更新日: 2019.08.30 その他暮らし

信号無視で人生を無駄にするな 自転車の信号無視で前科一犯って本当?どのくらいの罪になるのか?

信号無視で人生を無駄にするな 自転車の信号無視で前科一犯って本当?どのくらいの罪になるのか?
赤信号でも車が来ている気配がなければ、自転車や歩きながら渡ってしまう…誰でも一度や二度ならそのような経験があるのではないでしょうか。
 
しかし、「信号無視」は立派な交通違反です。特にこれが自転車の場合は、予想以上の罰則が科せられることも…?
 
警視庁によると、平成29年中の自転車関連事故(自転車が第一当事者又は第二当事者となった交通事故)の件数は、9万407件。全交通事故の約20%にあたります。
 
警察では自転車関連事故を防止するため、自転車運転者に対する指導を行っています。悪質・危険な違反に対しては検挙措置を講ずるなどしており、平成29年中は約155万件の指導警告票を交付し、約1万4000件の交通違反を検挙しました。
 
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

石垣美帆

監修:石垣美帆(いしがき みほ)

弁護士

中央大学法科大学院卒業後、弁護士登録。原子力損害賠償紛争解決センターでの勤務経験を持つ。「幸せになるお手伝いをする」をモットーに日々邁進中。お客様のご相談を受けるに際し、「共感力」を大切にしています。

寝坊した!赤信号なのに自転車で横断歩道を渡ってしまったAさん

街中で自転車における信号無視を見かけることもありますが、このようなケースではどの程度の罰則を受けるのでしょうか。
 
Aさんの例を通してみていきたいと思います。
 
Aさんは社会人2年目。最寄り駅まで自転車で10分だったため、出勤時は駅まで自転車で通っていました。ある日、Aさんは寝坊してしまったため、必死で自転車をこいで駅に向かいました。交差点に差し掛かると、タイミング悪く赤信号に。
 
Aさんは左右から車が来ていないことを確認し、赤信号なのに渡ってしまいました。すると、思わぬところから警官が姿を現し、Aさんを呼び止めました。
 
*物語はフィクションです。
 

自転車の信号無視はどのくらいの罰則になるのでしょうか。「前科一犯」になるというのは本当でしょうか。東京桜橋法律事務所の石垣美帆先生にお伺いしました

自転車の信号無視では、通常3カ月以下の懲役又は5万円以下の罰金が科せられます。道路交通法第7条(信号機の信号等に従う義務)には以下のように記されています。
 
“道路を通行する歩行者又は車両等は、信号機の表示する信号又は警察官等の手信号等(前条第一項後段の場合においては、当該手信号等)に従わなければならない。”
 
また、行政責任(違反に対する点数が加算)と刑事責任を負わされます。重い違反は通称「赤切符」が交付され、刑事責任を逃れることはできません。認められれば裁判が行われ、前科がつきます。
 

自転車の信号無視は「前科一犯」になる可能性がある

過去には、自転車の信号無視をした人が赤切符を切られた事例もあります。
 
「左右から車や人が来ていなかったらいいじゃないか」と思う人もいるかもしれません。しかし、勝手な判断は大きな事故を招く原因になりますし、見つかれば罰則を受けることになります。
 
歩行者でも交通違反になりますが、自転車の場合は前科がつくケースもあると念頭に置き、ルールを守って安全に運転しましょう。
 
出典:警視庁「自転車は車のなかま~自転車はルールを守って安全運転~」
Text:FINANCIAL FIELD編集部
 
監修:石垣 美帆(いしがき みほ)
弁護士
中央大学法科大学院卒業後、弁護士登録。原子力損害賠償紛争解決センターでの勤務経験を持つ。「幸せになるお手伝いをする」をモットーに日々邁進中。お客様のご相談を受けるに際し、「共感力」を大切にしています。
 


 

PR
townlife-banner
ライターさん募集