更新日: 2023.09.05 金利

レイクの無利息期間サービスを解説!利用するときの注意点は?

レイクの無利息期間サービスを解説!利用するときの注意点は?
初めてレイクを利用するなら、ぜひ知っておきたい無利息期間サービス。しかも自分の状況に合わせて、3つのサービスから選べるのがポイントです。ただし、レイクの無利息期間サービスには、注意すべき点もあります。
 
初めてなら利息0円という、とてもうれしいサービスをうまく活用したい人は、当記事をぜひ活用してください。今回は、無利息サービスとは何か?さらに利用するにあたっての注意点も詳しくみていきましょう。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

無利息期間とは

まず、無利息の意味についておさらいしましょう。

無利息の意味についておさらい

無利息とは、文字通り利息がゼロということ。通常、金融機関や金融業者で借入をする場合、借り入れた金額に利息を加えて返済するのが原則です。利息は、借入金額が大きく、借入期間が長く、借主の信用度が低いほど多くなります。
 
金融機関、金融業者が経済活動をする上で利息がゼロ、ということは通常ありえません。しかし、消費者金融業者が数多くの顧客を獲得するために、短期間での返済であれば無利息としているケースもあります。
 

初めて利用するなら必見!レイクの3つの無利息期間サービス

レイクには、3つの選べる無利息サービスが提供されています。これらに共通するのは、
 
● レイクと初めて契約して借り入れする人が利用できる
● 契約日の翌日から無利息期間がスタート

 
という条件です。利用者が、借入状況に合わせて自分で好きな無利息期間サービスを選べるようになっているのがポイント。そのため、借入を検討しているなら、利息の違いをしっかりシミュレーションしてから、無利息期間サービスを選びましょう。
 
ここでは、レイクの30日間、60日間、180日間の3つから、選べる無利息期間サービスを比較し、借入金額に応じたシミュレーションを紹介します。

3つの無利息期間サービスの比較

ここでは、それぞれの無利息期間サービスの特徴を解説します。
 

【30日間の特徴】
● 契約額(極度額)1万~500万円
● 契約額が200万円を超えると自動的に無利息期間は30日間に
● 無利息期間経過後の貸付利率(実質年率)4.5%~18.0%
● 無利息期間中は、何度借り入れしても利息ゼロ

 

【60日間の特徴】
● 契約額(極度額)1~200万円
● 無利息期間経過後の貸付利率(実質年率)12.0%~18.0%
● 60日間はWeb申し込み限定
● 無利息期間中は、何度借り入れしても利息ゼロ

 

【180日間の特徴】
● 契約額(極度額)1~200万円
● 無利息期間経過後の貸付利率(実質年率)12.0%~18.0%
● 5万円超の貸付利率も同じく12.0%~18.0%
● 5万円まで180日間無利息
● 無利息期間中は、何度借り入れしても5万円までは利息ゼロ

借入金額や返済回数に応じた無利息期間の選び方

ここでは、借入金額や返済回数に応じたシミュレーションを、「60日間無利息 vs 180日間無利息」の構図で比較します。あえて、30日間無利息サービスは比較に入れていません。なぜなら、初めての借入の場合、最低金利に近い金利や、200万円を超える契約限度額で契約できることは考えられないからです。そのため、30日間無利息期間サービスは、利用者があまりメリットを感じられないと考えます。
 
シミュレーションは、公式ホームページの「どっちがおトク?シミュレーション」を活用すれば、自分でもさまざまなパターンを試せます。

 

◆借入金額5万円の返済シミュレーション

借入金額が5万円以下なら180日間を選んだほうがおトクです。
 
【60日間無利息 vs 180日間無利息】
● 支払い回数1回    無利息 vs 無利息
● 支払い回数3回    236円 vs 無利息
● 支払い回数6回    1128円 vs 無利息
● 支払い回数12回   3060円 vs 1097円

 

◆借入金額10万円の返済シミュレーション

返済計画によって、有利な無料期間が異なります。シミュレーションを使っておトクなプランをよく練りましょう。
 
【60日間無利息 vs 180日間無利息】
● 支払い回数1回    無利息 vs 739円
● 支払い回数3回    473円 vs 986円
● 支払い回数6回    2256円 vs 1500円
● 支払い回数12回   6228円 vs 4998円

 

◆借入金額20万円の返済シミュレーション

借入金額が20万円を超えると、60日間を選んだほうがおトクです。
 
【60日間無利息 vs 180日間無利息】
● 支払い回数1回    無利息 vs 2219円
● 支払い回数3回    946円 vs 3722円
● 支払い回数6回    4726円 vs 6172円
● 支払い回数12回   1万2460円 vs 1万5036円
 

レイクの無利息期間サービスを利用する4つの注意点

この好条件なサービスをしっかり享受するためには、注意点もおさえておく必要があります。サービスの内容を間違って解釈して、結局は利息がかかってしまった、ということにならないように、注意してください。

無利息期間の開始時期は初回契約日の翌日から

無利息期間がいつからスタートするのか、その考え方は利用するカードローン会社によって異なるので注意が必要です。カードローンの無利息期間の考え方は、2種類あります。
 
● 契約日の翌日から無利息期間がスタートする
● 借入日の翌日から無利息期間がスタートする

 
レイクの場合、契約日の翌日から無利息期間がスタート。借入日ではないので注意しましょう。例えば契約日の1週間後に借り入れすると、1週間分の無利息期間を無駄にします。レイクの無利息期間をしっかり有効活用したいなら、契約日と借入日を同じ日にすることです。

Web限定サービスの60日間無利息

60日間無利息サービスが、自分にとっておトクな返済プランだとわかったら、Web申し込みを進めましょう。申し込みだけでもWebから行えば、60日間無利息が適用できる状態になるからです。最初から、電話や自動契約機で申し込み手続きを進めてしまうと、30日間無利息もしくは5万円まで180日間無利息しか選べません。
 
先ほどご紹介したシミュレーションだと、10万円以上の借入であれば180日間より60日間無利息サービスのほうがおトクになる場合があります。利用条件は、Webからの申し込みとあるだけです。Webでの契約を前提としていないので、Web申し込みを利用しない手はありません。

無利息期間中でも返済日あり!延滞すると無利息期間が終了する

無利息期間サービスで注意したいのは、無利息=返済しなくてよいと勘違いしてしまうことです。無利息期間というのは、ある期間の利息がゼロになるだけのことなので、月々の返済日には当然のことながら返済しなくてはいけません。
 
返済日を忘れるのが気がかりな人は、口座残高だけ気をつければ問題のない自動引き落としを返済方法として選択することです。ただし、自分で返済方法を自由に選ぶ場合は注意が必要です。
 
なお、無利息サービス期間中に、レイクの返済に遅れてしまうと、その時点で無利息は終了し利息が発生してしまいます。さらに遅延損害金が発生しますので返済日には要注意です。

 

◆レイクで借入後、初回の返済日とは?

レイクでは、返済日を自分の都合に合わせて決めることができます。借入をしてから、初回の返済日まである程度猶予がほしい場合があるでしょう。
 
レイクで知っておきたいのが「14日」という日数です。自分が設定した返済日が、借入日から14日未満か14日以上かによって初回の返済日は異なります。そこで、できるだけ初回の支払いまで猶予がほしい場合は、指定した返済日より14日未満に借り入れすることです。
 
毎月15日に返済日を指定したとします。借入日を14日未満の8日にすれば、当月の15日ではなく、翌月の15日が初回返済日になるというわけです。

2回目以降の借り入れでは利息が発生する

無利息での融資は、基本的に新規顧客の獲得が目的です。そのため、無利息期間の適用は、初めて契約する場合のみに限られています。2回目以降の借り入れでは、利息が発生するので注意しましょう。

 

レイクの無利息期間サービスを徹底活用しよう

レイクの特徴は、他社と比べて無利息期間が長いことです。初めて契約する場合、Webサイトでの申し込みを利用すれば「最大60日間」の無利息期間の適用が可能です。また、借入金額が5万円までなら、最大で180日間の無利息で借り入れできます。
 
このような無利息期間を自分で選べるのも、レイクのユニークな特徴です。そのため、おトクな無利息期間が一体どれなのか、利用者自身がしっかり利息をシミュレーションする必要があります。
 
レイクの公式ホームページにある、「ご返済シミュレーション」や「お借入れ診断」をぜひ利用してみましょう。無利息期間が終了した後の利息も把握できるので便利です。

 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 
【レイクに関して】
※Web以外の無人店舗やお電話で申込むと、お借入額全額30日間無利息またはお借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。
※60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで。
※30日間無利息、60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。
※無利息開始日は初回契約日の翌日からとなります。
※無利息期間経過後は通常金利適用。
貸付条件
ご融資額 :1万円~500万円
貸付利率(実質年率): 4.5%~18.0%
※貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。
ご利用対象 :満20歳~70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方)
遅延損害金(年率): 20.0%
ご返済方式 :残高スライドリボルビング方式/元利定額リボルビング方式
ご返済期間・回数: 最長5年・最大60回
※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数はお借入れ及び返済計画に応じて変動します。
必要書類 :運転免許証等
※収入証明(契約額に応じて、新生フィナンシャルが必要とする場合)
担保・保証人: 不要
商号・名称:(新生フィナンシャル株式会社)
貸金業者の登録番号:(関東財務局長(10) 第01024号)
日本貸金業協会会員第000003号

カードローン基礎知識

  • 審査
  • 即日
  • 借入
  • 返済
  • 金利
  • 申し込み
  • 借り換え
  • 初めて
■アイフル
※商号:アイフル株式会社
※登録番号:近畿財務局長(14)第00218号
※貸付利率:3.0%~18.0%(実質年率)
※遅延損害金:20.0%(実質年率)
※契約限度額または貸付金額:800万円以内(要審査)
※返済方式:借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
※返済期間・回数:借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)
※担保・連帯保証人:不要
■アコム
※ファイナンシャルフィールドでは、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社から委託を受け広告収益を得て運用しております。
■dスマホローン
※1 優遇適用後金利 0.9%~17.9%(実質年率)/基準金利 3.9%~17.9%(実質年率) ドコモ回線などのご利用状況に応じて、最大年率3.0%の金利優遇が適用。適用条件はdスマホローン公式サイトでご確認ください。