更新日: 2024.05.16 その他相続

亡くなった祖母の遺品整理をしてたら大きな梅酒ビンいっぱいに入った小銭が出てきました。銀行の窓口で全部両替してもらえますか?

亡くなった祖母の遺品整理をしてたら大きな梅酒ビンいっぱいに入った小銭が出てきました。銀行の窓口で全部両替してもらえますか?
小銭を貯金箱や空き瓶などに貯めておき、まとめてお札にしたり必要な時に少しずつ使ったりする方もいるでしょう。たくさんの小銭が瓶いっぱいにたまるとうれしく、また見つけた方も「何に使おうかな」と楽しみを見いだせます。
 
しかし、近年小銭をお札に変える際に手数料がかかるため、せっかく貯めた小銭も両替方法によっては損をしてしまうこともあります。そこで今回は、小銭をお金をかけずに両替する方法をご紹介します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

小銭の両替はお金がかかる

結論から申し上げますと、たくさんの小銭を金融機関の窓口で両替するには手数料がかかります。そのため受け取るお金が減ってしまいますので、受け取るお金を減らしたくない場合は別の方法で両替しましょう。
 

お金をかけずに小銭をお札にする方法をご紹介

次に、たくさんの小銭をお金をかけずにお札にする方法をご紹介します。
 

ATMで小銭を入金してお札で引き出す方法

お金をかけず小銭をお札にしたい場合には、ATMで小銭を入金する方法があります。小銭を銀行に持ち込み、ATMで入金しましょう。ただし、小銭の取り扱い枚数は図表1のように決まっています。
 
【図表1】

金融機関名 一度で入金できる枚数
ゆうちょ銀行 100枚まで
三菱UFJ銀行 100枚まで
三井住友銀行 100枚まで

多くの金融機関では一度に100枚までしか入金ができないため、枚数が多い場合は数回に分けて入金が必要です。また入金時には、自分が利用する金融機関の上限を事前に確認しておきましょう。
 

【PR】相続する土地・マンションがあなたの生活を助けるかも?

窓口で入金を行うと大量硬貨取扱手数料が発生する

小銭は窓口で入金することも可能ですが、その場合は「大量硬貨取扱手数料」が発生します。手数料は金融機関によって異なりますが、具体的には図表2、図表3、図表4の通りです。
 
【図表2】ゆうちょ銀行の場合

小銭の枚数 料金
1〜50枚 無料
51〜100枚 550円
101〜500枚 825円
201〜1000枚 1100円(以降は500枚ごとに550円加算される)

 
【図表3】三菱UFJ銀行の場合

小銭の枚数 料金
100枚まで 無料
101〜500枚まで 550円
501〜1000枚まで 1100円
1001枚以上 1650円(以降は500枚ごとに550円加算される)

 
【図表4】三井住友銀行の場合

小銭の枚数 料金
1〜10枚 口座を持つ場合:220円
口座を持たない場合:330円
11〜500枚 770円
501〜1000枚 1540円
1001枚以上 500枚ごとに770円

また500枚を超えると、入金するだけで1000円以上かかる金融機関も見られます。
 

ATMで小銭を両替する注意点

ATMで小銭を両替する際の注意点を3つご紹介します。特に枚数制限や使用できないシーンに注意しましょう。
 

ATMによって枚数が決まっている

ATMによって小銭の枚数制限が設けられているため、入金時には注意が必要です。一般的に100枚まで対応している店舗が多いですが、取り扱い枚数が異なるため利用前に注意書きをよく読んでから小銭を入金しましょう。
 

コンビニのATMでは硬貨の入金ができない

近年はほとんどのコンビニにATMが設置してあります。しかし、コンビニのATMや無人のATMの場合、小銭の取り扱いがないため注意が必要です。そのため、小銭の両替を行いたい場合は、銀行や郵便局に設置されているATMを使用しましょう。
 
参考までに、遺された硬貨の金額があまりにも大きい場合は相続税の対象となる可能性があります。そのため、金額に注意して手続きを行いましょう。
 

小銭の両替はATMを活用する

近年は小銭を両替する際に手数料がかかる金融機関がほとんどです。またATMでも枚数制限があるため、まとまった枚数を両替するには何度かATMに通う必要があるでしょう。
 
そのような場合には、500円や100円など金額が大きいものを優先してATMに入金し、10円や5円などを少しずつ財布に入れて使う方法もおすすめです。大切な人が遺してくれたお金は、少しでも手数料を抑えて活用しましょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集