公開日: 2020.06.25 暮らし

あのコンビニは使える? LINE Payが使用できるコンビニは?

LINE Payはセブンイレブンやローソン、ファミリーマートなど、さまざまなコンビニで支払いをすることができます。
 
コンビニでLINE Payの支払いをする場合、「チャージ&ペイ」で支払うとLINE Pay独自のポイントが貯まります。また、そのコンビニが対応しているポイントカードを提示すればポイントの二重取りができる場合もあり、よりお得になります。
 
この記事ではLINE Payが使えるコンビニについて、詳しく解説していきますので参考にしてください。
 
 
鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら
鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら

LINE Payとは?

LINE Payは、全国で多くの利用者がいる「LINEアプリ」をそのまま使って始められるスマホ決済サービスです。
 
新しいアプリをインストールせずに、日頃使っているLINEアプリをそのまま利用できるため、誰でも簡単に始められる点が魅力となっています。
 
また、LINE Payはチャージ方法が多く、クレジットカードを使わない人でも使いやすい仕組みであること、割り勘や送金機能があり、日常生活で使える便利な機能がついていることなどもメリットとなっています。
 

メリット

LINE Payには以下のように多くのメリットがあり、使いやすいスマホ決済サービスです。
 

メリット
  • 「Visa LINE Payクレジットカード」を登録すると、チャージなしに支払いができる「チャージ&ペイ」が利用できる
  • 「チャージ&ペイ」のポイント還元率は1%から3%となっており、ランクが上がると高還元率になる
  • LINE Pay請求書支払いに対応している税金や公共料金の支払いができる
  • LINE PayカードでLINEモバイルの支払いができる
  • 割り勘や送金機能がある

 
LINE Payでは「Visa LINE Payクレジットカード」を登録すると、クレジットカードを使った後払い決済「チャージ&ペイ」が利用でき、支払額に応じてポイントが貯まることがメリットとなっています。
 
LINE Payでは図表1のように、半年ごとのポイント獲得実績によりランクが認定され、そのランクによってポイント還元率が決定します。

ランク過去6ヶ月間のポイント獲得実績チャージ&ペイ利用時の還元率と特典
レギュラー0ポイント・還元率1%
・特典クーポン1枚
シルバー100ポイント・還元率1.5%
・特典クーポン3枚
ゴールド500ポイント・還元率2%
・特典クーポン6枚
プラチナ5000ポイント(Visa LINE PayクレジットカードのLINE Pay登録が必要)・還元率3%
・特典クーポン10枚

 
ランクが高くなればなるほどポイント還元率が高くなり、最高で3%の還元率になります。
 
このように、ランクを上げていくと還元率が上がり、「チャージ&ペイ」の支払いで効率的にポイントを貯められることがLINE Payの大きな魅力です。
 
LINE Payはチャージ残高からの支払いではポイントが貯まらないので、ポイントを貯めてお得に利用したい人は「Visa LINE Payクレジットカード」を作ってLINE Payに登録するようにしましょう。
 
LINE Payのもう1つの大きなメリットは、LINE Pay請求書支払いに対応する税金や公共料金の支払いができることです。
 
自動車税や住民税など、生活するうえで必ず支払わなければならない税金をLINE Payの「チャージ&ペイ」で支払うことができ、多くのポイントを貯めることができます(一部ポイント付与対象外)。
 
もちろん電気代やガス代、水道代などの公共料金も「チャージ&ペイ」で支払うことができます。
 
このように、税金や公共料金の支払いでポイントを貯められるということも、LINE Payの大きなメリットとなっています。
 

チャージ方法

LINE Payには以下のようにチャージ方法が5種類あり、自分に合った方法でチャージができます。
 

5種類のチャージ方法
  • 銀行口座からチャージ
  • セブン銀行ATMからチャージ
  • コンビニ(ファミリーマート)からチャージ
  • LINE Payカードレジチャージ
  • QRコード/バーコードを表示してチャージ

 
時間や場所を選ばず、一番簡単にチャージができるのは銀行口座からチャージをする方法です。
 
利用する銀行口座を登録しておけば、簡単なスマホ操作でいつでもどこでも銀行口座の残高からチャージをすることができます。
 
コンビニでは、セブンイレブンとファミリーマートでチャージできるということを覚えておきましょう。
 

ポイント還元率

LINE Pay独自のポイント還元は、「Visa LINE Payクレジットカード」を登録して行う「チャージ&ペイ」のみとなっています。LINE Pay残高からの支払いではポイントがつかないので注意が必要です。
 
「チャージ&ペイ」のポイント還元率は1%から3%となっており、過去半年間のポイント獲得実績により、1ヶ月のポイント還元率が決まります。
 
例えば、7月のポイント還元率は1月から6月までのポイント獲得実績、8月のポイント還元率は2月から7月までのポイント獲得実績によりそれぞれ決まります。
 
このように、毎月自分のランクが見直され、認定されたランクによってポイント還元率が変わる仕組みとなっています。
 
ポイント獲得実績のハードルは少し高いものの、ゴールドは2%、プラチナは3%の高還元率となっていますので、上のランクを目指してみることをおすすめします。
 

LINE Payが使用できるコンビニ

LINE Payはいろいろなコンビニで支払いをすることができます。
 
コンビニでは、スマホ画面に表示されたバーコードもしくはQRコードを読み込んでもらうだけの「コード決済」を利用するので、とても簡単に支払いができて便利です。
 

セブンイレブン

LINE Payは日本の最大手のコンビニ「セブンイレブン」でコード決済もしくはLINE Payカードを使った支払いができます。
 
セブンイレブンに設置されているセブン銀行ATMでは、LINE Payへのチャージと、LINE Payカードへのチャージの両方が可能です(図表2)。セブンイレブンはLINE Payにとって、とても相性が良いコンビニということができます。

支払い方法バーコード決済・LINE Payカード
1日あたりの利用上限額 ・「チャージ&&&ペイ」では登録しているクレジットカードの限度額
・LINE Pay残高およびLINE Payカードでのからの支払いは100万円/日回(本人確認済)もしくは10万円/回日(本人確認なし)

 

ファミリーマート

ファミリーマートではLINE Payのコード決済もしくはLINE Payカードを使った支払いができます。
 
また、FamiポートはLINE Payのチャージに対応しています。残高が不足していてもすぐにチャージをして支払いができるので便利です。
 
LINE Payでの支払い時には、「Tポイントカード」「楽天ポイントカード」「dポイントカード」のどれかを提示するとポイントを貯めることができます(図表3)。

支払い方法バーコード決済・LINE Payカード
1日あたりの利用上限額 ・「チャージ&ペイ」では登録しているクレジットカードの限度額
・LINE Pay残高およびLINE Payカードでの支払いは100万円/回(本人確認済)もしくは10万円/回(本人確認なし)
併用できるポイントカード ・Tポイントカード
・楽天ポイントカード
・dポイントカード
(すべて200円ごとに1ポイント貯まる)

 
LINE Payで支払えないものは下記のとおりとなっていますので注意しましょう。

支払いできないもの
  • 公共料金等の各種代金支払い
  • Famiポート取り扱い商品・サービス
  • プリペイドカード類
  • 宅急便や宅急便コンパクト送料
  • 切手やハガキ、印紙類
  • ゴミ処理券等の金券類
  • 一部の自治体指定ゴミ袋
  • 電子マネーチャージ
  • コピーやFAXの料金

 

ローソン

ローソンではLINE Payのコード決済もしくはLINE Payカードの支払いができます(図表5)。
 
また、Pontaカードもしくはdポイントカードを提示するとポイントが貯まりますのでレジで提示しましょう。ローソンではLINE Payカードレジチャージ以外はできないので注意してください。

支払い方法バーコード決済・LINE Payカード
1日あたりの利用上限額 ・「チャージ&ペイ」では登録しているクレジットカードの限度額
・LINE Pay残高およびLINE Payカードでのからの支払いは100万円/日回(本人確認済)もしくは10万円/回日(本人確認なし)
バーコード決済の1回あたりの支払い上限額1会計3万円まで
併用できるポイントカード ・Pontaカード
・dポイントカード
(どちらも100円で1ポイント貯まる)
※2020年7月7日より、0:00~15:59は200円ごとに1ポイント、16:00~23:59は200円ごとに2ポイントに変更

 
LINE Payで支払えないものは下記のとおりとなっています。

支払いできないもの
  • テレホンカード類
  • バスカードや各種乗車券・回数券
  • 各種商品券
  • クオカード
  • 切手やハガキ
  • 印紙
  • 一部のLoppi取次サービス
  • 公共料金・収納代行票の支払い

 

デイリーヤマザキ

デイリーヤマザキではLINE Payのコード決済もしくはLINE Payカードを使った決済ができます。
 
デイリーヤマザキは楽天ポイントカードに対応しており、楽天スーパーポイントを貯めることができますので、LINE Payの支払い時に一緒に提示するようにしましょう(図表7)。

支払い方法バーコード決済・LINE Payカード
1日あたりの利用上限額 ・「チャージ&ペイ」では登録しているクレジットカードの限度額
・LINE Pay残高およびLINE Payカードでの支払いは100万円/回(本人確認済)もしくは10万円/回(本人確認なし)
併用できるポイントカード・楽天ポイントカード
(100円で1ポイント貯まる)

 
LINE Payを使って支払えないものの例は下記のとおりです。

支払いできないもの
  • 公共料金等収納代行票での支払い
  • オンライン決済
  • プリ犬
  • プリペイドカード
  • 宅配便
  • 切手、ハガキ
  • 収入印紙
  • テレホンカード

 

ミニストップ

ミニストップではLINE Payのコード決済とLINE Payカードを使った決済ができます(図表9)。

支払い方法バーコード決済・LINE Payカード
1日あたりの利用上限額 ・「チャージ&ペイ」では登録しているクレジットカードの限度額
・LINE Pay残高およびLINE Payカードでの支払いは100万円/回(本人確認済)もしくは10万円/回(本人確認なし)
併用できるポイントカードなし

 
LINE Payを使って支払えないものは下記となっています。

支払いができないもの
  • MINISTOP Loppi取り扱いサービス・商品
  • 切手や印紙
  • ハガキ
  • ギフトカード
  • ゴミ処理券
  • テレホンカード
  • WAONカード
  • 電気やガスなどの公共料金
  • 自動車税などの公共料金
  • ゆうパック
  • コピーサービス
  • FAXサービス

 

ポプラ

ポプラではLINE Payのコード決済もしくはLINE Payカードを使った決済ができます。
 
また、楽天ポイントを一緒に貯めることができますので、楽天ポイントカードを持っている人はLINE Payでの支払い時にレジで提示するようにしましょう(図表11)。

支払い方法バーコード決済・LINE Payカード
1日あたりの利用上限額 ・「チャージ&ペイ」では登録しているクレジットカードの限度額
・LINE Pay残高およびLINE Payカードでの支払いは100万円/回(本人確認済)もしくは10万円/回(本人確認なし)
併用できるポイントカード・楽天ポイントカード
(100円で1ポイント貯まる)

 
支払いができないものは下記のとおりとなっていますので注意してください。

支払いができないもの
  • 料金収納代行
  • 切手や印紙、ハガキ
  • ギフトカード
  • プリペイドカード
  • チケットや回数券
  • 宅急便料金
  • 地域ゴミ袋やゴミ処理券

 

まとめ

LINE Payはさまざまなコンビニで支払いができるため、使いやすい便利なスマホ決済サービスといえます。
 
LINE Payの「チャージ&ペイ」で支払えばポイントが貯まりますし、コンビニによってはLINE Payとポイントカードが併用できるので、ポイント二重取りも可能です。
 
お財布を出さずにスムーズに支払いができますので、ぜひ一度LINE Payを利用してみてください。
 
執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー

関連記事

LINE Payを使ってセブンイレブンで支払いできないものって何?
LINE Payが使えるお店一覧! あなたがよく行っているお店も使用可能?
LINE Payでクレジットカードは登録できない? 知っておきたいポイント
 



▲PAGETOP