更新日: 2024.05.22 金利

カードローンの金利ってどんなもの? 銀行系カードローンと消費者金融カードローンを比較

[PR]
カードローンの金利ってどんなもの? 銀行系カードローンと消費者金融カードローンを比較 [PR] [PR]
カードローンは、急な出費があった時に便利な商品ですが、借入なので利息が発生します。また、カードローンの金利はカードローンを提供している会社によって様々で、特典によっても利息が大きく変わることがあります。
 
この記事では、金利と利息の基礎知識、金利を比べる際のポイントを詳しく解説しますので、利息を少なくしてカードローンをオトクに利用しましょう。
 

【PR】みずほ銀行カードローン

mizuho

おすすめポイント

・<金利年2.0%~14.0%
・ご利用限度額は10万円から最大800万円
・さらに入会金・年会費は無料!24時間、WEB申込受付中!

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 年2.0%~14.0%※1 最短当日
融資まで 来店
最短当日 -
※1 住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

カードローン金利を比較する前に知っておくべき基礎知識・ポイント

カードローン金利を比較する際に注目すべきポイントがいくつかあります。まず、利息と金利の違い、固定金利と変動金利の違い、それぞれについて詳しく解説します。
 

利息と金利の違い

利息と金利は混同されていますが、厳密には意味が違います。利息はお金を借りたことに対する対価のことで、通常はお金で支払います。そして、金利はその利息を計算するための割合(利率)のことを指します。
 

固定金利と変動金利の違い

固定金利は、借り入れた時に定められた金利が完済するまで変わりません。一方、変動金利は、完済前でも、日銀の金融政策や物価変動に応じて金利が変動します。変動金利は今後上昇する可能性があるため、一般的には固定金利より低い利率となっています。
 
「固定金利」のメリットは借入時に返済金額が分かることで、デメリットは変動金利に比べて利率が高いことが多いということです。
 
「変動金利」のメリットは借入時の利率は固定金利より低い場合が多いことで、デメリットは最終的にいくら返済するかがハッキリしないことです。
 

銀行カードローンと消費者金融カードローンの違い

銀行カードローンと消費者金融カードローンには違いがあります。
 
銀行カードローンは一般的に消費者金融カードローンよりも金利が低いものの、審査には時間がかかり、早くても当日~3営業日かかることも多いようです。
 
一方で、消費者金融カードローンは、審査が柔軟で土日でも最短即日融資可能な会社もあり、在籍確認原則不要といったサービスも提供しています。しかし、銀行カードローンに比べて比較的金利が高いというデメリットもあります。
 
融資を希望する期日や金額から、銀行・消費者金融のどちらのカードローンを選ぶか検討することが大切です。
 

公式サイトで申し込み

【PR】みずほ銀行カードローン

mizuho

おすすめポイント

・<金利年2.0%~14.0%
・ご利用限度額は10万円から最大800万円
・さらに入会金・年会費は無料!24時間、WEB申込受付中!

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 年2.0%~14.0%※1 最短当日
融資まで 来店
最短当日 -
※1 住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

銀行カードローンの利息・金利・利率

三大メガバンクのカードローンでは、当該銀行で住宅ローンを借りている場合に使える金利特典が大きいです。住宅ローンを借りている方は、住宅ローンを組んでいる銀行のカードローンを調べてみると、オトクに利用できるかもしれません。また、銀行カードローンに共通している特徴としては、借入金額が上がるほど金利が下がるという点があります。
 

消費者金融カードローンの金利

銀行カードローンと同様に、消費者金融のカードローンも金利比較が欠かせません。金利や総返済額を比較することで、コスト面でのメリットやデメリットが明確になります。借り入れの目的や返済計画に応じて、最適な消費者金融を選定することが重要です。こちらも比較してみましょう。
 
大手消費者金融では上限金利はほぼ変わらず、無利息期間サービスもあったりします。無利息サービスの効果は大きく、無利息期間中に返済をすることができればお得に活用することが可能です。
 
しかし、長期にわたって借りていると金利の違いが大きくなってきますのでカードローン会社の金利と条件は細かく調べた上で、慎重に選ぶ必要があります。
 

カードローンの金利まとめ

カードローン金利の比較は、個々のライフスタイルや返済計画に合わせて行うことが必要です。銀行カードローンは比較的金利が低く、住宅ローンを組んでいる銀行だと優遇されたりと、オトクな特典もあるようです。
 
また、消費者金融カードローンは金利が高いものの、無利息サービスがついている場合もあるので、短期でサッと完済する場合には消費者金融の方が利息が少なくなるケースも考えられます。
 
十分な下調べと比較検討を行ってからカードローンを活用することで、無理のない返済計画を立てることができ、安心・安全なカードローンの利用につながるでしょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

おすすめカードローン一覧

【PR】SMBCモビット

mobit

おすすめポイント

「WEB完結」申込みなら、電話連絡なし
お申込から契約後の借入まで誰とも顔をあわせません
・お近くの銀行、コンビニ、ネットで24時間ご利用可能

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 10秒簡易審査
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで - 即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

【PR】アイフル

aiful

おすすめポイント

WEB完結(郵送物一切なし)
・アイフルならご融資可能か、1秒で診断!
最短18分(※)でご融資も可能!(審査時間込)

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 最短18分(※)
WEB完結 無利息期間 融資スピード
※融資まで 30日間 最短18分(※)
※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
※診断結果は、入力いただいた情報に基づく簡易なものとなります。

【PR】プロミス

promise

おすすめポイント

最短3分融資も可能
Webなら24時間お申し込み可能

融資上限額 金利 審査時間
最大500万円 4.5%~17.8% 最短3分審査も可能
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 30日間 最短3分融資も可能
・お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。
・高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

【PR】アコム

acom

おすすめポイント

最大30日間金利0(ゼロ)円 サービス!
・カンタン3項目入力の≪3秒診断≫でスグわかる
・パソコン、携帯から24時間お申込み受付

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 最短20分(※1)
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで(※) 30日間 最短20分融資(※1)
※ファイナンシャルフィールドでは、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社から委託を受け広告収益を得て運営しております
※1 お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

【PR】みずほ銀行カードローン

mizuho

おすすめポイント

・<金利年2.0%~14.0%
・ご利用限度額は10万円から最大800万円
・さらに入会金・年会費は無料!24時間、WEB申込受付中!

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 年2.0%~14.0%※1 最短当日
融資まで 来店
最短当日 -
※1 住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
■アイフル
※商号:アイフル株式会社
※登録番号:近畿財務局長(14)第00218号
※貸付利率:3.0%~18.0%(実質年率)
※遅延損害金:20.0%(実質年率)
※契約限度額または貸付金額:800万円以内(要審査)
※返済方式:借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
※返済期間・回数:借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)
※担保・連帯保証人:不要
■アコム
※ファイナンシャルフィールドでは、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社から委託を受け広告収益を得て運用しております。
■dスマホローン
※1 優遇適用後金利 0.9%~17.9%(実質年率)/基準金利 3.9%~17.9%(実質年率) ドコモ回線などのご利用状況に応じて、最大年率3.0%の金利優遇が適用。適用条件はdスマホローン公式サイトでご確認ください。