更新日: 2024.06.07 その他暮らし

「モンベル」の高性能ジャケットを着ている人をよく見かけます。みんな経済的に余裕があるのでしょうか?

「モンベル」の高性能ジャケットを着ている人をよく見かけます。みんな経済的に余裕があるのでしょうか?
モンベルの高性能ジャケットは、ものによって数万円するため、節約を意識している人にとってはなかなか手を出しにくいでしょう。そこで本記事では、モンベルの高性能ジャケットの価格を紹介するとともに、日本の平均世帯年収や生活費もお伝えします。衣類へどのくらい費用をかけているかを把握して、自分の生活に当てはめてみましょう。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

モンベルの高性能ジャケットの価格

以下の表1に、モンベルで販売されている5つのジャケットの価格をまとめました。
 
表1

商品名 価格(税込み)
パウダーランド パーカ(男女兼用) 4万3450円
ローガンダウン パーカ(男女兼用) 3万4100円
3in1 フエゴ ダウンジャケット(男女兼用) 3万1900円
US コロラドパーカ Men’s(男性用) 2万8050円
US コロラドパーカ Women’s(女性用) 2万5300円

※mont-bell「オンラインショップ」を元に筆者が作成
 

日本の平均世帯年収や生活費

次に、厚生労働省の「2022(令和4)年 国民生活基礎調査の概況」から日本の平均世帯年収を以下の表2にまとめました。
 
表2

世帯条件 所得の中央値
全世帯 423万円
高齢者世帯以外の世帯 573万円
高齢者世帯 253万円
母子世帯 297万円
児童のいる世帯 710万円

※厚生労働省「国民生活基礎調査の概況」を元に筆者が作成
 
全世帯の所得の中央値は、423万円であると分かりました。また家計調査によると、勤労世帯の消費支出は31万8755円です。そのうち、衣類や靴にかける費用は1万1344円です。
 
このように勤労世帯でも衣類にかける費用は月1万円程度であるため、モンベルの高性能ジャケットを購入するためには、約3ヶ月分の費用をためる必要があるでしょう。
 

【PR】タウンライフ土地活用

おすすめポイント

・最適な活用方法が複数社から全て無料で貰える!
800 万円の差がでることも!土地活用による節税&相続対策!
・スマホで簡単!3 分で依頼完了
・土地活用の初心者も安心!手軽に専門家に相談可能!

モンベルを購入するための節約ポイント

モンベルの高性能ジャケットを購入するには、事前に計画を立てて購入費用をためる必要のある世帯も多いと考えられます。そこで、モンベルのジャケットを購入するための資金確保に役立つ節約ポイントを紹介します。
 

電気料金やガス代を見直す

毎月の生活費を節約するためには、支出割合の大きい固定費から見直すことをおすすめします。節約しやすい固定費には、電気料金とガス代が挙げられます。
 
自宅にあったプランを選択すれば、年間数万円単位で節約できる可能性があります。
 
ガス代も同様に、自宅にあったプランを選択できる可能性が高いので、現在自宅で契約しているプランを企業に問い合わせてみましょう。
 

スマートフォンの料金プランを見直す

固定費の節約としては、スマートフォンの料金プランの見直しもおすすめです。大手携帯キャリアを利用している人は、格安スマホや格安SIMなどに変更するだけでも毎月数千円単位で節約が可能になる場合があります。料金プランとサービス内容を確認して、不要なサービスが多ければ格安スマホや格安SIMへの変更を検討しましょう。
 

コンビニの利用を控える

細かな節約術としては、コンビニに行く頻度を減らす方法もあります。コンビニは24時間営業であり、さまざまな商品が販売されているため、衝動買いしてしまうこともあるでしょう。
 
またコンビニで販売されている商品は、スーパーでは安く売られているケースもあります。そのためコンビニを頻繁に利用していると、無駄遣いをしてしまうリスクが高いといえるでしょう。そのため食品などを購入する際は、なるべくスーパーを利用するなどの工夫をしてみることをおすすめします。
 

モンベルの高性能ジャケットを購入する計画を立てよう

モンベルの高性能ジャケットは、商品によっては数万円します。家計調査によると、勤労世帯が衣類にかける費用は月1万円程度であるため、モンベルのジャケットを購入するためには、資金を計画的に確保する必要があります。
 
生活を圧迫しない状態で購入するためには、日々の節約が大切です。まずは支出の多い固定費から見直しを行い、自分がストレスなくできる節約方法を実践していきましょう。
 

出典

Mont-bell オンラインショップ
厚生労働省 2022(令和4)年 国民生活基礎調査の概況
e-Stat 政府統計の総合窓口 家計調査 / 家計収支編 二人以上の世帯 詳細結果表
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集