CLOSE

キーワードで記事を検索

更新日: 2021.08.18 初めて

お金がないときどうする? すぐにできる解決法7選と避けるべき行動

執筆者 : 鴨志田 大輔

お金がないときどうする? すぐにできる解決法7選と避けるべき行動
鴨志田 大輔

執筆者:鴨志田 大輔

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している

気がつくといつもお金がない、という悩みを抱えている人は多いでしょう。「無駄遣いをしているつもりはないのになぜ?」「どうすれば解決できる?」と悩んでいる人も多くいるのではないでしょうか。
 
お金がない人は、収入・支出の状況のいずれかまたは両方に、自分では気づいていない問題を抱えている場合がほとんどです。
 
そこでこの記事では、お金がない原因を詳しく解説します。また、お金がないときの対処方法ややってはいけないこと、お金に余裕ができたらやるべきこともまとめました。
 
お金がない状況を解決するための糸口として、ぜひ役立ててください。
 

お金がない原因とは

お金がない状況に陥る最も大きな原因は「収入が少なすぎる」ことでしょう。収入が少なすぎる状況では、支出をどんなに抑えてもお金が潤沢にある状態を維持するのは困難です。この場合は、転職なども含めて、収入を増やす努力をする以外に解決方法はありません。
 
一方で、収入が十分にあるにもかかわらず、お金がない状態に陥る人もいます。この場合は、支出の状況に問題があると考えてよいでしょう。
 
具体的には、次のような問題が考えられます。
 

●収入と支出を把握していない
●浪費の割合が多い
●目先の利益を優先してしまう

 
以下で、それぞれ詳しくみていきましょう。

 

収入と支出を把握していない

収入と支出をきちんと把握しないまま、なんとなくお金を使ってしまう人は、お金がない状況に陥りがちです。収入に対して支出が多すぎれば、当然、お金は足りなくなります。「手元のお金がいつの間にかなくなってしまう」という事態を防ぐためには、次のような点を把握し、計画を立ててお金を使うことが大切です。
 

●月にいくら収入があるのか
●固定費はいくらか
●口座や財布にいくら現金があるのか

 

浪費の割合が多い

お金の使い方は大きく「消費」「投資」「浪費」の3つに分けられます。
 

・消費:生活に必要なものに対する支出
・投資:将来のための支出
・浪費:必要のないもの(なくても困らないもの)への支出

 
お金がない状況に陥りやすいのは、3つのうち浪費の割合が多い人です。
 
例えば、コンビニでスナックを買う、自販機でドリンクを買うなどの行動が多い人は、浪費が多くなりすぎている可能性があります。また、使う頻度が低いのに高いプランで携帯電話を契約しているなど、気づかないうちに浪費している場合もあるでしょう。
 
毎月の支出をチェックして浪費を意識して抑えることで、お金がない状況を予防できるはずです。

 

目先の利益を優先してしまう

目先の利益にお金をつぎ込みすぎることも、お金がなくなる原因となります。
 
例えば、次のような行動は一時的には得をした気分になりますが、長期的にみると損をすることもあるため、気を付けたほうがよいでしょう。
 

●入会特典などに引かれて会費が発生するサービスを契約する
●セールの雰囲気に流されて必要でないものを購入する
●クレジットカードの分割払いやリボ払いを利用して高価な買い物をする

 
目先の利益に踊らされず、先々のことまで考えたうえで、慎重に行動することが重要です。

 

お金がないときにすぐ実践したい7つのこと

お金がなくて困ったときに、すぐに実践できる解決方法には、次のようなものがあります。
 

●不用品を売却する
●家族や友人に借金する
●給料の前払いを相談する
●副業で稼ぐ
●生活困窮者自立支援制度を利用する
●クレジットカードのキャッシングを利用する
●カードローンを利用する

 
以下でそれぞれの方法について、詳しく解説します。

 

不用品を売却・フリマアプリの活用

1つ目の方法は、自宅に置いている不用品を売却することです。読み終わった書籍、趣味で使っていた楽器、ブランド服やバッグ、靴など、現在使っていないアイテムを探してみましょう。
 
不用品をジャンル問わず取り扱っているリサイクルショップのほか、ジャンルに特化した買い取り店、フリマアプリなど、最近は不用品売却の手段も多種多様です。コレクターズアイテムならオークションサイトを活用するのもよいでしょう。
 
手元にある不用品を売ることは、手っ取り早く現金を手に入れる方法の1つです。

 

家族や友人に借りられないか聞いてみる

2つ目の方法は、家族や友人にお金を借りられないか聞くことです。家族や友人を頼ることに引け目を感じてしまう人もいるでしょう。しかし、早急にまとまった現金を用意しなければならない状況なら、頼ってみるのも一つの手です。
 
ただし、身近な人からの借金はその後の信頼関係に関わってくるため、返済計画書や借用書を自分で用意して誠意を伝えましょう。
 
後々にトラブルにならないよう、条件をきちんと取り決めておくことも大切です。

 

給料を前払いできないか会社に相談する

3つ目の方法は、給料の前払いを会社に相談することです。会社によっては、今後発生する予定の給料の一部や働いた日数分だけを給料日前に支払ってくれる、前払い制度を導入しているケースがあります。
 
あくまでも導入している会社でのみ利用できる制度なので、一度勤務先に問い合わせてみましょう。

 

副業で稼いで現金を手に入れる

4つ目の方法は、副業で稼ぐことです。最近はスマートフォンやパソコンを使ってできる在宅ワークも増えています。現金を手に入れるまで少し時間を要しますが、能力によっては高い報酬を得ることも可能です。
 
また、コールセンターやデータ入力、倉庫内作業、食品・携帯の販売スタッフなどのアルバイトなら、即日払いで給料を受け取れるケースもあります。副業が認められている職場に勤めている場合、本業以外の時間を有効活用しましょう。

 

生活困窮者自立支援制度を利用する

5つ目の方法は、生活困窮者自立支援制度の利用です。生活困窮者自立支援制度とは、働きたくても働けない人や住む場所がない人など「生活保護を受けてはいないが保護に至る恐れのある人」に向けて発足した制度です。
 
生活困窮者自立支援制度では、住宅確保給付金の支給や就労に関する支援、家計改善支援、一時的な衣食住の支援などが受けられます。「仕事がなくて住む場所もない」など根本的に困っている人は、市町村の相談窓口に連絡してみましょう。

 

クレジットカードのキャッシングを利用する

6つ目の方法は、クレジットカードのキャッシングを利用することです。
 
クレジットカードを所有していてキャッシング枠がついている人は、すぐに現金を借りられます。手元のクレジットカードにキャッシング枠がついているかどうかは、利用明細をチェックするか、サポートセンターに問い合わせることで確認可能です。
 
ただし、キャッシングで借りたお金は、返済しなければなりません。また、借りていた期間に応じて利息も加算されます。無理なく返済できるよう、安易に大きな金額を利用するのは避けましょう。

 

カードローンの利用を考える

7つ目の方法はカードローンの利用です。消費者金融や銀行などのカードローンを契約すると、利用限度額の範囲でいつでも現金を借りられます。大手消費者金融の場合、金利は高めですが申し込んだ当日に借り入れできるケースも多いです。
 
また、借り入れした日から30日間は無利息にするサービスを展開している消費者金融もあるため、すぐに返済できるあてがあれば利息なしで現金を借りられます。

 

アプリで簡単! お金がないときすぐに使えるカードローン

お金がないときの解決手段のひとつとして、カードローンの利用があります。カードローン会社によって、借り入れまでにかかる時間や借り入れ方法などに差があるため、よく検討して、目的に合ったカードローンを選びましょう。
 
ここでは、即日融資が可能で、申し込みから借り入れまでインターネットやアプリから手続きできるカードローンを3社紹介します。

 

SMBCモビット

SMBCモビットは、24時間インターネットで申し込み可能。最短30分で審査の結果がわかります。また、「WEB完結」申込を利用するとカードレスで利用できるため、カードの発行を待たず、即時に利用を開始できます。
 
コンビニなどの提携ATMのほか、パソコンやスマホからも借り入れできるため、急に現金が必要になった場合や、すぐに口座残高の補塡(ほてん)が必要な場合も安心です。
 
参考記事:SMBCモビット カードローン(特徴、金利、審査、限度額など)|ファイナンシャルフィールド
出典:カード申込:カードローン、キャッシング、ローンはSMBCグループのSMBCモビット
 

公式サイトで申し込み

SMBCモビット

おすすめポイント


「WEB完結」申込みなら、電話連絡なし
お申込から契約後の借入まで誰とも顔をあわせません
・お近くの銀行、コンビニ、ネットで24時間ご利用可能

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 10秒簡易審査
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 即日融資

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

アイフル

アイフルは、24時間インターネットで申し込みができ、最短25分で融資が可能なカードローンです。申し込み・借り入れ・返済・利用状況確認などすべての操作が可能なスマートフォンアプリが用意されているため、複雑な手続きをすることなく手軽に利用できます。
 
また、初めての利用の場合は最大30日間利息0円なので、短期間だけ借りたい場合におすすめです。
 
参考記事:アイフル キャッシングローン(特徴、金利、審査、限度額など)|ファイナンシャルフィールド
出典:キャッシングのアイフル|キャッシング、カードローン、融資なら消費者金融のアイフル
 

公式サイトで申し込み

アイフル

おすすめポイント

WEB完結(郵送物一切なし)
・アイフルならご融資可能か、1秒で診断!
最短1時間でご融資も可能!(審査時間込)

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 1秒診断(※)
WEB完結 無利息期間 融資スピード
※融資まで 30日間 最短25分

※お申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
※診断結果は、入力いただいた情報に基づく簡易なものとなります。
 実際の審査では、当社規定によりご希望にそえない場合もあります。

 

アコム

アコムはインターネットで申し込みができ、最短60分で借り入れ可能なカードローンです。申込時の書類提出がアプリでできるため、借り入れまでの手続きも簡単です。
 
また、24時間365日借り入れできるため、お金がない状況にもいつでも対応可能。初めての利用時には契約から30日間の無金利期間があるため、短期間の利用に向いています。クレジット機能付きのカードもあるため、ショッピングとの使い分けも可能です。
 
参考記事:アコム カードローン(特徴、金利、審査、限度額など)|ファイナンシャルフィールド
出典:キャッシングのアコム|カードローン、キャッシングならアコム
 

公式サイトで申し込み

アコム

image

おすすめポイント


最大30日間金利0(ゼロ)円 サービス!
・カンタン3項目入力の ≪3秒診断≫でスグわかる
・パソコン、携帯から24時間お申込み受付

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 最短30分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 30日間 最短即日融資

 

お金がないときに気をつけること・避けること

お金がなくて困ったときには、なんとかしてお金を工面しようと焦ってしまうこともあるでしょう。しかし、手段を誤ると、かえって金銭的に苦しくなったり、トラブルに巻き込まれたりする可能性があるため、注意しなければなりません。
 
特に以下のような行為は、意識して避けたほうがよいでしょう。
 

●クレジットカードのリボ払い
●カードローンで多額の借り入れ
●ギャンブルや宝くじの購入
●ヤミ金会社からの借り入れ

 
以下で、それぞれ説明します。

 

クレジットカードのリボ払い

現金が手元になくても、クレジットカードの「リボ払い」を利用するのは避けましょう。リボ払いとは毎月一定額を金利と一緒に返済する方法です。
 
リボ払いは毎月の返済額が一定のため、一見すると返済負担が軽いように思えます。しかし、クレジットカードを利用した分だけ利用残高が加算されていくため、支払期間が長期化しがちです。結果的には利息が膨らみ、返済総額も大きくなってしまいます。

 

カードローンで多額の借り入れ

カードローンで多額の借り入れをするのはやめましょう。カードローンは申し込んだ当日に現金が手に入り、希望すると銀行口座に振り込んでもらえるなど便利なサービスですが、あくまでも借金です。
 
借入金額が大きくなると、その分借金が増え利息も高額になるため、完済するまでに長い期間がかかることもあります。カードローンを利用する際は、短期間で返済できる金額を借り入れるようにしましょう。

 

ギャンブルや宝くじの購入

お金がないときに、一発逆転を狙える方法で現金を手に入れようと考えてしまう人も多いです。しかし、お金がないときにギャンブルを利用することはやめましょう。また、宝くじもギャンブルに該当するので購入を控えてください。
 
ギャンブルや宝くじは運営側の利益を確保したうえで還元される仕組みのため、必ず大きなリターンがあるわけではありません。むしろつぎ込んだ分をすべて失う可能性も高いです。あくまでも手元のお金に余裕があるときに、娯楽として楽しんでください。

 

ヤミ金会社からの借り入れ

ヤミ金とは、出資法に違反して高い金利で貸し付けを行う人や業者を指す言葉です。貸金業に登録せず、違法に融資を行っている業者も存在します。カードローンの審査に落ちた人にも現金を貸す場合がありますが、金利は法外に高額です。
 
お金がない場合でも、決して手を出さないようにしましょう。

 

お金を確保できたらやっておくべきこと

お金に余裕ができたら、全てを普段の生活や娯楽に使うことはやめましょう。お金があるときにしかできないことをして、有効に活用するのがおすすめです。特にやっておくべきなのは、次の2つです。
 

●自己価値を高めるために投資する
●貯蓄に回す

 
以下でそれぞれについて詳しくみていきましょう。

 

資格取得や知識を取り入れて自己価値を高める

一時的にまとまったお金を確保できたら、そのお金を元手に、自分の価値を高める行動を起こしましょう。
 
一時的に手元のお金が少なくなるかもしれませんが、これは浪費ではなく投資です。資格取得のための勉強をするなど新たな知識を取り入れることで、現在の給料を上げられるケースがあります。
 
また、よりよい職場への転職も可能となり、給料の増加が見込めます。お金があるうちに自己価値を高めて、稼ぐ力を高めましょう。

 

余裕ができたら貯蓄に回す

お金に余裕が出てきたら、余った分は貯蓄に回しましょう。お金は意識しないと貯まりません。あるだけ全てを使うことが習慣になると、再び「必要なときにお金がない」というトラブルに陥ってしまいます。
 
貯蓄に回す方法としておすすめなのが、定期預金、財形貯蓄制度、社内預金制度の3つです。さらに余裕があるなら、投資信託や個人型確定拠出年金でお金を増やす方法も試してみましょう。

 

お金がないときによくあるQ&A

最後に、お金がない人が疑問に思うことが多い次の2点について、Q&Aで回答します。
 

●学生でもカードローンを借りられるのか
●即日でお金を用意する手段はあるか

 
お金がないときは、どうやって必要なお金を用意すればよいのか不安になることも多いものです。以下の回答を、お金がない状況を解決するための参考にしてください。

 

カードローンは学生でも借りられますか?

消費者金融カードローンや銀行カードローンの多くは「安定した(定期的な)収入があること」「20歳以上であること」を、申し込みの条件に掲げています。
 
そのため、20歳を超えていてアルバイトなどの定期的な収入があれば、学生でもカードローンの利用が可能であると考えてよいでしょう。
 
また、学生専門に融資を行う「学生ローン」のなかには、年齢要件を「高校卒業以上」としているものもあります。ただしこの場合も、安定した収入があることが利用の条件です。

 

即日でお金を用意する方法はありますか?

大手消費者金融の多くが、最短で即日融資が可能なカードローンを提供しています。申し込み方法などによって初回利用までにかかる期間が異なる場合があるため、申し込み前によく確認して、最短での借り入れが可能な方法で申し込みましょう。
 
また、キャッシング機能付きのクレジットカードを持っている場合は、キャッシングを利用することで、即日現金の借り入れが可能です。

 

お金がない人は原因から見つめ直そう

慢性的にお金がない状況に陥っている人や、気がつくとお金がなくなっている人には、必ずお金がなくなる何らかの理由があります。ご自身の収入や支出の状況を振り返り、改善点を洗い出すことで、お金がない状況の緩和や解消が望めるでしょう。
 
お金がないからといって安易な手段で解決しようとすると、余計に金銭的に苦しい状況を招くこともあります。リボ払いの利用や多額の借り入れなど、一時的な解決にしかならない方法は、できるだけ避けたほうがよいでしょう。
 
この記事で紹介した解決手段などを参考にして、適切な方法でお金の流れを正常化することが、お金がない状況を打破する近道になるはずです。

 
執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー

【PR】Pick UP カードローン SMBCモビット
【PR】Pick UP カードローン SMBCモビット