公開日: 2020.11.04 暮らし

コロナ禍の七五三、お祝いはどうする? 親族のお食事会を自粛する人が2割

11月15日は七五三です。女の子は3歳と7歳、男の子は5歳のお祝いに、お宮参りや写真撮影、家族での食事など、いろいろなイベントを予定している人もいるでしょう。しかし今年は、新型コロナウイルスの流行で、食事会はやめておこうか、という家庭もあるかもしれません。
 
アルバムが簡単に作れるアプリ「ALBUS(アルバス)」を運営するROLLCAKE株式会社は、今年子どもの七五三のお祝いをする予定のママ 462人を対象に「今年の七五三事情」に関する調査を実施しました。七五三のお祝いに何をするのか、いくら予算をかけるのか聞いていますので、結果を見ていきましょう。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら

85%が七五三のお祝いを予定または実施済み。コロナ禍で自粛する行事も

今年、七五三のお祝いを実施するか聞いたところ72.6%が「実施予定」、12.9%が「実施済み(一部実施済みを含む)」と回答し、合わせて85.5%となりました。
 
今年の七五三で実施を考えている行事を聞いたところ、1位は「神社への参拝」(65.8%)、2位「プロカメラマンによる写真スタジオでの記念撮影」(52.2%)、3位「家族(配偶者と子ども)とのお食事会」(46.8%)、以下「子どもの着物の着付け」(40.5%)、「両親・親族を交えたお食事会」(35.3%)となりました。いずれも七五三のイベントの定番ですね。
 
また、今年の七五三で実施予定だったが、新型コロナの影響で自粛することにした行事があるか聞いたところ、66.7%が「ある」と回答しました。
 
自粛をすることにした行事で、最も多かったのは「両親・親族を交えたお食事会」で19.7%、次いで「ママ友でのお食事会」13.6%と、マスクなしの大人数での会食は、感染リスクが高いため、見送る人が多いことがわかりました。
 
また、「プロカメラマンによる写真スタジオでの記念撮影」も同率13.6%で、他人と個室にこもることに抵抗があるのか、もしくはコロナ禍で家計が収入減となり、今回は見送りとしたのかもしれません。
 

子どものお祝いは7歳、ママのおしゃれは5歳のとき、一番お金をかけている。総額はどの年齢でもほぼ同じ

3歳の女の子ママ、5歳の男の子ママ、7歳の女の子ママのそれぞれに、七五三のお祝いにかける予算を聞いたところ、全体の平均額は3万2826円でした。
 
うち、3歳女の子のママが3万2826円、5歳の男の子のママが3万230円、中でも7歳の女の子ママの予算は、3万4437円と最も高くなっています。7歳は子ども自身の分別もつき、着物や写真、食事など、思い出に残るお祝いをしてあげたいと思うのかもしれませんね。
 
また、七五三の予算の中でママ自身の着付けやヘアセットにかける費用を聞いたところ、全体の平均額は1万5509円、3歳の女の子のママが1万6124円、5歳の男の子ママが最も高額で1万7267円、7歳の女の子のママが1万3129円となりました。
 
ちょうど子どもにかける予算の逆となりました。親子の総額で見ると、いずれの年齢も4万7500円から5万円の範囲で収まるようです。偶然の結果でしょうが、面白いですね。
 

七五三写真はアルバムに。大きくなって見返してもらいたい

7歳の女の子ママに、子どもが3歳のときの七五三写真はどのように保管しているかを聞いたところ、1位は「写真アルバムにしている」で59.7%、2位は「写真立てに入れて飾っている」(39.6%)、3位は「データとして保管している」(38.9%)でした。
 
また、3歳の女の子ママ、5歳の男の子ママにも、今年の七五三写真をどのように保管する予定か聞いたところ、どちらのママも「写真アルバムにしたい」が最も多い回答となりました。データにして保管するより、アルバムにして何度か見返したいと思うようです。
 
7歳の女の子ママに、3歳の頃の七五三写真を見返したときにどのようなことを感じるか聞きました。
 
「3歳の時にしかない可愛らしさがあり、可愛くて懐かしくて幸せな気持ちになります」「成長を感じる。将来大きくなった我が子が写真を見返した時、愛情をかけて手塩にかけて育てた気持ち、大好きな気持ちが少しでも伝わると良いなと思います」というように、写真を見ることで子どもの成長を改めて実感したり、大きくなってから見てほしいと思っているようです。
 
子どもはあっという間に大きくなってしまいます。それと同時に、親も一緒に老いていきます。子どもの小さいとき、親が若いときの家族写真を将来子どもが見返したとき、親に大切に育ててもらった当時のことを思い出すことでしょう。そのためにも、七五三ではぜひ家族で写真を撮りたいものです。
 
[出典]
※ROLLCAKE株式会社「今年の七五三事情に関する調査」(株式会社 PR TIMES)
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

関連記事

新型コロナで飲食店は大打撃。ランチやテイクアウト利用で支援
コロナに負けるな!(1) 飲食店でお酒をテイクアウト販売する方法
飲食店へのコロナの影響は? ラーメン、カレーなど1人客が多い業種は影響が比較的少ない?
 



▲PAGETOP