更新日: 2024.07.03 その他暮らし

ゆうちょ銀行で「硬貨取扱料金」が改訂!コツコツ貯めた小銭貯金「20万円」を預けるなら”手数料”はいくら?

ゆうちょ銀行で「硬貨取扱料金」が改訂!コツコツ貯めた小銭貯金「20万円」を預けるなら”手数料”はいくら?
コツコツ貯めた小銭貯金を、ゆうちょ銀行に預けたいと思ったとき、手数料がいくらかかるのか気になる方も多いでしょう。ゆうちょ銀行では2022年1月より、硬貨を利用する手続きにおいて「硬貨取扱料金」が設定され、手数料の支払いが必要です。一方で、2024年4月から一部手数料の改定が実施されています。
 
そこで今回は、小銭貯金「20万円」をゆうちょ銀行に預ける場合にかかる手数料を解説します。硬貨の取り扱いで発生する手数料について詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

「硬貨取扱料金」は硬貨の枚数で金額が変わる

ゆうちょ銀行で硬貨を持ち込み貯金しようとすると、「硬貨取扱料金」という手数料がかかります。「硬貨取扱料金」は、硬貨の枚数により変わりますが、2024年4月に料金が見直され、無料で預けられる枚数が50枚から100枚へ増加しました。
 
2024年4月1日からの硬貨取扱料金について、表1にまとめました。
 
表1

硬貨の枚数 料金(税込み)
1~100枚 無料
101~500枚 550円
501~1000枚 1100円
1001~1500枚 1650円
1501~2000枚 2200円
2001枚以上 500枚ごとに550円加算

※株式会社ゆうちょ銀行「硬貨取扱料金早見表」を基に筆者作成
 
20万円の小銭貯金がすべて100円硬貨であれば2000枚、500円硬貨であれば400枚となります。この場合、100円硬貨では2200円、500円硬貨では550円の手数料を支払わなければなりません。
 
また、10円や5円など硬貨の種類が増えれば増えるほど、硬貨枚数も増えていくため手数料の金額も増額するでしょう。なお、「硬貨取扱料金」は預け入れをしたい金額とは別に、現金で支払う必要があるので注意してください。
 

硬貨取扱料金についての注意点

硬貨取扱料金について、いくつか知っておきたい注意点があります。
 

・硬貨枚数を算定したあとに手続きをキャンセルする場合や、金額を変更する場合でも、手数料を支払わなければならない
・同時に複数件の手続きをする場合、硬貨の枚数を合算した料金となる
・硬貨取扱料金は、各種サービスの取扱料金とは別に現金での支払いとなる
・汚損硬貨や記念硬貨も算定の対象となる
・店舗や郵便局の繁忙状況などによっては、大量の硬貨の持ち込みは断られる場合がある

 
「小銭貯金がいくらあるのか、ゆうちょ銀行で数えてもらおう」と、硬貨を持参して算出してもらっただけで手数料の支払いが必要となるので注意してください。
 

【PR】タウンライフ土地活用

おすすめポイント

・最適な活用方法が複数社から全て無料で貰える!
800 万円の差がでることも!土地活用による節税&相続対策!
・スマホで簡単!3 分で依頼完了
・土地活用の初心者も安心!手軽に専門家に相談可能!

ATMの利用でも「硬貨預払料金」がかかる

硬貨の取り扱いで手数料がかかるのは、窓口利用だけではありません。硬貨の取り扱いが可能なATMを利用して貯金の預け入れ・払い戻しに硬貨をともなう場合は、「硬貨預払料金」がかかります。硬貨をともなう預け入れにかかる料金を、表2にまとめました。
 
表2

硬貨枚数 料金(税込み)
1~25枚 110円
26~50枚 220円
51~100枚 330円

※株式会社ゆうちょ銀行「ATM硬貨預払料金の新設・ATMでの硬貨取扱時間帯の変更」を基に筆者作成
 
ATMの利用では窓口利用と異なり、1枚からでも手数料がかかります。なお、硬貨の取り扱いができるのは、郵便局やゆうちょ銀行の店舗内に設置されているATMです。駅やショッピングセンター、コンビニなどに設置されているATMでは硬貨の取り扱いはできません。
 

20万円の小銭貯金をゆうちょ銀行に預ける場合、100円硬貨なら2200円、500円硬貨なら550円の手数料がかかる

20万円の小銭貯金をゆうちょ銀行に預けたい場合、100円硬貨であれば2200円の手数料がかかりますし、500円硬貨であれば550円の手数料がかかります。硬貨の種類が増えれば、さらに手数料が増えるでしょう。しかし、窓口利用であれば、硬貨の取り扱いが100枚までなら手数料はかかりません。
 
手数料を節約するためには、「100枚以内での預け入れをこまめに行う」「小銭が貯まったら自宅でお札に両替をして小銭は使う」などといった対策をとりましょう。
 

出典

株式会社ゆうちょ銀行
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集