更新日: 2021.03.16 その他暮らし

コロナ禍の引越し事情とは?不安や困ったことは?見積もりもオンライン完結に

コロナ禍の引越し事情とは?不安や困ったことは?見積もりもオンライン完結に
4月は新生活の季節。大学進学や就職で一人暮らしを始めたり、転勤で引っ越す人もいるでしょう。現在、新型コロナウイルスの感染者はまだまだ多く、多くの人と接する引越しに不安を抱く人もいるかもしれません。
 
株式会社リクルート住まいカンパニー(東京都港区)は、「コロナ禍の引越しに関する調査」を実施しました(※1)ので、結果を見ていきましょう。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

コロナ禍での引越しは、なるべく人との接触を避けたい

コロナ禍での引越しで不安だったり、困ったことを聞いたところ、「スタッフやサービスのコロナ対策がなされているか不安だった」(37.7%)、「自分や家族が感染したり濃厚接触者にならないか不安だった」(21.3%)と、引越しには多くのスタッフと接するので、感染リスクが気になった人が多い結果となりました。
 
他には「オンラインの見積もりを希望したができなかった」(13.7%)のように、なるべく人との接触を減らしたいという気持ちが透けて見えます。
 
しかし、「今回の引越しに満足していますか?」という問いには「満足した」(43.7%)、「どちらかといえば満足した」(35.0%)合わせて78.7%が、コロナ禍でも引越しをして良かったと回答しました。
 
コロナ禍の引越しで引越し会社が行ってくれたサービスで、「スタッフが飛沫防止のためのマスクorフェイスシールドを着用していた」が40.7%と最も多く、次いで「オンラインで見積もりが完結できた」(26.0%)、「スタッフの健康管理がされていた(検温等)」(25.0%)が続きました。
 
他にも手洗い・うがい・手指の消毒のほか、換気に気をつけるなど、引っ越し会社が顧客に向け安心できるようなサービスを実施したことで、満足度が高かったようです。
 

引越しの見積もりは対面から各種オンライン見積もりへ

これまで、自宅訪問の対面見積もりが主流でしたが、コロナ禍では「ホームページ等で引越し見積もりに必要な情報を入力した」(67.3%)、引越し見積もりに必要な情報を伝えるために「メールや電話等を利用」(46.7%)、「メール・LINE等で写真を利用」(23.7%)、「ZOOM等テレビ通話など『動画』を利用」(14.0%)など、非対面による見積もりが増えました。今回の調査で、自宅訪問で見積もりを実施した人は36.0%に留まりました。
 
しかし、対面見積もりをした人の48.1%が「困ったことはない」と答えているのに対し、「メール・LINE等で写真を利用」した人では12.7%、「テレビ通話など『動画』を利用した見積もり」を活用した人では7.1%に留まり、新しい見積もり方法では不安があった様子がうかがえます。
 
しかし、対面見積もりをした人では81.5%、「写真を利用」では81.6%、「動画を利用」でも76.2%がコロナ禍でも引越しをして良かったと回答し、結果として満足度が高かったことがわかりました。
 

コロナ禍で引越し金額が前年よりダウン。今年は?

それでは、コロナ禍の引越し金額はどうだったのでしょうか? 株式会社エイチーム引越し侍(愛知県名古屋市)が実施している「引越し定点調査」によると、2020年の全国平均引越し金額は、「単身」の場合5万9049円で、前年の6万8859円から1万円以上ダウン。
 
「家族」は9万5099円で、前年の10万5262円からこちらも1万円以上ダウンしました。すべての月において昨年と比べて平均金額1万円以上ダウンしています。コロナ禍で引越しが減ったのかもしれませんね。今年はどうなるのでしょう?
 
引っ越しは3月、4月がハイシーズン。引っ越しする人は早く手配しないと予約が一杯になってしまいます。コロナ対策が万全で、安心できる引越会社にお願いしたいですね。
 
[出典]
※1:株式会社リクルート住まいカンパニー「コロナ禍の引越しに関する調査」(株式会社 PR TIMES)
※2:株式会社エイチーム引越し侍「『引越し侍』が、引越しに関する動向をまとめた『引越し定点調査(2021年1月29日発行)』を公開」(株式会社 PR TIMES)
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部