CLOSE

キーワードで記事を検索

更新日: 2021.08.18 返済

プロミスでお金を借りた後の返済方法と返済利息を少なくする方法を解説

執筆者 : 鴨志田 大輔

プロミスでお金を借りた後の返済方法と返済利息を少なくする方法を解説
鴨志田 大輔

執筆者:鴨志田 大輔

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している

消費者金融最大手のプロミスは、業界の先陣を切ってサービス拡張に努めています。では、利用者は豊富なサービスを使いこなせているでしょうか。
現在借りている人に向けて、プロミスの充実した返済方法についてお知らせします。

プロミスの返済方法は何通りある?

プロミスは、借入れの方法が様々あり、返済方法も多様です。
メインの返済方法は、下記の通りです

・インターネット返済
・口座振替
・店頭窓口
・プロミスATM
・コンビニ(マルチメディア端末)

 

(1)インターネット返済

24時間いつでもご返済ができ、ATMや店頭などに行く必要もないので便利です。

■メリット
・振込み手数料0円
・追加融資がすぐに可能ですご利用できるインターネットバンキングは
・三井住友銀行
・三菱UFJ銀行
・ジャパンネット銀行
・みずほ銀行
・楽天銀行

 

■返済ステップ
STEP1:会員サービスにログイン
STEP2:返済ボタンクリック
STEP3:返済金額を指定
STEP4:金融機関を選択
STEP5:金融機関へログイン(取引銀行での対応)
STEP6:振込み実行
となっており、大変便利な返済方法です。

 

(2)口座振替

指定口座からご返済額を自動的に引き落としする返済方法です。一度設定してしまえば、後は楽!手間いらずです。

■メリット
・手数料0円
・自動引きとしで楽

 

■返済ステップ
STEP1:会員サービスログイン
STEP2:口座振替の手続きボタンクリック
STEP3:金融機関選択
STEP4:指定金融機関ログイン、口座振替申し込みここでのポイントは、金融機関毎に返済期日などが違う点です。

 

image

自分がどの金融機関を使用するかで、選べる返済期日なども違うのでチェックしましょう!

(3)店舗窓口&プロミスATM

こちらの方法は実際に足を運んで返済をする方法です。プロミス自社ATMやプロミスと提携している銀行ATMから返済が可能です。
・プロミス自社ATM:7:00~24:00 ※ATMにより営業時間、休日が異なります。
・提携銀行ATM:9:00-21:00(店舗で異なる)
ポイントは、3つ。
土日や祝日もあいており、手数料無料で利用が可能であるのがプロミス自社ATMであるという事と、2つとも夜間に返済はできないということ、提携銀行ATMは三井住友銀行以外のATMだと手数料があるという点です。
まずは夜間に返済などのケースはインターネットなどを活用しましょう。
また、プロミスが提携しているATMは数多くあります。しかし、ここで注意は手数料の面です。お取引額に応じて108~216円がかかるので注意してください。

image

 

(4) コンビニ(マルチメディア端末)

ミニストップ、ファミリーマートに設置されている端末より返済が可能です。

■メリット
手数料が0円で利用が可能!!

手順に関しては、それぞれ違います。詳細は下記のURLよりご確認ください。
・ミニストップ Loppi
・ファミリーマート ファミポート
自分の生活の中にあるシーンに合わせた返済方法を選んで利用する事がいいかもしれませんね!

プロミス返済日はいつ? 選べる?

プロミスでは、月1回の返済日が決まっており、返済方法によって日にちが異なります。アコムやアイフルのように「35日ごとの返済」という方式は用意されていません。

①口座引き落としの場合は毎月5日だが、選べるユーザーも

基本的に、口座引き落としを選択すると毎月5日が返済日となります。ただし、プロミスと同じSMBCグループである、三井住友銀行、ジャパンネット銀行からの引き落としの場合、以下4種類の引き落とし日を選べます。
・5日
・15日
・25日
・末日
引き落とし日が銀行休業日の場合は、返済日は翌営業日になります。クレジットカードの場合、返済日が遅くなると利用者にとって有利ですが、カードローンの場合は、遅ければそれだけ利息が付きますので、有利にはなりません。

②それ以外の返済方法の返済日

口座引き落とし以外の返済日は共通です。契約時に次の4種類から選べます。
・5日
・15日
・25日
・末日
該当日が土日祝日の場合は、次の平日が返済日となります。
なお、返済日はあくまでも「返済をしなければならない最終日」です。前月の返済日の翌日から次の返済ができますので、早めにスケジュールを立てて、確実に返済を実行していきましょう。

返済ができない場合に生じるリスク

ローンを利用するには、信用が極めて大事です。返済遅れなどしないように気を付けましょう。
口座引落しの場合は少額の積立預金などを引き落とし口座にしておくことを、またそれ以外の返済の場合は1か月前倒しで返済することをお勧めしました。
では、返済が遅れるとどうなるでしょう。最悪のケースからご紹介します。
2~3か月支払わなかった場合は、俗にいう「ブラック」入りします。個人信用情報に金融事故として記録されるのです。こうなると、持っているクレジットカードはすべて強制解約になりますし、その後少なくとも5年間は、ローンも一切組めなくなります。
そして、返せない借金については、給与の4分の1を差し押さえられたりします。民事訴訟を提起されることもあります。
もちろん、その前に督促がありますし、勤務先に社名を出して電話が掛かってくることもあります。そこまでひどくはない、1か月に満たない滞納であれば、返済遅れの日数について遅延損害金を支払わされる程度で済みます。必ずしも、個人信用情報に滞納が記録されるとも限りません。
ですが、プロミスにとっては、滞納をする人は優良顧客ではありません。こうなってしまうと、将来限度額をアップしてもらうことは絶望的です。くれぐれも気を付けましょう。

プロミスの返済で利息を少なくする方法

「月々これだけ返せばいい。あとは使っていい」。借金をした後陥りがちな考え方です。借金がある以上、利息が発生します。利息は、極力発生させないことです。
その方法は簡単で「多めに返すこと」です。多めに返せば、それだけ元本に対して弁済されますので、利息がその分発生しなくなるわけです。
余力がある限り、どんどん返済していきましょう。返済方法がATMやインターネットの場合は、できるだけ多めに入金しましょう。借入が長期化するとどのくらい利息がかかるのか、プロミスの公式サイトにあるシミュレーションを使った例を見てみましょう。

50万円借入のケース

50万円を「60か月間」で返済すると、利息合計は258,514円です。
5年間かかって返すと、実に元本の半分に相当する利息が発生するのです。一方、同じ50万円を「24か月間」で返済するとします。この場合、利息合計は97,923円です。
返済期間によって、利息がまったく違うことがわかります。

プロミスには無利息期間がある

プロミスの場合は、最初の借入について無利息期間があります。契約後すぐに借入しなくても適用されます。無利息期間を受けられる要件は簡単で、次のふたつです。

・メールアドレスを登録
・書面の受取方法をWeb明細にすること

無利息期間は30日間です。返済は通常どおり行わなければなりませんが、この期間についての返済は、すべて元本に充当されるわけです。
30万円を借りた場合、30日間の利息は通常、以下のとおりです。
300,000×17.8%÷365×30=4,389
4,389円の利息がそっくり発生しなくなるのですから、実に助かります。

まとめ

サービスが充実している、プロミスの返済について見てきました。プロミスの特長をまとめますと次のとおりです。

・手数料無料の返済方法が充実している
・インターネット返済で、いつでも返済ができる

ご利用は計画的にする事が一番です。利息分を減らす為には、余裕のあった際に多く返済する事を覚えておきましょう!
執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー

【PR】Pick UP カードローン プロミス
【PR】Pick UP カードローン プロミス