更新日: 2021.09.30 資産運用

上昇相場の最終段階で左上が直角になる三角持ち合いが現れると、相場は急落しやすい?

執筆者 : 重定賢治

上昇相場の最終段階で左上が直角になる三角持ち合いが現れると、相場は急落しやすい?
前回は、左上が直角の三角持ち合いパターンについてお伝えしました。今回は、これが失敗に終わるケースについて見ていきたいと思います。
 
重定賢治

執筆者:重定賢治(しげさだ けんじ)

ファイナンシャル・プランナー(CFP)

明治大学法学部法律学科を卒業後、金融機関にて資産運用業務に従事。
ファイナンシャル・プランナー(FP)の上級資格である「CFP®資格」を取得後、2007年に開業。

子育て世帯や退職準備世帯を中心に「暮らしとお金」の相談業務を行う。
また、全国商工会連合会の「エキスパートバンク」にCFP®資格保持者として登録。
法人向け福利厚生制度「ワーク・ライフ・バランス相談室」を提案し、企業にお勤めの役員・従業員が抱えている「暮らしとお金」についてのお悩み相談も行う。

2017年、独立行政法人日本学生支援機構の「スカラシップ・アドバイザー」に認定され、高等学校やPTA向けに奨学金のセミナー・相談会を通じ、国の事業として教育の格差など社会問題の解決にも取り組む。
https://fpofficekaientai.wixsite.com/fp-office-kaientai

SBI証券

SBI証券

おすすめポイント

・業界屈指の格安手数料
・ネット証券 口座開設数No.1

左上が直角になる三角持ち合いのパターンのおさらい

左上が直角になる三角持ち合いパターンは下図のような波形です。
 
それまでの上昇相場から1回、2回、3回と天井を試し、最終的に上値抵抗線(レジスタンスライン)を突破した後、再び上昇局面に移行していく流れです。
 

※筆者作成
 

左上が直角になる三角持ち合いパターンの失敗

しかし、このパターンがいつも成立するかというとそうではなく、局面によっては真逆の結果をもたらすこともあります。
 
下の図がその典型的な波形ですが、それまでの上昇相場から1回、2回、3回と天井を試すも、最終的に上値抵抗線(レジスタンスライン)を突破できず、逆に下値のトレンドラインを抜けてしまった結果、相場が下降局面に転じていくケースです。
 

※筆者作成
 
このような失敗は、投資家心理としては、何度も天井にチャレンジしたにもかかわらず上抜けることができないというあきらめと、その後、反落して下方向に抜けていく中で生まれる悲観的な気持ちによって成り立っています。
 

左上が直角になる三角持ち合いは、どのタイミングで現れやすいか

左上が直角になる三角持ち合いパターンが失敗する局面は、相場の波のどこで現れやすいのでしょうか。
 
左上が直角になる三角持ち合いパターンが失敗するということは、一見、強い上昇が生まれるかのように見えた相場が反転し、急落していく場面であるため、下の波形図でいうところの「第V波」や「B波」の頂点で現れやすいといえます。
 

※筆者作成
 
第V波の頂点で現れる場合は、おおよそ、それまでの上昇局面が終わりを迎えるタイミング、つまり、上昇相場から下落相場に移行するトレンド転換が発生する可能性を示唆しています。
 
また、B波で現れる場合は、調整局面の途中の波がB波ですが、この波は「騙し(だまし)の波」であるため、その後に続く下落の波であるC波が訪れることを示唆しています。
 

SBI証券

SBI証券

おすすめポイント

・業界屈指の格安手数料
・ネット証券 口座開設数No.1

まとめ

左上が直角になる三角持ち合いの失敗パターンは、チャート上で登場する頻度がそれほど高い波形とはいえませんが、特に第V波でこれが現れる場合は、トレンド転換が近いことを物語っているため、テクニカル分析上は重要といえます。
 
次回は、左下が直角になる三角持ち合いパターンについて見ていきたいと思います。
 
執筆者:重定賢治
ファイナンシャル・プランナー(CFP)

auじぶん銀行
アメックスグリーンカード