更新日: 2024.04.02 その他ビジネス

法人銀行口座おすすめ8社を徹底比較!【2024年5月版】

法人銀行口座おすすめ8社を徹底比較!【2024年5月版】
個人事業主やフリーランスをはじめたばかりの方は、専用の口座を持っていなかったり、プライベートの個人口座をそのまま使っていたりする方もいるかもしれません。しかし、屋号の付いている口座にする方がメリットは多く、利便性も高いためおすすめです。

本記事では、おすすめの銀行口座や開設方法についても紹介します。これから新しく口座を開設しようとしている方も、ぜひ参考にしてみてください。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

個人事業主・フリーランスにおすすめの法人(事業用)銀行口座8選

個人事業主やフリーランスにおすすめの「法人(事業用)銀行口座」を8社紹介します。

1.楽天銀行
2.PayPay銀行
3.三菱UFJ銀行
4.みずほ銀行
5.三井住友銀行
6.GMOあおぞらネット銀行
7.ゆうちょ銀行
8.りそな銀行

ネット銀行4社と大手銀行4社です。それぞれの特徴を踏まえて、自分にぴったりの口座を開設しましょう。

個人事業主・フリーランスにおすすめの法人(事業用)銀行口座1.楽天銀行

1つ目は楽天グループが運営している「楽天銀行」です。
「楽天銀行」はもともと個人口座を持っている方におすすめです。なぜなら個人口座を開設している人でなければ、「屋号付き口座」が開設できないためです。

しかし、開設に条件があるもののWEBで簡単に申し込みができるだけではなく、登録している口座30件までなら一括で振り込みができる機能や楽天銀行あての振り込みであれば1回52円と、非常に安価で決済できる機能などが備わっています。

運営会社 楽天銀行株式会社
振込手数料 楽天銀行あて 52円
他行あて・本人名義他行あて
3万円未満 150円
3万円以上 229円
一括振込 楽天銀行あて 52円
他行あて
3万円未満 150円
3万円以上 229円
屋号付き口座の開設 可能
【条件】
楽天銀行の個人口座を開設済みで満18歳以上
個人でビジネスを営んでいる
ネット開設 可能
公式サイト https://www.rakuten-bank.co.jp/

個人事業主・フリーランスにおすすめの法人(事業用)銀行口座2.PayPay銀行

2つ目は、2021年に「ジャパンネット銀行」が社名変更してできた、ネット銀行の「PayPay銀行」です。スマホで簡単に「屋号付き個人口座」開設ができ、365日、24時間取引が可能です。

振込手数料が55~165円で相場よりも安くすみます。送金が多い個人事業主におすすめで、余計な経費をかけずに済むでしょう。

また、審査不要でカード決済が使えるようになる点も大きなメリットです。Visaデビット機能が付いているおかげで手間のかかる手続きや審査なしですぐにカード決済が可能です。

運営会社 PayPay銀行株式会社
振込手数料【インターネットバンキング】 PayPay銀行あて 55円
他行あて 160円
口座開設日の翌々月末まで振込手数料が月10回無料
振込手数料【本店窓口】 PayPay銀行の口座あて
3万円未満 660円
3万円以上 1100円
他の金融機関あて
3万円未満 1320円
3万円以上 1760円
屋号付き口座の開設 可能
ネット開設 可能
公式サイト https://www.paypay-bank.co.jp/

 

個人事業主・フリーランスにおすすめの法人(事業用)銀行口座3.三菱UFJ銀行

3つ目は大手メガバンクの1つである「三菱UFJ銀行」です。個人事業主やフリーランスの「法人(事業用)口座」開設は窓口のみで取り扱っているため、必要書類(身分証や屋号付ききでの営業事実確認書類)を持って申し込みにいきます。申し込みから1週間くらいで完成します。

「三菱UFJ銀行」は、「ビジネスマッチング」というサービスを展開しており、同銀行を利用している顧客を引き合わせるマッチングサービスを提供しています。ビジネスチャンスを生み出すきっかけになったり、ビジネスについて相談する機会が設けられたりと、頼もしい味方となってくれる可能性があります。

運営会社 株式会社三菱UFJUFJ銀行
振込手数料【インターネットバンキング】 三菱UFJUFJ銀行口座あて 0円
他行あて
3万円未満:154円
3万円以上:220円
振込手数料【ATM】 キャッシュカードを利用の場合
三菱UFJUFJ銀行口座あて 110円
他行あて 275円
キャッシュカード以外を利用の場合
三菱UFJUFJ銀行口座あて 440円
他行あて 770円
現金
三菱UFJUFJ銀行口座あて 550円
他行あて 880円
振込手数料【窓口】 三菱UFJUFJ銀行口座あて 880円
他行あて 990円(文書・電信とも)
振込手数料【定額自動送金サービス】 当行同一支店あて 無料(取引手数料+110円)
当行他店あて
3万円未満 110円(取引手数料+55円)
3万円以上 330円(取引手数料+55円)
他行あて
3万円未満 264円(取引手数料+55円)
3万円以上 550円(取引手数料+55円)
振込手数料【法人向けEB(U-LINE、CAMS、BizSTATION)】 三菱UFJUFJ銀行口座あて
3万円未満 110円
3万円以上 330円
他行あて
3万円未満 484円
3万円以上 660円
屋号付き口座の開設 可能
ネット開設 窓口開設
公式サイト https://www.bk.mufg.jp/index.html

 

個人事業主・フリーランスにおすすめの法人(事業用)銀行口座4.みずほ銀行

4つ目の銀行は「みずほ銀行」です。メガバンクなので全国どこでも開設はできますが、どちらかというと特に関東エリアで利用者が多い傾向がある銀行です。

信頼度の高い「みずほ銀行」ですが、「屋号付き口座」を開設する場合、指定の店舗にいく必要があります。「法人(事業用)口座」の開設ができる店舗とできない店舗があるためあらかじめ確認が必要です。

また、口座開設の目的や理由などを聞かれることがあります。簡単なヒアリングをクリアできれば口座開設の手続きに進める流れです。

運営会社 株式会社みずほ銀行
振込手数料

みずほ銀行あて

【窓口】
3万円未満 440円
3万円以上 660円
【ATM 現金】
3万円未満 220円
3万円以上 440円
【キャッシュカード】 220円
【みずほダイレクトによるインターネットバンキング】0円
【テレホンバンキング(自動音声サービス)】220円
振込手数料

他行あて

【窓口】
3万円未満 440円
3万円以上 660円
【ATM 現金】
3万円未満 220円
3万円以上 440円
【キャッシュカード】 220円
【みずほダイレクトによるインターネットバンキング】0円
【テレホンバンキング(自動音声サービス)】220円
屋号付き口座の開設 可能
※法人口座開設ができる店舗で申込作業を行う必要あり
※口座開設の理由や用途などヒアリングあり
ネット開設 不可能
公式サイト https://www.mizuhobank.co.jp/index.html

個人事業主・フリーランスにおすすめの法人(事業用)銀行口座5.三井住友銀行

「三井住友銀行」も大手メガバンクの1つです。全国に支店があり安心して開設ができます。個人事業主が「屋号付き個人口座」を開設する場合、ネットでの手続きはできないため窓口にいく必要があります。開業届など必要書類を持って、来店予約を取りましょう。

開設後、インターネットバンキングの「SMBCダイレクト」を利用すれば振込手数料が0円になります。窓口にいかずとも振り込みができるようになるため積極的に利用しましょう。

運営会社 株式会社三井住友銀行
振込手数料

三井住友銀行あて

【窓口】
3万円未満 220円
3万円以上 440円
【ATM】
キャッシュカード
3万円未満 110円
3万円以上 220円
現金
3万円未満 220円
3万円以上 440円
【EB】
Web21<ライト> 0円
Web21(<ライト>を除く)、コンピュータバンク、パソコンバンク等
3万円未満 110円
3万円以上 220円
振込手数料

他行あて

【窓口】
3万円未満 605円
3万円以上 770円
【ATM】
キャッシュカード
3万円未満 275円
3万円以上 440円
現金
3万円未満 385円
3万円以上 550円
【EB】
Web21<ライト>
3万円未満 165円
3万円以上 330円
Web21(<ライト>を除く)、コンピュータバンク、パソコンバンク等
3万円未満 495円
3万円以上 660円
屋号付き口座の開設 可能
※来店が必要
ネット開設 不可能
公式サイト https://www.smbc.co.jp/

個人事業主・フリーランスにおすすめの法人(事業用)銀行口座6.GMOあおぞらネット銀行

「GMOあおぞらネット銀行」は、「あおぞら銀行」と「GMOフィナンシャルホールディングス」が共同出資したインターネットバンクのことです。個人口座だけではなく「法人(事業用)口座」の立ち上げも可能で、特に手数料が安い点や取引するごとにポイントが貯まる仕組みなどが好評のサービスです。

年会費無料・発行時の審査も不要の「Visaビジネスデビットカード」の発行も魅力的で、事業を立ち上げたばかりの個人事業主・フリーランスの方にも使いやすいカードとなります。また、「つかいわけ口座」や「振込入金口座」の機能を使えば、目的別に資金管理することもできるなど、利便性が高いサービスを提供しています。

運営会社 GMOあおぞらネット銀行株式会社
振込手数料 当行あて 0円
他行あて 一律145円
屋号付き口座の開設 可能
個人口座を持っている必要あり
ネット開設 可能
公式サイト https://gmo-aozora.com/

個人事業主・フリーランスにおすすめの法人(事業用)銀行口座7.ゆうちょ銀行

株式会社ゆうちょ銀行が提供している「ゆうちょ銀行」でも「屋号付き個人口座」の開設が可能です。ただし、「ゆうちょ銀行」の場合は、預金の上限が決まっているため注意が必要です。詳しい上限額は次のとおりです。

・通常貯金(通常貯蓄貯金を含む)=1300万円まで
・定期性貯金(定額貯金各種・定期貯金各種)=1300万円まで
・振替貯金口座 = 預入限度額なし

また、「既に事業を営んでいる個人事業主・フリーランスでなければ手続きできない」など対象条件もあるため事前にチェックしてから来店しましょう。

運営会社 株式会社ゆうちょ銀行
振込手数料【ATM取引】

ゆうちょATM(ゆうちょ銀行店舗内や郵便局内に設置しているもの)

0円
振込手数料【ATM取引】

ゆうちょATM(駅・ショッピングセンター・ファミリーマート等に設置しているもの)

平日 8:45~18:00・土曜日 9:00~14:00 0円
上記以外 110円
振込手数料【ATM取引】

イーネットATM・セブン銀行ATM・ローソン銀行ATM

平日 8:45~18:00・土曜日 9:00~14:00 220円
上記以外 330円
振込手数料【ATM取引】

その他の提携金融機関

平日 8:45~18:00・土曜日 9:00~14:00 110円
上記以外 220円
振込手数料【口座間の送金】

ゆうちょ銀行あて

窓口 146円
Madotab・ATM 100円
ゆうちょダイレクト・ゆうちょ通帳アプリ 月5回まで:無料、月6回目以降:100円
ゆうちょBizダイレクト 100円
連動振替決済サービス 振替金額の1.04%(下限52円、上限115円)
自動払出し・自動送金 125円
振込手数料【口座間の送金】

他行あて

窓口 5万円未満 660円 5万円以上 880円
Madotab・ATM 5万円未満220円 5万円以上440円
ゆうちょダイレクト・ゆうちょ通帳アプリ・ゆうちょBizダイレクト 165円
自動振込 5万円未満550円 5万円以上770円
屋号付き口座の開設 可能
※現に屋号等で個人事業を営んでいる方、個人事業により一定金額以上の所得がある方
ネット開設 不可能
公式サイト https://www.jp-bank.japanpost.jp/

個人事業主・フリーランスにおすすめの法人(事業用)銀行口座8.りそな銀行

「りそな銀行」は大阪府大阪市中央区に本社を構える大手銀行です。
本社のある関西はもちろん、多くのエリアで地域密着型の営業基盤を築いています。特に小規模・中規模を中心としたビジネス展開をしている会社に多く利用されており、事業をはじめたばかりの個人事業主やフリーランスにも丁寧にサポートしてくれるでしょう。

屋号付き個人口座の開設は、既存の個人口座を持っている人のみ可能で、「りそなビジネスダイレクト口座」を開設する必要があります。また、個人事業主として口座を開設するためには、店頭にて口座開設となります。多くのメガバンクでは屋号と個人事業主名をセットで記載する必要がありますが、「りそな銀行」の場合、屋号のみで作成することもできます。

運営会社 株式会社りそな銀行
振込手数料

ビジネスダイレクト(インターネットバンキング) EB・MT/FD

当行同一支店あて 0円
当行、埼玉りそな銀行、関西みらい銀行、みなと銀行本支店あて 330円
他行あて 605円
振込手数料

【ATM取引】カード

当行同一支店あて 110円
当行、埼玉りそな銀行、関西みらい銀行、みなと銀行本支店あて 220円
他行あて 440円
振込手数料

現金

当行同一支店あて 330円
当行、埼玉りそな銀行、関西みらい銀行、みなと銀行本支店あて 330円
他行あて 660円
振込手数料

窓口

当行同一支店あて 550円
当行、埼玉りそな銀行、関西みらい銀行、みなと銀行本支店あて 550円
他行あて 770円
振込手数料

自動送金/自動振込サービス

当行同一支店あて 220円
当行、埼玉りそな銀行、関西みらい銀行、みなと銀行本支店あて 330円
他行あて 660円
屋号付き口座の開設 りそなビジネスダイレクト口座を開設することで可能
個人口座を持っている必要あり
ネット開設 可能
公式サイト https://www.resonabank.co.jp/?loc=1

個人事業主・フリーランスは法人(事業用)銀行口座を持った方が良い?

個人事業主やフリーランスとして事業をしている、もしくはこれからはじめようと思っている方は「法人(事業用)銀行口座」を持つことをおすすめします。
なぜなら、確定申告の際や税務調査を受けた際に対応しやすくなると同時に、事業の財務状況が把握しやすくなります。

また、ほとんどのケースで個人口座は「プライベートの生活口座」として使うことが多いです。その場合、プライベートの入出金とビジネスにおける入出金が混ざってしまい、経費の見分けなどもつかなくなってしまいます。

個人事業主もしくはフリーランスとして活動をはじめるタイミングやなるべく早い時期に専用の口座を設けるようにしましょう。ただし、個人事業主として「屋号付き個人口座」を開ける銀行は限られている場合があります。

事前に確認してスムーズに開設しましょう。

個人事業主・フリーランスが法人(事業用)銀行口座を選ぶポイント3つ

個人事業主やフリーランスが「法人(事業用)銀行口座」を選ぶポイントは3つあります。

・手数料の低さ
・会計ソフトとの連携
・屋号付きで開設できるか

使いやすさや手数料の安さはもちろんですが、事業にとって相乗効果がもたらされるものであればより良いといえます。

法人(事業用)銀行口座を選ぶポイント1:手数料の低さ

1つ目は、振込手数料の低さです。手数料は銀行によって異なり、送金回数が多い方の場合その分手数料が高額になってしまいます。1回分の手数料は数百円と安価かもしれませんが、回数が増えればその分まとまった金額になってしまいます。

もしプライベートの銀行をそのまま使った場合、地方銀行やマイナーな銀行であると手数料が余計にかかってしまう可能性があります。多くの銀行は同行であれば手数料が無料になるケースが多いです。

メガバンクや最近ユーザー数が多い有名なネットバンクを選べば、取引先との同行の可能性があがるでしょう。

法人(事業用)銀行口座を選ぶポイント2:会計ソフトとの連携

2つ目は、自分が使用している会計ソフトと連携できるか、という点です。会計ソフトと口座の連携は欠かせないもので、連携しておくだけで会計処理が一気に楽になります。

入力ミスが防げるだけではなく、チェックの手間も省けるため確定申告など、まとめて報告をする際の時間短縮につながります。自分の会計ソフトと連携できるかは、銀行口座の公式サイトからも、会計ソフトの公式サイトからも調べることができます。

「弥生会計」や「freee」のようにシェアの高いソフトであればある程度網羅できていることが多いです。

法人(事業用)銀行口座を選ぶポイント3:屋号付きで開設できるか

3つ目は屋号付きの口座を開設できるか、という点です。銀行によっては屋号を付けない「個人名のみ」もしくは「法人(事業用)銀行口座」しか作れないところもあります。

また、「屋号付き個人口座」を作るために、個人口座を持っていることが条件になるというケースもあります。もともと同銀行で個人口座を持っていれば問題ありませんが、わざわざ個人口座を開設するところからはじめるのは手間になります。必ず事前にチェックしておくと良いでしょう。

法人(事業用)銀行口座が作れる金融機関の種類

法人(事業用)銀行口座が作れる銀行は大きく分けて5種類の銀行に分かれています。どの銀行にするか選ぶ際に、各金融機関の特徴を理解しておくと良いでしょう。

法人(事業用)銀行口座が作れる金融機関1:都市銀行

都市銀行は、「メガバンク」とも呼ばれ、全国に支店がある点が特徴です。提携しているATMも多く、どこに住んでいても窓口にいくことができます。

また、認知度・信頼度も高いため、取引先からも安心されやすいでしょう。銀行によっては経営についての相談に乗ってもらったり、資金繰りについてもアドバイスをもらえたりします。

ただし、「屋号付き個人口座」を開設する場合は、審査に必要なヒアリングなどが実施されるケースもあるため、しっかりと証拠となる証憑を用意する必要があります。

法人(事業用)銀行口座が作れる金融機関2:ネット銀行

ネット銀行は、実店舗がなくネット上で手軽に口座開設ができます。審査までの時間も短いことが多く、スマホやアプリで簡単に申請ができます。

振込手数料が低い点や、24時間365日対応可能な点も使い勝手が良いため、はじめて屋号付き口座を開設する方にもおすすめです。

ただ、質問・相談をしながら進めたい方や資金繰りの相談などは直接できないので、もしそうした希望がある方であれば注意が必要です。また、ネットに接続していなければ情報を確認することができず、不正ログイン・不正使用などのセキュリティ対策にも気を配る必要があります。

法人(事業用)銀行口座が作れる金融機関3:ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行は、郵便局などに併設した実店舗を構えているため、相談・質問しながら手続きを進めたい方に適しています。また実店舗がある銀行の中でも振込にかかる手数料が低い点も特徴的で、送金回数が多い事業主にぴったりの銀行です。

審査にも比較的通りやすいという利点がありますが、預金額に上限があるなど、制限もあるため、事前にチェックしておきましょう。

法人(事業用)銀行口座が作れる金融機関4:信用金庫

信用金庫とは、地域の方々が利用者となり、地域活性化を図るために助け合うことを目的とした「協同組織の金融機関」です。地域性が高いため、エリアに根付いた事業を行う場合や、特定のエリアで特に活動が多いフリーランスの方に適しています。

開設するハードルは比較的低く、審査に通りやすいため事業をはじめたての個人事業主・フリーランスにおすすめです。

法人(事業用)銀行口座が作れる金融機関5:地方銀行

地方銀行は、信用金庫と同じく地方密着の事業を行う場合に適した銀行です。もし特定のエリアに取引先が多い場合、同行としてあわせやすくなります。

地方銀行の良さは、地域の情報に長けている点です。ビジネスにおける情報を引き出せたり、有力な会社やお金の動きがある事業について情報を集めたりできる可能性があります。

また、地方にあわせた細やかなサービスを提供している場合も多く、資金繰りの相談やアドバイスにものってもらいやすい可能性があります。

個人事業主・フリーランスが法人(事業用)銀行口座を開設するメリット

個人事業主やフリーランスが法人(事業用)銀行口座を開設すると、次の5つのメリットが得られます。

1.経理処理が楽になる
2.お金の動きが把握しやすくなる
3.クライアントから信頼されやすい
4.突然の税務調査に慌てずに済む
5.従業員を雇った場合の給与振込口座としても使える

法人(事業用)銀行口座を開設するメリット1.経理処理が楽になる

1つ目のメリットは、「経理処理が楽になる」点です。毎年2月~3月は個人事業主やフリーランスを苦しめることが多い「確定申告」の時期です。

1年分の領収書を集めて税理士に相談したり、自分で経理処理をしながら申告書を作成したりしなければなりません。そうした場合でも、「法人(事業用)銀行口座」を会計ソフトに連携させるだけで、数字の整理がしやすくなります。

また、経理処理の漏れやミスも発見しやすくなるため、「法人(事業用)銀行口座」がない状態と比べると格段に経理処理スピードがあがるでしょう。

法人(事業用)銀行口座を開設するメリット2.お金の動きが把握しやすくなる

2つ目のメリットは、「お金の動きが可視化できる」点です。個人口座と混ぜず、「法人(事業用)銀行口座」を開設することで事業のお金の動きに絞って注視することができ、月別や事業別で赤字・黒字の判断をつけやすくなります。

経費の確認や清算を行う場合でも、「法人(事業用)銀行口座」があるだけでスムーズに確認できるようになるでしょう。

法人(事業用)銀行口座を開設するメリット3.クライアントから安心されやすい

3つ目のメリットは、「屋号付き個人口座」を作ることで、新しいクライアントから信頼や安心を得やすくなる点です。「屋号付き個人口座」を開設するためには開業届けをはじめとするさまざまな公的書類の提出が必要です。

事業が公的機関に認められていることが証明されやすくなるため、安心してもらいやすくなるのです。また、個人事業主やフリーランスの中には、企業を相手にするビジネスだけではなく、一般の人を相手にするビジネスを展開する人もいます。

その場合、個人名の口座に振り込むのは抵抗があるという方も多いです。企業が相手だとしても、個人口座に振り込み依頼をした場合「まだ事業をはじめたばかりなのかな」と思わせてしまう可能性があります。

さらに、WEBライターのような活動をしている人であれば、ライター名と本名で作った個人口座の名義が異なることもあります。本名を明かすのは抵抗があるという場合でも、屋号が付いた口座を持っていることでそうした抵抗感を失くすことができます。

法人(事業用)銀行口座を開設するメリット4.突然の税務調査に慌てずに済む

4つ目のメリットは、税務署からの突然の調査があった場合でも、落ち着いて対処できる点です。口座を分けずにいると税務署員にプライベートな入出金まですべて見られてしまうだけではなく、求められている項目を探すのに時間がかかってしまい、不要に慌ててしまう可能性があります。

何がどこに記載されているか、日頃から把握しておき、「法人(事業用)銀行口座」として分けておくことで、そうした事態にも慌てず対応しやすくなるでしょう。

法人(事業用)銀行口座を開設するメリット5.従業員を雇った場合の給与振込口座としても使える

5つ目のメリットは従業員を雇った場合の給与振込口座としても使えるという点です。開業したばかりの個人事業主の場合、あまりイメージできないかもしれませんが、この先ずっと1人で事業を続けていくとは限りません。

今後従業員を雇うこともあるかもしれません。もしくは、最初からアルバイトを雇う事業の場合もあります。

こうしたケースでは、従業員に個人口座から給料を支払うわけにはいきません。人件費として経費計上するためにも、屋号付き個人口座を持っておく方が良いでしょう。

個人事業主・フリーランスが法人(事業用)銀行口座を開設するデメリット

個人事業主やフリーランスが「法人(事業用)銀行口座」を開設した場合のデメリットは少なく、取り立てて大きな損失はありません。しかし、念のため次の3点について事前にチェックしておきましょう。

1.口座を開設する手続きが必要
2.開設できる口座が限定される
3.開業届けを先に提出しておく必要がある

法人(事業用)銀行口座を開設するデメリット1.口座を開設する手続きが必要

1つ目の注意点は、口座を開設する手続きがどうしても必要になる点です。日頃から忙しく、「特に困っていないから」と口座開設を後回しにして事業をスタートさせた方は「いつまでも個人口座のまま」というケースが見られます。

メガバンクやゆうちょ銀行などは来店し、窓口でしか開設手続きができない場合もあります。多忙な個人事業主・フリーランスにとって時間や手間がかかる口座開設は面倒に感じるかもしれません、しかし、これまで紹介したように「屋号付き個人口座」を開設しておくことでメリットも多いため、どこからでも開設できるネット銀行などを駆使しながら対応するのがおすすめです。

法人(事業用)銀行口座を開設するデメリット2.開設できる銀行が限定される

2つ目の注意点は、開設できる銀行は限定されており、どこでもできるわけではない点です。もともと個人口座を開設している銀行で「法人(事業用)銀行口座」を開設しようと思っていても、できないケースがあります。

ネット銀行の中でも「SBI新生銀行」や「ソニー銀行」などは個人事業主の屋号付き口座の開設ができません。あらかじめ開設できる銀行をチェックしておく必要があります。

法人(事業用)銀行口座を開設するデメリット3.開業届けを先に提出しておく必要がある

3つ目の注意点は、口座開設の際に開業届の提出が求められる場合が多く、先に提出しておく必要がある点です。「開業届け」は、本来事業を開始してから1ヶ月以内に提出するものです。

もし、開業届けをまだ出していない場合は、書類を準備して税務署に提出しにいきましょう。書類は国税庁のサイトに専用の書類が掲載されています。プリントアウトして持参・郵送するか、「e-tax」でも簡単に申請できます。

法人(事業用)銀行口座を開設する流れ

「法人(事業用)銀行口座を開設したい」と思ったら、次のステップを踏む必要があります。来店する場合と、ネットで申し込む場合のそれぞれについて説明します。

来店して口座開設する場合

来店して開設する場合は、必要な書類を持って近くの支店を探します。家や事業所から近いところにしておくことで、普段からも通いやすくなります。

1.法人(事業用)銀行口座開設に必要な書類を用意する
2.近くの支店にいく
3.窓口で必要書類を提出し、開設の申し込みをする
4.口座開設の目的や用途についてヒアリングを受ける
5.金融機関の審査を受ける
6.後日郵送で通知が届く
7.開設手続きを行い完了

審査は銀行によって異なりますが、最短1週間から、1ヶ月くらいかかることもあります。「法人(事業用)クレジットカード」を作りたいなら、口座開設後、続けて対応するようにしましょう。

ネットから口座開設する場合

パソコンやスマホから口座を開設する場合、書類の写真を撮影してアップロードしていく必要があります。枠内におさめることはもちろん、文字がハッキリ読めるように手ブレやカメラの汚れには気を付けましょう。

1.「法人(事業用)銀行口座」開設に必要な書類を用意する
2.サイトにて開設に必要な書類をアップロードしながら申し込み作業を行う
3.WEB面談によるヒアリングを受ける(ヒアリングの有無は銀行による)
4.金融機関の審査を受ける
5.後日郵送で通知が届く
6.開設手続きを行い完了

サイトではなくアプリで手続きできる銀行もあります。ネットから口座開設できるタイプの方が手続きが簡潔な場合が多いです。

法人(事業用)銀行口座を開設する際に必要な書類

「法人(事業用)銀行口座」を開設する際に必要な書類の一例は次のとおりです。開設する銀行によって求められる書類量はバラバラですが、すべて揃えておけば問題なく審査に提出することができるでしょう。
基本的には、「事業の実態があるのか」という確認や財務状況の確認がメインとなります。プライベートの口座を開設するよりも必要な書類が多く、銀行から確認されることも増えるため、すぐに回答できる書類を手元に準備しておくと良いでしょう。

個人事業主・フリーランスにおすすめ法人(事業用)銀行口座まとめ

「個人事業主」や「フリーランス」は、事業開始のタイミングで専用の「法人(事業用)銀行口座」を開設しましょう。今回おすすめしたメガバンク・ネット銀行はすべて「屋号付きの個人口座」を開設することができます。

手続きはネットやアプリから気軽にできるものもありますので、多忙な事業主はそうした手法も視野に入れて検討してみてください。窓口で相談しながら進めたい方や、事業を進めるにあたって資金繰りなどの相談をしたい方は実店舗がある銀行を選ぶと良いでしょう。

経費ソフトと連携しながらお金の管理ができる専用口座を作ることで、事業の大きな支えとなります。まだ開設していない方は後回しにせず、さっそく手続きをしてみましょう。

出典

ライターさん募集