最終更新日: 2021.05.17 公開日: 2020.04.21
金利

アコムの金利はどのくらい?申し込みから返済までを解説

鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している

鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している

アコムなどのカードローンを利用する際、気になるのが金利です。公式サイトには金利が公表されていますが、自分が借り入れた額に対してどれだけの利息がつくのか、具体的にはなかなか把握しにくいものです。今回はアコムの金利や返済方法について詳しく説明します。
 

公式サイトで申し込み

アコム

おすすめポイント

最大30日間金利0(ゼロ)円 サービス!
・カンタン3項目入力の ≪3秒診断≫でスグわかる
・パソコン、携帯から24時間お申込み受付
融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 最短30分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 30日間 即日融資

アコムの金利はいくら?

アコムのカードローンの金利は、公式サイトによると3.0%~18.0%です。これらは借入限度額によって異なります。公式サイトでは次のとおりとなっています。
 

      

利用限度額 1万円~99万円 100万円~300万円 301万円~500万円 501万円~800万円
適用金利 7.7%~18.0% 7.7%~15.0% 4.7%~7.7% 3.0%~4.7%

(アコム公式サイトより抜粋 ※2021年4月時点)
 
さらに審査によって、適用金利の範囲内で何%が適用されるか最終的に決まります。ただし、アコムを初めて利用する場合は、利用限度額の中での上限金利(高い方の金利)が適用される傾向にあります。
 
借り入れを考えている人は、上限金利を目安に返済計画をたてておくと良いでしょう。
 

他のカードローンと金利を比較

アコムと他社のカードローンの金利に差はあるのでしょうか。公式サイトによると各社の金利は次のとおりです。
 

アイフル 3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
SMBCモビット 3.0%~18.0%

(各社公式サイトより抜粋 ※2021年4月時点)
 
アコムの3.0%~18.0%と比べても、それほど差がないことがわかります。各社とも最低金利は1桁ですが、アコムと同様に契約当初は上限金利が適用されます。
 

アコムでお金を借りる際の必要書類

アコムで借り入れを行う際の必要書類は次のとおりです。
 

1.本人確認書類

運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど、顔写真入りのものが望ましいとされています。また、交付を受けていない人は健康保険証でも可能です。本人確認書類を提出するときは、次の点に注意しましょう。
 
●有効期限内のものに限る
 
●記載されている住所が現住所と異なる、または住所の記載がない書類の場合、公共料金の領収書か住民票の写しをあわせて提出

 

2.収入証明書類

給与明細書(直近1ヶ月分)、源泉徴収票(最新年度分)、市民税・県民税額決定通知書(最新年度のもの)、所得証明書(最新年度のもの)のいずれかが必要となります。収入証明書が必要になるのは、次のケースのどちらかに該当する場合のみです。
 
●アコムでの借り入れが50万円を超える
 
●他社を含めた借り入れの合計が100万円を超える

 

無利息期間はあるの?

アコムを初めて利用する人には、お得な「30日間金利0円サービス」が用意されています。「30日間金利0円サービス」とは、契約日の翌日から30日間は無利息で利用できるサービスです。
 
例えば契約日の翌日に10万円を借り入れして、30日以内に全額返済すれば元金の10万円だけで済み、利息は全くかかりません。30日以内に7万円だけを返済した場合は、利息は借入残高の3万円に対してのみかかるのです。いずれの場合も30日分の利息を節約できます。
 
気をつけたいのは、サービスの適用期間が借入日ではなく、契約日の翌日から始まる点です。アコムのカードローンを契約したものの、1ヶ月以上借り入れがないとサービスを利用できません。
 

\最短即日融資も可能/

(公式)アコム お申し込みはこちら

アコムの審査は厳しい?

アコムの審査は厳しいかという質問に対する答えですが、決して甘くはありません。
(消費者金融系のカードローン大手3社の審査通過率:2021年4月確認時点のデータ)
 

アイフル 40.7%
アコム 40.4%
プロミス 35.8%

※各社公式サイトデータより抜粋のうえ筆者作成。
 
この表を見ても、半分以上の方が審査に落ちていることがわかります。大手の消費者金融会社においては審査の甘いカードローンは存在しないのです。返済が滞ったり返済できなかったりすると、消費者金融業者のビジネスが成り立ちません。そのため各社とも申込者の返済能力をみるために、厳しい審査を行っています。
 
「審査が甘い」とうたっている金融業者は違法な闇金業者の可能性があるため注意しましょう。

 

\最短即日融資も可能/

(公式)アコム お申し込みはこちら

アコムでお金を借りる手順

アコムでお金を借りるには、手順を踏む必要があります。「申し込み」、「審査」、「契約」、「借り入れ」です。それぞれの手順について、詳しく解説します。

1.申し込み


アコムを申し込むには利用条件をクリアしなければなりません。アコムでは「20歳以上の方で、安定した収入と返済能力を有する方(パート・アルバイトも可)」という基準を設けています。まず、ご自身がこの条件にクリアしているかどうかを確認してください。クリアしているのであれば、申込手続に入ります。
 
申込方法は「インターネット」「電話」「自動契約機(むじんくん)」「店頭窓口」「郵送」と5種類あります。自分が利用しやすい方法やライフスタイルに合わせて申し込むと良いでしょう。


2.審査


申し込み手続きが終了すると、審査に移ります。公式サイトでは審査時間は「最短30分」となっていますが、あくまで最短ですので、人によってはそれよりも長くなる可能性もあります。審査ではきちんと返済できるのか、つまり「返済能力があるかどうか」をあらゆる情報から判断します。
 
審査には仮審査と本審査があります。ここまではあくまで仮審査です。仮審査に通過すると、契約に必要な書類の提出が求められます。そして本審査である「在籍確認」を経て審査終了となります。


3.契約


審査に通過すると、次は契約手続きです。契約内容を確認して手続きを行います。カードの受け取りは店頭窓口や無人契約機、郵送のいずれかを選択します。


4.借入


契約手続きが完了すれば、借り入れが可能です。次のような借入方法があります。
 
● 振り込み
● 店頭窓口
● アコムATM
● 提携ATM

 
振り込みによる借り入れは24時間365日、インターネットや電話(0120-134-567 0時10分~23時50分)で申し込めば、最短1分で口座に入金されます。ただし金融機関や受付時間によっては、振り込みまでに時間がかかる場合があります。急いで借り入れがしたい人は、早めに手続きをしましょう。

 

\最短即日融資も可能/

(公式)アコム お申し込みはこちら

アコムの返済方法について

カードローンで借り入れした後は、毎月一定額を返済していきます。計画的に返済していくために、返済について詳しく知っておきましょう。
 

返済日

アコムの返済日は「35日ごと」か「毎月指定期日」のどちらかを選択できます。35日ごとの返済は、前回の返済日(初回は借入日)の翌日から35日目が返済期日になります。35日サイクルで返済日がくるため、月によって返済日が異なります。管理が難しい人は、毎月指定期日を選びましょう。
 
毎月指定期日は文字通り、毎月自分で決めた日(返済期日)までに返済を行う方法です。
 
もし指定日がアコムの休業日(土日祝日や年末年始)の場合、返済期日は翌営業日になります。毎月決まった日に返済を行うため管理がしやすく、計画的な利用に役立つ方法と言えます。
 

返済方法

アコムの返済方法には「アコムのATM・提携ATM」、「インターネット」、「銀行振り込み」、「口座振替」、「店舗窓口」の5つが用意されています。口座振替の場合、返済期日は毎月6日です。6日が金融機関の休業日の月は、翌営業日になります。
 

返済方式

アコムの返済方式は「定率リボルビング方式」です。最低返済額は『借入残高』に対して、「一定の割合」を掛けた金額で計算されます。この「一定の割合」は契約内容(利用限度額)によって異なり、以下のとおりです。
 

利用限度額 返済割合
30万円以下 借入残高の4.2%以上
30万円超 借入残高の3.0%以上
100万円超 借入残高の3.0%以上
100万円超 借入残高の2.5%以上
100万円超 借入残高の2.0%以上
100万円超 借入残高の1.5%以上

(アコム公式サイトより抜粋)
 
1000円未満の場合は切り上げて1000円単位となりますので、限度額30万円以下の場合は、以下の計算式の結果で求められます。
 

借入残高10万円:10万円×4.2%=4200円⇒5000円
借入残高30万円:30万円×4.2%=1万2600円⇒1万3000円
借入残高50万円:50万円×3%=1万5000円⇒1万5000円

 

利息計算を知りたい

アコムの利息計算は次のとおりです。
 
利息 = 利用残高 × 金利(実質年率)÷ 365 × 利用日数
 
借入額10万円、30万円、50万円ごとに計算してみましたので、参考にしてください。

借入額 金利 毎回の返済額 返済回数 利息総額
10万円 18% 5000円 24回 1万9772円
30万円 18% 1万3000円 29回 7万0993円
50万円 18% 1万5000円 47回 19万8327円

 
例えば30万を借りた場合、毎回の返済は1万3000円(最低返済額)、総利息(完済までに支払うトータルの利息)は7万0993円となります。
 

\最短即日融資も可能/

(公式)アコム お申し込みはこちら

返済シミュレーションを確認しよう

では、上の例、借入限度額30万円の契約で30万円を借り入れ、29回に分けて返済した場合のシミュレーションについてみてみましょう。
 


(単位:円)
 

\最短即日融資も可能/

(公式)アコム お申し込みはこちら

アコムには便利な返済サポートがある

アコムの賢い利用方法は、利息を抑えて早期に完済することです。しかし経済状況によっては毎月の返済が厳しい場合もあるでしょう。アコムでは、利用者のために次の4つの返済サポートを導入しています。
 

1. 返済忘れを防ぐお知らせメール
 
2. インターネットから24時間365日いつでも返済可能
 
3. 返済予定日前にネットやアコムATM、提携ATMから24時間365日返済できる
 
4. 一時的な約定返済金の減額ができる

 
こちらの章では、具体的にどのようなサービス内容であるのかお話しします。
 

メールで返済期日を知らせる

返済が遅れると遅延損害金が返済残高に加算されるため、より返済額が増えてしまいます。eメールサービスに登録すると、 返済日の3日前(土・日・祝日を除いた3営業日前)と当日にお知らせメールが自動配信されます。
 
また、うっかりメールを見逃してしまい返済日に間に合わなかった場合には、返済期日後にお知らせメールが届くため、遅滞損害金の負担を抑えられます。
 
eメールサービスは、アコムの公式サイトにある会員メニューから登録が可能です。メールの指定受信設定をしている場合は、アコムからのメール(acmail@online-a.com)がきちんと受け取れるようにしておきましょう。

 

利息は日数に応じて算出

アコムは予定日前に返済を済ませれば、前倒しした日数に応じて利息が安くなります。完済する必要はなく、毎月の返済期日から前倒して一定額を支払った場合に適応されるサービスです。毎月こまめに早期返済を繰り返すことで、本来の利息よりも安く融資を受けられます。
 
利息は以下の計算式に基づいて算出されます。
 
借入残高×借入利率÷365日×ご利用日数=利息
 
参考例として、1万円を年利18.0%で30日間借りた場合と、25日で返済した場合の利息額を見ていきましょう。
 
1万円×18.0%÷365日×30日=147円
 
1万円×18.0%÷365日×25日=123円
 
利息の差額は24円です。
 
借入金額が大きくなるほど利息が高くなるため、繰り上げ返済をすることで利息の負担を大幅に抑えることができます。

 

約定返済金を一時的に減額ができる

収入状況によっては、約定金額の支払いが厳しい月もあるでしょう。アコムでは利用者の経済状況に応じて、一時的に約定返済額を減らせます。
 
一時的な減額を希望するときは、利息以上であれば自由に自分で金額を決めて返済可能です。例えば、10万円を借りていたときの利息が500円であれば、500円以上の金額で返済ができます。
 
ただし約定返済金の減額を利用すると該当月の返済額が約定返済金額に満たないため、返済金額や返済回数が増える場合があります。あくまでも一時的な策にとどめておきましょう。
 
また、約定返済金の減額を希望するときに注意したいのが、金融機関の口座から自動引き落としで返済をしている場合です。口座引き落としの場合は約定金額での支払いのみ対応可能となっているため、減額を希望される方は店舗窓口やコールセンターに問い合わせることをおすすめします。

 

\最短即日融資も可能/

(公式)アコム お申し込みはこちら

アコムの利用には向き不向きがある

金融機関によって金利の設定が違うように、サービス内容も異なります。また、短期間で早期返済を希望する人、長期的に返済額を抑えて返済を希望する人など、ひとりひとり思い描くマネープランは異なるため、アコムの金融商品が100人中100人に最適であるとは言えません。
 
アコムの商品はどのような人に向いているのでしょう。アコムが向いている人と不向きな人の特徴を詳しく解説します。

 

アコムの利用が向いているケース

アコムの利用が向いている人は次に該当する人たちです。
 

おすすめな人

● すぐに融資が必要な人
● 無利息で融資を受けたい人
● 誰にも知られないで借り入れをしたい人
● 安定した収入がある人
● 月々の収入に応じて返済額を決めたい人

 
アコムの最大の魅力は、「最短30分で融資可能」「即日融資可能」とあるように必要なときに365日24時間スピーディーな融資を受けられることです。インターネットを利用すれば、自宅にいながら申し込みができて、店舗やATMに来店するよりも早く借り入れの手続きを進められます。
 
初めてアコムを利用する方は30日間限定で、金利0円で借り入れできる点もポイントです。借り入れする時点で、短期間で返済のめどが立っている方にアコムは最適です。アコムの借り入れに抵抗を感じる人は、自動契約機むじんくんを利用すると人に知られることなく、融資を受けられます。店頭で知り合いに遭遇することもありません。
 
パートやアルバイトなど非正規雇用の職員であっても、安定した収入あれば借りやすい点も特徴的です。約定返済額の減額、返済の繰り上げが可能なため月収に応じて返済額を調整したい人にも向いています。

 

アコムの利用が向いていないケース

アコムの借り入れが向いていないのは次に該当する人たちです。
 

向いていない人

● 安定した収入がない専業主婦(主夫)、年金受給者
● 20歳未満の若年層
● 低金利の融資を希望する人

 
アコムの利用条件は、満20歳以上の方で安定した収入があり、かつ返済能力がある人です。無職の専業主婦(主夫)、年金受給者は審査に通過しづらく向いていません。また、年齢条件に満たない未成年は、申し込み自体ができません。
 
金利の面から不向きな人を見ていきましょう。アコムで1万円から99万円以内で借り入れしたときの金利は7.7〜18.0%です。参考までに、三菱UFJ銀行のカードローンの100万円以下の金利は13.6〜14.6%です。借入金額によっては、三菱UFJ銀行で借り入れをした方が金利を安く抑えられます。
 
上限金利で3.4%の差額があると返済額に大きな影響を及ぼしかねず、少しでも金利を抑えたい人にはアコムは不向きです。融資を急いでいないなら、三菱UFJ銀行のような銀行系のカードローンもあわせて検討しましょう。
 

\最短即日融資も可能/

(公式)アコム お申し込みはこちら

Q&A

利息を抑える方法はないか?

利息を抑える方法として最も効果的なのは、繰り上げ返済や一括返済です。アコムでは利用限度額と借入残高によって最少返済額が決められていますが、追加で返済することが可能です。これが繰り上げ返済です。
 
繰り上げ返済は追加返済とも言い、追加分は元金返済に充当されるため、元金の返済スピードが速まり、結果的に支払総額を抑える結果につながります。返済方法を口座振替にしている場合は毎月約定返済額、つまり最少返済額のみが引き落とされます。繰り上げ返済をする場合には、他の方法で追加で返済をすると良いでしょう。
 
35日ごと支払いや振り込み、インターネットで返済を選択している場合は、返済日ごとに最少返済額以上の返済をしていけばおのずと元金は減っていきます。
 
借入残高が少なくなってきたら、全額を返済する一括返済も視野に入れましょう。早く一括返済をすれば利息を大きく抑えられます。
 
ただし、ATMでの返済では1000円単位での入金になるため、どうしても1,000未満の端数が借入残高として残ります。
 
アコムでは1000円未満の残高に対しては無利息残高として取り扱いますが、やはりきれいに完済しておきたいものです。一括返済の際に端数が生じた場合は、インターネットか店頭窓口、または銀行振込で返済するようにしましょう。

 

即日融資は可能ですか?

アコムの公式サイトでは、審査時間最短30分、融資実現まで最短1時間となっています。ただし、最短1時間を受けるには以下の点に気をつけるようにしてください。
 

・インターネットで申し込む
・申し込んだ後にオペレーターに電話をし、優先的に審査を行ってもらうようお願いする。
・必要書類については必ず事前に漏れなく準備しておく。
・振り込みで融資を希望する場合は、銀行への振込依頼を14時半までに済ませておく。
※三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行は「平日24時間」、「休日も20時」まで銀行振込での当日融資が可能

 

\最短即日融資も可能/

(公式)アコム お申し込みはこちら

アコムのカードローンは金利を安く抑えて賢く使おう

アコムのカードローンを上手に利用するためには、金利を少しでも安く抑えることが大切です。借入金額が多くなればなるほど金利の負担が増えます。必要以上に借り入れをせずに、計画的に利用するよう心がけたいものです。返済期間を短くする努力も必要です。余裕があるときに繰り上げ返済や一括返済をして、返済スピードを速めましょう。
 
初めてアコムを利用される人は、30日間金利0円サービス(無利息期間)を最大限に活用しましょう。せっかく用意されているサービスは最大限有効に活用し、無駄のない返済を行うようにしてください。
 
(参考)・アコム公式サイト
 
執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー
 

関連記事

こんな人は通らない!?アコムの審査基準ポイントをまとめてみた
アコムは即日融資可能?即日融資を受ける為のポイント解説
アコムの金利について徹底解説!利息を節約する為のポイント
アコムでお金を借りた後の返済方法と返済利息を少なくする方法を解説
アコムの返済方法は何種類?返済方法・最低返済額・完済方法を解説
アコムは電話で申し込みできる?アコムのお問い合わせ先について解説
アコムのATMと提携ATMでは操作方法が違う?ATMに関する疑問を徹底解説
アコムで増額・増枠申請する前に知っておきたい増額・増枠審査に落ちる理由
アコムで即日融資を受けるために知っておきたいタイムリミット
アコムの審査時間ってどのくらい?効率よく融資を受ける方法
 

公式サイトで申し込み

アコム

おすすめポイント

最大30日間金利0(ゼロ)円 サービス!
・カンタン3項目入力の ≪3秒診断≫でスグわかる
・パソコン、携帯から24時間お申込み受付
融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 最短30分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 30日間 即日融資
 

カードローン基礎知識

  • 審査
  • 即日
  • 借入
  • 返済
  • 金利
  • 申し込み
  • 借り換え
  • 初めて