WEB完結(郵送物一切なし)
・アイフルならご融資可能か、1秒で診断!
最短1時間でご融資も可能!(審査時間込)

融資上限額金利審査時間
最大800万円3.0%~18.0%最短30分
WEB完結無利息期間融資スピード
※融資まで30日間即日融資

※お申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。

まとめ

ここまでカードローンの計算方法について解説をしてきました。カードローンの金利計算と聞くと難しそうなイメージがありますが、実際に計算をしてみるとそこまで難しくはありません。
 
むしろカードローンの金利計算をした後、いかに返済していくかが大切なポイントです。そのためには返済計画をしっかり立てて、コツコツと返済していくことが大切です。カードローンの金利計算で終わるのではなく、返済計画までしっかり完了するようにしましょう。
 
執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー

関連記事

カードローンの金利はこう決まる!仕組みや利息について解説
無利息カードローンと低金利カードローンどちらが良いの?
知っていますか?カードローンの金利の仕組み



▲PAGETOP