CLOSE

キーワードで記事を検索

更新日: 2022.10.12 借入

プロミス借り入れの流れとは? Web申し込み、審査、契約方法を解説

プロミス借り入れの流れとは? Web申し込み、審査、契約方法を解説
プロミスのカードローン利用を考えていて「プロミスの申し込み方法や借り入れの流れを知りたい」「契約方法について教えてほしい」など疑問を持っている方は多いのではないでしょうか。
 
プロミスでは、瞬フリ(振込キャッシング)やプロミスコール、店頭窓口(お客様サービスプラザ)、プロミスATM、提携ATMなど多くの借り入れ方法があり、都合に合わせて選択できます。
 
本記事では、プロミスの申し込みや契約方法、借り入れ方法、流れについて解説します。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

公式サイトで申し込み

プロミス

promise

おすすめポイント

最短25分の即日融資も可能
・借りられるか?まずは3秒でかんたん借入診断
Webなら24時間お申し込み可能
融資上限額 金利 審査時間
最大500万円 4.5%~17.8% 最短25分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 30日間 最短25分融資も可能

詳細

公式サイトで申し込み

・お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。
・高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

プロミスの申し込みから借り入れまでの流れ

プロミスは、申し込みから借り入れまで3ステップで進められます。申し込み・契約はWebや郵送、店舗など、複数の方法に対応しているので、都合に合わせて選択できます。スピーディーに進めたい場合の申し込み・契約はWebがおすすめです。借り入れ方法も複数から選択可能です。
 
ここでは、プロミスの申し込みから借り入れまでの流れについて確認していきましょう。

 

ステップ1:申し込みと審査

プロミスはWebやプロミスコール、自動契約機、郵送などで申し込みできます。
 
Web申し込みは24時間365日受付可能なので、パソコンやスマホを使っていつでも申し込みができます。日中は仕事で忙しい方でもいざというとき安心です。
 
申し込みの際は、名前や住所、口座情報などの入力と本人確認書類や収入証明書類の提出が必要になります。
 
必要書類は、画像をアップロード、または「アプリでかんたん本人確認」で簡単・スピーディーに提出が可能です。本人確認書類を印刷して郵送する手間はかかりません。
 
必要事項の入力、書類の提出が終われば審査が行われます。審査結果は希望の方法(メール・電話)で連絡があります。

 

ステップ2:契約手続き

審査を通過した場合は契約手続きへと進みます。契約方法は、申し込み方法によって、図表1のように異なります。
 
図表1

申し込み方法 契約方法
Webからの申し込み Web、店舗
プロミスコールからの申し込み 郵送、店舗
郵送での申し込み 郵送
店舗での申し込み 店舗

 
Web契約の場合は「カード発行なし」を選択して、カードレスで利用することも可能です。カードなしを選択した場合でも、あとからカードを発行することもできます。
 
郵送の場合は契約書類とカードが郵送で届きますので、契約書類を記入し、必要書類のコピーを返送します。店舗で契約する場合は、スタッフから商品やサービスについて説明を受けられます。

 

ステップ3:借り入れ

契約手続きが完了したら、借り入れができます。プロミスの借り入れ方法は、次のとおりです。
 

・瞬フリ(振込キャッシング)
・プロミスコール
・店頭窓口(お客様サービスプラザ)
・プロミスATM
・提携ATM

 
瞬フリはパソコンやスマホで会員サービスにログインをすると手続きができ、最短10秒程度で指定の口座に振り込まれます。振込手数料は無料なうえに、24時間利用可能です。
 
Web申し込み・契約でカードレスの場合でも、プロミスのスマホアプリを利用すれば、セブン銀行ATMやローソン銀行ATMで借り入れできます。店頭窓口(お客様サービスプラザ)では、不明点を相談することも可能です。
 
返済のことも考え、計画的に借り入れをしましょう。

 

プロミスの申し込み方法は5種類

プロミスのカードローンは、Webやプロミスコール、自動契約機、郵送、店舗と5種類の方法で申し込みができます。それぞれの方法で申し込みの手順や受付時間が異なりますので、事前に把握しておきましょう。ここでは、プロミスの5種類の申し込み方法について確認していきます。申し込みの流れを確認し、自分に合った方法を選択してください。

 

Webからの申し込み

プロミスのカードローンはWebから申し込みができます。Web申し込みは24時間365日受付可能で、スピーディーに進められるのが魅力です。パソコン・スマホどちらからでも申し込みできます。
 
以下は、Webから申し込みをする場合の流れです。
 

  • 1.プロミスの公式サイトにアクセスする
  • 2.「今すぐ申し込み」をクリック
  • 3.名前や住所など必要情報を入力する
  • 4.アップロード、または「アプリで簡単本人確認」で必要書類を提出する
  • 5.審査結果は希望の方法(メール・電話)で連絡がある

 
とにかく早く借り入れしたい方は、Web申し込みがおすすめです。カードレスで進めることができ、店頭窓口や自動契約機でローンカードを受け取ることが可能です。

 

プロミスコールからの申し込み

プロミスコールからカードローンの申し込みができます。プロミスコールは通話料無料で、受付時間は9~21時(土日祝日も可)です。受付時間が比較的長いため、日中は忙しい方でも安心です。
 
プロミスコールから申し込みをする流れは、次のとおりです。
 

  • 1.プロミスコール(0120-24-0365)または女性専用ダイヤル・レディースコール(0120-86-2634)へ連絡する
  • 2.スタッフに名前や生年月日など審査に必要な情報を伝える
  • 3.審査結果の連絡がある

 
女性であれば女性専用ダイヤル レディースコールを利用できます。プロミスコールから申し込みをした場合は、契約方法を店舗または郵送から選択可能です。インターネットの利用が得意でない方は、プロミスコールからの申し込みが安心です。

 

自動契約機からの申し込み

店舗の自動契約機を使ってカードローンの申し込みができます。自動契約機の受付時間は9~21時で土日祝日も受付しています。自動契約機であれば、誰にも会わずに申し込み、契約を進めることが可能です。
 
自動契約機からの申し込みの流れは、次のとおりです。
 

  • 1.プロミスのサイトで自動契約機のある店舗を探す
  • 2.必要書類を用意して店舗に行く
  • 3.指示に従いタッチパネルで申し込みをする
  • 4.審査中はカードの利用方法の説明ビデオが流れる

 
自動契約機の場合は、その場で契約手続きやカードの受け取りができます。申し込みをして、その場でカード受け取りまで済ませたい方にぴったりの方法です。

 

郵送での申し込み

時間があり、インターネットが得意ではない方におすすめなのが郵送での申し込みです。郵送による申し込みであれば、誰にも会わずに申し込み・契約手続きを進められます。
 
郵送での申し込みの流れは、次のとおりです。
 

  • 1.インターネットまたはプロミスコールから申込書を請求する
  • 2.届いた申込書に必要事項を記入して必要書類と一緒に郵送する
  • 3.指定連絡先に審査結果の連絡がある

 
郵送申し込みの場合、契約手続きの方法も郵送です。契約書類とカードが簡易書留郵便で届きますが、差出人名は「事務センター」となっており、家族や同居人にプロミス利用がバレにくい配慮がなされています。

 

店舗での申し込み

プロミスは、店舗(お客様サービスプラザ)でも申し込みができます。受付時間は10~18時(平日)です。プロミスのスタッフに、利息や返済について相談できるため、その場で不明点や疑問点を解消できます。
 
店舗での申し込みの流れは、次のとおりです。
 

  • 1.プロミスのサイトで最寄りの店舗を調べる
  • 2.必要書類を用意して店舗へ行く
  • 3.スタッフから審査に必要な項目を尋ねられるので回答する4.審査結果はその場で通知される

 
店舗での申し込みは、その場で契約手続きやカードの受け取りができます。インターネットが得意ではない方やその場でカードを受け取りたい方におすすめです。
 

プロミス

promise

おすすめポイント

最短25分の即日融資も可能
・借りられるか?まずは3秒でかんたん借入診断
Webなら24時間お申し込み可能
融資上限額 金利 審査時間
最大500万円 4.5%~17.8% 最短25分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 30日間 最短25分融資も可能

詳細

公式サイトで申し込み

・お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。
・高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

 

プロミスの審査に必要な書類

プロミスのカードローン審査で必要な書類は、運転免許証などの「本人確認書類」です。運転免許証の有無や契約方法などによって提出書類が異なります。
 
希望借入額が50万円を超える場合や、他社の利用残高と合わせて100万円を超える場合は収入証明書類も提出が必要です。
 
ここでは、プロミスの審査に必要な書類について詳しく見ていきましょう。

 

本人確認書類

プロミスで必要になる本人確認書類は、以下のとおりです。
 

「運転免許証を持っている場合」

●運転免許証

 

「運転免許証を持っていない場合」

●パスポート、または健康保険証+住民票
 
※外国籍の方は「在留カード」または「特別永住者証明書」も必要です。
※住民票が手元にない場合は「健康保険証」+「公共料金の領収書」などでも審査ができます。

 
また、上記書類に記載された住所と現在住んでいる自宅住所が異なる場合は、以下のいずれかの書類が必要です。
 

・公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行分)
・住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書
・国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
・社会保険料の領収書

 
プロミスでは、契約方法によって必要書類の数や内容が異なりますので、申し込みをする前に公式サイトで必ず確認しましょう。
 
なお、マイナンバー(個人番号)が記載されている書類や健康保険証を提出する場合は、マイナンバーや保険者番号、QRコード、記号、番号などが見えないように加工してください。

 

収入証明書が必要になることも

プロミスでは、以下の条件に該当する場合に収入証明書類の提出が必要です。
 

・希望借入額が50万円を超える
・希望借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超える

 
収入証明書類が必要な場合は、次の書類の中から1点用意してください。
 

・源泉徴収票(最新)
・確定申告書(最新)
・税額通知書(最新)
・所得証明書(最新)※収入額・所得額の記載があるもの
・給与明細書(直近2ヶ月分)+賞与明細書(直近1年分)

※賞与明細書がない場合は直近2ヶ月分の給与明細書のみを用意してください。

 
上記条件に該当しない方は、収入証明書類の提出は不要です。

 

プロミスの借り入れの流れ

プロミスでは、店頭窓口や提携ATM、アプリローン、瞬フリ(振込キャッシング)などの方法で借り入れができます。それぞれの借り入れ方法で特徴や利用方法が異なりますので、事前に把握しておくと、その都度最適な方法での借り入れが可能になります。
 
ここでは、プロミスの借り入れ方法や流れ、特徴について見ていきましょう。

 

店頭窓口や提携のATM

プロミスのカードローンは、店頭窓口(お客様サービスプラザ)や提携ATMで借り入れができます。店頭窓口であれば、スタッフに質問や相談ができるため、不明点や疑問点を解消することが可能です。返済計画について相談することも可能です。最寄りの店舗は、プロミスのサイトで調べられます。
 
また、全国の提携金融機関ATMでも借り入れができます。利用時間は金融機関によって異なりますので、事前に確認をしておきましょう。

 

「アプリローン」をスマホで操作

プロミスが提供するアプリローンで借り入れすることができます。アプリローンを利用すれば、申し込みから借り入れまでをスマホで完結できるため、手軽でスピーディーに進めることが可能です。書類が自宅に届くことはなく、郵送する必要もないため、誰にも知られずに申し込みや借り入れができます。
 
アプリローンは、プロミスのアプリをダウンロードして利用します。アプリを使って申し込みを考えている方や、インターネットですべて完結したい方におすすめです。

 

瞬フリ(振込キャッシング)

瞬フリ(振込キャッシング)は、指定口座に振り込みをするサービスです。24時間365日いつでも申し込みができ、最短10秒で振り込みが完了します。瞬フリはプロミスの会員ページから申し込みが可能です。
 
振込手数料は無料で、全国約200の金融機関で土日や夜間問わず利用できるので便利です。

 

プロミスの申し込みについてのQ&A

プロミスカードローンについて「即日融資は受けられる? 」「返済方法は? 」など、疑問がある方も多いようです。疑問点や不明点をなるべく減らすことで、安心してカードローンを利用でき、申し込みや返済手続きもスムーズに進められるでしょう。
 
ここでは、プロミスの申し込みについて、よくある疑問点や不明点をQ&Aで紹介します。

 

即日の融資を受けられる?

プロミスのカードローンは最短25融資が可能です。即日融資を受けたいのであれば、Webまたはアプリによる申し込みがおすすめです。他の申し込み方法の場合、手続きに一定の時間を要し融資までに時間がかかる場合があります。
 
Web・アプリであれば、パソコンやスマホを使っていつでも申し込みができます。近くに店舗や自動契約機がない場所でも問題ありません。申し込み~契約手続きまでWeb・アプリで完結でき、借り入れは瞬フリや近くのATMを利用できます。
 
カードレスで郵送物もないため、スピーディーに即日融資を受けることができます。

 

申し込みはWebで完結できる?

プロミスカードローンの申し込みはWebで完結できます。Web申し込みは24時間365日受付可能で、郵送物がなく、カードレスで利用できるのが魅力です。誰にも知られずに申し込みや借り入れができます。
 
プロミスのサイトから申し込みを行い、必要事項の入力と必要書類の提出をすると、審査へと進みます。必要書類は、スマホのカメラで撮影して送信するだけと簡単で郵送する手間もありません。審査結果はメールか電話で連絡があり、契約手続きもWeb上で完了できます。
 
申し込み~契約、借り入れ手続きまでWeb上で完結できるので、忙しい方でも安心です。

 

30日間なら無利息で借りられるのは本当?

プロミスのカードローンは30日間無利息で利用することが可能です。無利息サービスが適用されるのは、以下の条件を満たす方です。
 

・プロミスを初めて利用する方
・メールアドレスの登録・Web明細を利用する方

 
条件を満たす場合に、一度だけ30日間無利息サービスが適用されます。初回利用日の翌日から30日間が無利息となり、期間内に返済をすれば利息は1円もかかりません。期間終了後は通常利息(4.5~17.8%)がかかります。
 
プロミスを初めて利用する方は、30日間無利息サービスを利用しましょう。

 

審査の流れは? 審査結果の連絡方法は?

審査結果の連絡方法は、以下のように申し込み内容によって異なります。
 
図表2

申し込み方法 審査結果の連絡方法
Webからの申し込み メールか電話を選択
プロミスコールからの申し込み 電話
郵送での申し込み 電話
店舗での申し込み その場で回答

 
審査の混み具合や申し込み内容などでも異なりますが、審査にかかる時間は最短で25分です。ただし、申し込みを行った時間が遅い場合は、翌日以降の審査結果、契約手続きとなります。急いでいる場合は早めの時間に申し込みましょう。

 

返済の流れは? どんな方法がある?

プロミスでは、次の方法で返済ができます。
 

・インターネット返済
・口フリ(口座振替)
・店舗(お客様サービスプラザ)
・プロミスATM
・コンビニ(マルチメディア端末)
・提携ATM
・銀行振込み

 
インターネット返済は24時間365日返済ができ、手数料は無料です。約1100の金融機関に対応しており、最短10秒で返済ができます。口フリ(口座振替)は、返済日に指定の金融機関口座から自動引き落としとなるため、うっかり忘れを防げます。手数料もかかりません。
 
店舗(お客様サービスプラザ)は、手数料無料で返済ができ、不明点や疑問点があればスタッフに相談できます。プロミスATMは、土日でも返済ができ、手数料は無料です。コンビニ(マルチメディア端末)も土日返済が可能で手数料は無料、24時間いつでも返済ができます。プロミスのステッカーがある提携ATMや銀行振込みでも返済が可能です。
 
例えば、インターネット返済の場合は、次の流れで進めます。
 

  • 1.会員サービスログイン
  • 2.インターネット返済の手続きボタンを選択
  • 3.返済金額を指定
  • 4.金融機関を選択
  • 5.金融機関へログイン
  • 6.振り込み実行

 
返済方法が豊富なので、都合に合わせて選択できます。

 

プロミス利用の流れは初めてでも簡単

プロミスは、Webやアプリ、郵送、店頭窓口など、さまざまな方法で申し込みや借り入れができます。Web完結であれば、カードレスで郵送物もないので誰にも知られずに借り入れ可能です。
 
また、プロミスを初めて利用する方で、メールアドレス登録とWeb明細を利用する場合は、30日間無利息サービスが適用されるのでお得です。
 
プロミスは初めての方でも簡単に利用できます。自分に合った方法で申し込み・借り入れを行いましょう。

 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部


 

公式サイトで申し込み

プロミス

promise

おすすめポイント

最短25分の即日融資も可能
・借りられるか?まずは3秒でかんたん借入診断
Webなら24時間お申し込み可能
融資上限額 金利 審査時間
最大500万円 4.5%~17.8% 最短25分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 30日間 最短25分融資も可能

詳細

公式サイトで申し込み

・お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。
・高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。