更新日: 2022.02.08 資産運用

単純移動平均線を中心に株価を見ると、割高か、割安かがわかる!?

執筆者 : 重定賢治

単純移動平均線を中心に株価を見ると、割高か、割安かがわかる!?
前回は、単純移動平均線を使って、どのように株価などのトレンドを探っていくかについてお伝えしました。
 
今回は、単純移動平均線の2つ目の活用方法である、株価などの割高・割安の判断について触れていきたいと思います。
 
重定賢治

執筆者:重定賢治(しげさだ けんじ)

ファイナンシャル・プランナー(CFP)

明治大学法学部法律学科を卒業後、金融機関にて資産運用業務に従事。
ファイナンシャル・プランナー(FP)の上級資格である「CFP®資格」を取得後、2007年に開業。

子育て世帯や退職準備世帯を中心に「暮らしとお金」の相談業務を行う。
また、全国商工会連合会の「エキスパートバンク」にCFP®資格保持者として登録。
法人向け福利厚生制度「ワーク・ライフ・バランス相談室」を提案し、企業にお勤めの役員・従業員が抱えている「暮らしとお金」についてのお悩み相談も行う。

2017年、独立行政法人日本学生支援機構の「スカラシップ・アドバイザー」に認定され、高等学校やPTA向けに奨学金のセミナー・相談会を通じ、国の事業として教育の格差など社会問題の解決にも取り組む。
https://fpofficekaientai.wixsite.com/fp-office-kaientai

SBI証券

SBI証券

おすすめポイント

・業界屈指の格安手数料
・ネット証券 口座開設数No.1

割高・割安の判断の仕方

図表1は、株価の推移と単純移動平均線を描いたものですが、株価の推移が黒線、単純移動平均線が緑色の線です。
 
単純移動平均線の目的は、基本的にトレンドを見ることにありますが、視点を変えると、今の株価水準が割高なのか、割安なのかを判断することにも活用できます。
 
【図表1】

※筆者作成
 
例えば、株価が図表1の(1)または(2)の水準にあるとき、その時点における株価は割高なのか、割安なのかを判断するのに単純移動平均線を活用することができます。
 
株価が(1)の水準にある時点を見ると、単純移動平均線よりも株価が大きく上に離れているので、株価の平均的なトレンド(単純移動平均線)と比べると、その時点の株価は割高な水準にあると判断できます。
 
また、株価が(2)の水準にある時点を見た場合、単純移動平均線よりも株価が大きく下に離れているので、株価の平均的なトレンド(単純移動平均線)と比べて、その時点の株価は割安な水準にあると判断することができます。
 
つまり、株価の平均的なトレンドを表す単純移動平均線を中心にして、実際の株価の水準が上下どちらの方向に乖離しているのかを確認することで、その株価が割高な水準にあるか、割安な水準にあるかを見て取ることができるわけです。
 
この乖離の具合を示すテクニカル指標として、「移動平均乖離率」といったものがありますが、これは先ほどの図で見たように目で離れ具合を確認するのではなく、数値で確認するための指標なので、こちらを参考にしてもいいかもしれません。
 

SBI証券

SBI証券

おすすめポイント

・業界屈指の格安手数料
・ネット証券 口座開設数No.1

まとめ

単純移動平均線は、基本的にはトレンドを見るために使うものですが、今回お伝えしたように、株価などの割高感・割安感の具合を見るためにも活用することができます。
 
別の表現をすると、単純移動平均線は株価などのトレンドであるため、その銘柄の「循環軌道」がどのようになっているか、また、傾きに着目して「巡航速度」がどのようになっているかを確認した上で、その時々の株価水準が割高か、割安かを見極めるためのテクニカルツールといえます。
 
この考え方は、多くのテクニカルツールにさまざまな形で応用されているため、投資初心者の方といえども、真剣に投資に向き合っていきたいという場合は、なるべくしっかり理解しておくようにしましょう。
 
循環軌道と巡航速度について少し触れたので、次回はこれらについて補足していきたいと思います。
 
執筆者:重定賢治
ファイナンシャル・プランナー(CFP)

auじぶん銀行
アメックスグリーンカード