公開日: 2020.06.25 暮らし

LINE Payを使ってセブンイレブンで支払いできないものって何?

LINE Payはセブンイレブンで使うことができ、「コード決済」もしくは「LINE Payカードを使った支払い」ができます。ただし、一部セブンイレブンで支払いできないものもありますので、セブンイレブンでLINE Payを使うときには注意が必要です。
 
この記事では、LINE Payを使ってセブンイレブンで支払いができるもの、できないものについて詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてください。
 
 
鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら
鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら

LINE Payってどんなサービス?

LINE Payとは、LINE株式会社の子会社である「LINE Pay株式会社」が運営しているスマホ決済サービスです。
 
LINE Payは「LINEアプリ」をそのまま使って始められるため、アプリを新たにインストールする必要がありません。
 
日頃使っている「LINEアプリ」を使って誰でも簡単にスタートできるので、「スマホ決済サービスを気軽に始めてみたい」という人におすすめです。
 

メリット

LINE Payのメリットは以下のようになっており、利用者にとってお得で便利なスマホ決済サービスだといえます。
 

メリット
  • LINE Payに「Visa LINE Payクレジットカード」を登録して「チャージ&ペイ」で支払うとポイントが貯まる
  • LINEポイントクラブのランクが上がると「チャージ&ペイ」のポイント還元率が上がる
  • 税金や公共料金をLINE Payで支払うことができる
  • LINE PayカードでLINEモバイルの支払いができる
  • 送金や割り勘ができる
  • お得なキャンペーンや割引クーポンの配布が多い

 
LINE Payの大きなメリットは、「Visa LINE Payクレジットカード」を登録して「チャージ&ペイ」で支払うとポイントが貯まるという点です。
 
ポイント還元率は1%からスタートし、たくさんポイントを獲得してランクを上げると下記のように1.5%、2%、3%とポイント還元率が上がっていく仕組みとなっています(図表1)。

ランク過去6か月間のポイント獲得実績チャージ&ペイ利用時の還元率と特典
レギュラー0ポイント・還元率1%
・特典クーポン1枚
シルバー100ポイント・還元率1.5%
・特典クーポン3枚
ゴールド500ポイント・還元率2%
・特典クーポン6枚
プラチナ5000ポイント(Visa LINE PayカードのLINE Pay登録が必要)・還元率3%
・特典クーポン10枚

 
ランクの認定は、半年間のポイント獲得実績により行われます。
 
例えば、7月のランクは1月から6月の実績を元に決定されます。8月のランクは2月から7月の実績が元になります。
 
このようにランクは毎月見直されますので、高いランクを維持したい場合は毎月しっかりとポイントを獲得していくことが大切です。
 
LINE Payのもう1つの大きなメリットは、LINE Pay請求書払い対応の税金や公共料金の支払いができることです。
 
税金や公共料金の支払いはまとまった金額になることが多いので、LINE Payの「チャージ&ペイ」で支払えば多くのポイントを貯めることができます(一部ポイント付与対象外)。
 

支払い方法

LINE Payの支払い方法は下記の6種類となっています。
 

6種類の支払い方法
  • コード支払い
  • オンライン支払い
  • 請求書支払い
  • LINE Payカードを使った支払い
  • QUICPay+支払い
  • LINE Beaconでの支払い

 
それぞれの支払い方法の特徴を解説していきます。
 

【1】コード払い

コード支払いは、LINE Payでスマホ上に表示されたバーコードやQRコードをレジの人に読み取ってもらう方法です。支払い金額をLINE Payに手動入力する必要がないので簡単に支払いができます。
 
コンビニではこの支払い方法が採用されています。
 
ドラッグストアやスーパー、個人店舗では、店頭に設置されている「そのお店のバーコードもしくはQRコード」をLINE Payで読み込み、表示された金額を確認して決済するか、支払い金額を手動で入力する方法が多くなっています。
 

【2】オンライン支払い

LINE Payではオンラインショップでも支払いをすることができます。
 
オンライン支払いは、対応している加盟店でのみ可能となっており、支払い方法を選択する欄に表示されている「LINE Pay」を選ぶだけで支払いができるので、とても簡単です。
 

【3】請求書支払い

LINE Payの大きなメリットとして、請求書のバーコードを読み込んでLINE Payで支払える請求書支払いがあるということが挙げられます。
この請求書支払いでは、税金や電気代などの公共料金も支払うことができます。
 
住民税や自動車税はまとまった金額になるので「チャージ&ペイ」で支払うと多くのポイントを獲得できますし、自宅で支払いができるのでコンビニに行く手間を省くことができます。
 
支払い手順は以下となっており、とても簡単です。
 

  • LINE Pay残高の右下に表示されている「請求書支払い」をタップ
  • コードリーダーの使い方が表示されるので「次へ」をタップ
  • コードリーダーで請求書のバーコードを読み込む
  • 支払元や支払い金額が表示されるので、合っていれば「支払う」をタップ
  • パスワードを入力して支払いが完了

 

【4】LINE Payカードで支払い

LINE Payカードは、クレジットカードと同じように使えるプリペイド式のカードです。事前にチャージした分から支払う仕組みのため、使いすぎないことがメリットとなっています。
 

【5】QUICPay+支払い

QUICPay+支払いは、Androidのおサイフケータイ機能を使う方法です。
 
バーチャルの「LINE Payカード」を発行し、Google Payに登録することでQUICPay+加盟店で支払いができるようになります。
 

【6】LINE Beaconで支払い

LINE Payは、Bluetoothを使い、スマホを近づけるだけで支払いをすることができる「Beacon決済」に対応しています。
 
LINE Beaconはキリンの「Tappiness自販機」で、財布を出さなくてもスムーズに支払いができます。
 

還元率

LNE Payでは、「Visa LINE Payクレジットカード」をLINE Payに登録して支払う「チャージ&ペイ」を使うとポイントが貯まる仕組みです。
 
LINE Pay残高からの支払いでは、LINE Pay独自のポイントはつかないので注意しましょう。
 
LINE Payの「チャージ&ペイ」のポイント還元率は、半年間のポイント獲得実績をもとに毎月ランクが決まり、レギュラーランクが1%、シルバーランクが1.5%、ゴールドランクが2%、プラチナランクが3%となります。
 
過去6ヶ月間の中で、ゴールドランクだと500ポイント、プラチナランクだと5000ポイントの獲得実績がそれぞれ必要なのでハードルは高いですが、ゴールドやプラチナはポイント還元率が高いので上のランクを目指してみることをおすすめします。
 

LINE Payはセブンイレブンでも使用可能?

セブンイレブンではLINE Payを使って支払いをすることができます。
 
LINE Payの「コード支払い」と「LINE Payカードを使った支払い」の両方を使うことができるので、自分に合った方法を選びましょう。
 
コード支払いをする場合の手順は、以下のようになっています。
 

  • LINEアプリを立ち上げて、右下の「ウォレット」をタップ
  • LINE Payの画面で「コード支払い」をタップ
  • 最初に設定したパスワードを入力
  • スマホ上に表示されたコードをレジで読み取ってもらい、支払い完了

 
LINE Payカードで支払う場合の手順は以下のようになっており、クレジットカードと同じように使うことができます。レジで店員さんに「JCBカードで支払います」と伝えてカードを提示し、決済します。
 

 

LINE Payを使ってセブンイレブンで支払いできないもの

LINE Payを使ってセブンイレブンでの支払いはできますが、図表3のものはLINE Payで決済できないので注意しましょう(2020年6月時点)。
 

決済できないもの
  • インターネットショッピング商品店頭受取り時の店頭払い(セブンネットショッピング以外)
  • セブンミールのサイト内決済、払込票支払い
  • インターネット代金収納(宅配商品の前払い含む)
  • 公共料金等の収納代行
  • 切手や印紙、ハガキ、年賀ハガキ
  • クオカード
  • テレホンカード
  • プリペイドカード
  • プリペイド携帯カード
  • ビール券・酒クーポン券
  • 映画券や前売り券
  • 地区指定ゴミ袋・ゴミ処理券
  • nanacoカード発行手数料
  • 他金券等に準ずるもの
  • マルチコピー機でのサービス
  • 各種電子マネーへの現金チャージ
  • セブンイレブン ネットコンビニ
  • セブン自販機

 

Q&A

セブンイレブンでLINE Payを使うときに「現金と併用ができるのか」気になる人も多いようです。
 
例えば、2000円の支払いをするときに、LINE Pay残高が1000円しかなかった場合、足りない1000円を現金で支払えるのでしょうか。
 
結論としては、現金とLINE Payは併用できないため、「足りない分は現金で支払う」というやり方はできません。
 
LINE Pay残高が足りない場合は、
 
・事前にチャージして残高を増やしてから支払いを行う
・LINE Pay以外の方法で支払う
 
のどちらかの方法で支払う必要があります。
 
LINE Payの「チャージ&ペイ」は、クレジットカードを使った後払い決済なのでチャージ残高にかかわらずスムーズに支払いができ、ポイントも貯まるのでおすすめです。
 
また、LINE Payでは、現金以外にも併用できないものがあります。
 
下記の支払い方法は、LINE Payと同時に使えないので注意してください。
 

同時に使えないもの
  • nanaco
  • 交通系電子マネー
  • 楽天Edy
  • QUICPay
  • iD
  • クレジットカード
  • 他の種類のバーコード決済

 

まとめ

LINE Payは大手コンビニであるセブンイレブンで支払いをすることができ、「チャージ&ペイ」を使うと支払い額に応じてポイントをもらうことができます。
 
ただし、金券・カード類やインターネットショッピングの代金収納など、一部のものはLINE Payで支払うことができません。
 
また、LINE Payのチャージ残高が足りない場合、現金などを併用して支払うことができないので注意しましょう。
 
執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー

関連記事

LINE Payのポイント還元はどのぐらい? 徹底比較
LINE Payとは? サービス概要・使い方について徹底解説
LINE Payを使ってファミマで支払いできないものって何?
 



▲PAGETOP