CLOSE

キーワードで記事を検索

更新日: 2021.08.18 借り換え

カードローンの借り換えって何? メリット・デメリットも解説

カードローンの借り換えって何? メリット・デメリットも解説
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

カードローンを利用していると、「借り換え」や「おまとめ」などの言葉を耳にする機会はあるものです。カードローンの借り換えは、今利用しているカードローンより有利な条件のカードローンで新しく借りて、これまでの借入を返済することを表します。
 
カードローンを借り換えることでたくさんのメリットやデメリットがあるので、何を基準に借り換えるのかをしっかり考えた上で借り換えることが必要です。
 
この記事では、カードローンの借り換えとは何なのか、メリット・デメリットを紹介していきます。
 
現在カードローンを利用している人なら役立つ内容です。より有利にカードローンを利用するためにも、しっかり読んでいってください。
 

カードローンの借り換えとは新たに借りてこれまでのカードローンを返済すること

カードローンの借り換えでは、新たに別のローンを借りて、借りた費用を使ってこれまでのカードローンを返済します。利用するカードローンの内容によって、得られる効果が異なりますので、見ていきましょう。
 

金利が低いカードローンで借り換えた場合

現在よりも金利が低いカードローンに借り換えることで、毎月の利息が少なくなります。借入残高自体が減らせるわけではないものの、利息が少なくなることで、最終的な返済総額が減ることにつながります。
 
ただし借り換えた時点での利息を加えた金額が、新たな借入額となりますので、残高が少ない場合などはかえって負担が大きくなる場合もあるので注意しましょう。
 
特に借入額が大きい場合や長期に借り入れる場合などは、金利が低いカードローンで借り入れることで、全体の返済額を減らせる場合があります。
 

返済方式を変更する場合

月々の返済額を減らすことを目的に、カードローンを借り換える場合もあります。カードローンは商品によって、返済方法や毎月の返済額の設定が違っており、借入額と金利が同じであっても返済総額や毎月の返済額が異なることも多いです。返済方式が異なる別のカードローンに借り換えることで、毎月の返済額を減らせる場合があります。
 

カードローンの借り換えによるメリット

今契約しているカードローンから新たなカードローンに借り換えることで、ローンを一本化できることなど、いくつかのメリットがあります。カードローンを借り換えるメリットは何なのか、理由を紹介していきます。
 

複数社のローンがある場合はローンを一本化できる

カードローンやクレジットカードのキャッシング機能をいくつか利用している場合、ローンごとに返済日直前の入金や利息などを気にしなければならず、意外と大変です。また、1社ごとの返済額は少なくても、合わせると思った以上に高額になってしまうこともあります。
 
借り換えてひとつにまとめることで、それらがひとつで済みます。カードローンにはおまとめローンといって、複数のローンの一本化専用のローンがある場合も多いので、借り換える場合には活用するといいでしょう。
 

毎月の返済額を減らせる場合もある

別のカードローンに借り換える場合、前のローンより金利が低いカードローンへ借り換えることで、毎月の返済額は少なくなります。
 
金利がそれほど差がない場合であっても、返済方式が元金定額方式から元利定額方式へと変わることで、毎月の負担が少なく済みます。
 
元金定額方式とは、元金部分のみが定額で、利息を上乗せした金額を返済していく方式です。最初の方は負担が大きく、返済が大変だと感じる人も多いでしょう。元利定額方式とは、毎月定額方式の場合は毎月定額を返済します。元金定額方式に比べて総返済額は高額になるものの、月々の返済額が定額なので最初に大きな負担がかかることがありません。
 
現在の返済額より少ない負担で済むこともあり、家計への負担がかかりにくくなります。
 

増額申請だと審査がスムーズ

今契約しているカードローンのひとつを利用して一本化する方法を選ぶと、審査や手続きがスムーズです。カードローンにはおまとめローンに対応している場合も多いので、今のカードローンの利用限度額を増やして借り入れることで、他のカードローンを返済して一本化できます。
 
これまで支払遅延や滞納などがなく順調に支払っていれば、審査に有利に働くことも多いです。カードローンの借り換えを検討しているなら、今利用しているカードローンで、増額してまとめられる方法はないか、確認してみてください。
 

利息が下がることがある

カードローンの金利は、借入可能枠の上限によって変動する場合が多いです。利息は借入残高に金利(年率)をかけて日割り計算されるので、金利が下がると利息も下がります。
 
複数のカードローンを契約していた場合、借り換えて一本化すると、借入可能枠が上がる場合も多いです。借入可能枠に応じた金利になることで、これまでの金利より低くなり、利息も下がります。
 

総量規制に制限されない方法がある

カードローンやキャッシングなどの利用可能枠は、年収の3分の1までに規制されています。すでにカードローンに契約している場合、新たに契約できるカードローンは、年収の3分の1からすでに契約しているカードローンの利用可能枠を差し引いた金額です。
 
例えば年収600万円の人がすでに100万円のカードローンと50万円のキャッシングを契約している場合、新たに契約できるカードローンは50万円までとなります。
 
ただし、複数のカードローンを一本化したり、金利が有利なカードローンに借り換えたりする場合は、総量規制の対象外です。顧客に一方的有利となる借り換えに当たるため消費者保護の対象とならず、規制の対象外となっています。
 

カードローンの借り換えによるデメリット

カードローンを借り換えるメリットは大きいですが、いくつかデメリットもありますので、押さえておきましょう。
 

審査落ちする場合もある

借り換えは、新たにカードローンを申し込んで借りることが必要で、新たに審査を受ける必要があります。すでにカードローンを契約していて増枠する場合でも、審査は必ず必要です。
 
審査基準はカードローン会社によって異なり、それぞれ独自の基準で審査されます。審査に通るかどうかは会社の判断によるため、審査に落ちてしまう場合もある点には注意しましょう。
 

返済方法がこれまでとは変わる場合もある

カードローンの種類によって、返済方法が異なります。ATMでの返済や口座振替に対応しているカードローンは多いものの、対応している銀行やATMの種類がカードローンによって異なるので注意しましょう。
 
カードローンによっては、店頭での返済やコンビニでの返済などに対応している場合もあります。
 
借り換えることで、これまでの返済方法とは違う方法や銀行を選ばなければなりません。
 

総返済額が増える場合がある

他のカードローンで借り換える場合、元金の残高がそのまま残高となるわけではありません。もともとの元金に加えてそれまでの金利を加えた金額が、新たな残高となります。金利の設定自体が低くなる場合であっても、借り換えのタイミングによっては総返済額が増える場合があります。
 
また、返済方式を元金定額方式から元利定額方式へと変更した場合にも、総返済額は増えることが多いです。
 
毎月の負担は少なくなったとしても、総返済額は増えてしまうことがある点を押さえておきましょう。
 

今のカードローンに不満があるなら借り換えを検討してみよう

カードローンの借り換えは、新たにカードローンを借りてこれまでのカードローンを返済することです。金利が低いカードローンで借り換えた場合には返済総額を減らせますし、返済方式が異なる別のカードローンに借り換えることで、毎月の返済額を減らせる場合もあります。
 
カードローンの借り換えでは、ローンを一本化できたり毎月の返済額を減らせたり、さまざまなメリットがありますが、審査落ちする場合もあるなどデメリットもあるので、注意しましょう。
 
カードローンの借り換えは総量規制の影響を受けずにできるので、今の金利や支払内容などに不満があるなら、見積もりだけでも行ってみるといいでしょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 

【PR】Pick UP カードローン SMBCモビット
【PR】Pick UP カードローン SMBCモビット