公開日: 2020.09.10 キャリア

転職サイトと転職エージェントはどう違う?それぞれのメリットと使うべき人を解説

転職活動を進めるにあたって、転職サイトと転職エージェント、どちらを使えば良いのか迷っているという方は少なくないでしょう。
 
そこでこの記事では、転職サイトと転職エージェントとの違いや、サイトとエージェントそれぞれのメリットを解説していきます。自分に合ったサービスで転職活動を進めたい方はぜひ参考にしてください。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら
岡澤和良

監修:

監修:岡澤和良(おかざわ かずよし)

国家資格キャリアコンサルタント

国家資格キャリアコンサルタント(登録番号 17012232)
JCDA認定CDA(キャリア・ディベロップメント・アドバイザー)(会員番号 CDA148399)
ジョブ・カード作成アドバイザー(登録番号 n17-00147)
宅地建物取引士(登録番号 上川第1034号)
二級ファイナンシャルプランニング技能士(登録番号 F20210228896)
 
・「履歴書・職務経歴書の書き方教室」を通じて、ミドル・シニアの方々の「売り(強み)」を再発見し言葉にします
 
・定年を向える(定年後の)方々の「キャリアの棚卸し」を行い、自身の
「Will(やりたいこと)・Can(出来ること)・Must(期待されていること)」を見える化し充実したセカンドキャリアを応援します。
 
ホームページ https://okmirai.jimdofree.com/

詳細はこちら
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら
岡澤和良

執筆者:

監修:岡澤和良(おかざわ かずよし)

国家資格キャリアコンサルタント

国家資格キャリアコンサルタント(登録番号 17012232)
JCDA認定CDA(キャリア・ディベロップメント・アドバイザー)(会員番号 CDA148399)
ジョブ・カード作成アドバイザー(登録番号 n17-00147)
宅地建物取引士(登録番号 上川第1034号)
二級ファイナンシャルプランニング技能士(登録番号 F20210228896)
 
・「履歴書・職務経歴書の書き方教室」を通じて、ミドル・シニアの方々の「売り(強み)」を再発見し言葉にします
 
・定年を向える(定年後の)方々の「キャリアの棚卸し」を行い、自身の
「Will(やりたいこと)・Can(出来ること)・Must(期待されていること)」を見える化し充実したセカンドキャリアを応援します。
 
ホームページ https://okmirai.jimdofree.com/

詳細はこちら

転職サイトと転職エージェントの違いとは

求人を探す人が違う

転職サイトと転職エージェントでは、求人を探す人が異なります。転職サイトでは求人を探すのは自分ですが、転職エージェントでは求人を探すのはあなたを担当するアドバイザーです。
 
転職エージェントなら、自分でたくさんの求人をチェックする必要はありません。時間がない人は、条件に合う求人をあなたに代わって探してくれる転職エージェントを活用すべきでしょう。

転職サイトのメリット

目指す業種で多くの求人がチェックできる

転職サイトは登録しないでも見ることのできる公開求人を多数掲載しており、自分のペースでたくさんの求人をチェックできます。
 
また、転職サイトはいくつ使っても問題ありません。複数のサイトを併用すれば、確認できる求人の数は合計で数千、数万件にも及びます。少しでも多くの求人を確認したい方は、まず転職サイトで希望の条件を入力してみましょう。

自分のペースで転職活動ができる

転職サイトの大きなメリットは、自分のペースで転職活動ができることです。空いた時間に求人をチェックして、空いた時間に申し込むことができます。
 
面接や履歴書の指導を受けられないというデメリットもありますが、自分のペースで転職を進めたい方には転職サイトの方が合っているでしょう。

転職エージェントのメリット

面接練習や履歴書チェックなどが充実している

転職エージェントは、求人探しに加え、無料で履歴書や面接のアドバイスを行ってくれます。
 
エージェントによっては、過去にその会社の面接で出された質問などのデータを基に指導してくれるので、面接対策をしっかりしたいという方にはエージェントの方が合っています。

未経験の業界や職種でも安心

転職エージェントなら、担当のアドバイザーが適宜サポートをしてくれるので未経験の業界や職種への転職でも安心です。
 
アドバイザーは、求人探しはもちろん気になる転職先とのスケジュール調整や面接応募の電話などを代行してくれます。そのため、「転職先に応募する方法がよく分からない」「転職先に電話するときのマナーが分からない」という方も、安心して転職活動を進めることが可能です。

キャリアについて専門家からアドバイスをもらえる

転職エージェントでは、対面または電話でアドバイザーに相談ができます。相談できる内容は、転職先に希望する条件や今後のキャリアなどさまざまです。
 
転職すべきかどうかといった、根本的な悩みについても相談が可能です。転職サイトの場合、アドバイザーがいないのでキャリアについて直接相談することはできません。キャリアについて悩みのある方は、転職エージェントを使った方が良いでしょう。

転職したい人は自分に合った転職サービスを使おう

転職サイトがおすすめな人

転職をしたい人は、転職サイトと転職エージェントのどちらが自分に合っているか考えて使うサービスを決めましょう。
 
転職サイトを中心に転職活動をするのが向いている人は、以下の通りです。
 

転職サイト
  • 1.転職したい企業がある程度決まっている人
  • 2.自分のペースで進めたい人
  • 3.地方に住んでいる人

 
転職サイトなら、日本全国どこに住んでいても同じ求人情報をチェックできます。転職したい企業や、転職先に求めている条件が決まっている人は、自分のペースで転職サイトをチェックして条件に合う求人を探しましょう。
     

転職エージェントがおすすめな人

転職エージェントの利用がおすすめなのは、以下のような人です。
 

転職エージェント
  • 1.キャリア相談をしたい人
  • 2.在職中で、働きながら転職活動を進めたい人
  • 3.都心部に出やすい人

 
地方に住む方でも転職エージェントを利用することはできますが、アドバイザーとの面談は、主に都市部で行われます。そのため、都市部に住んでいる方の方がエージェントを利用しやすいでしょう。また、アドバイザーには、転職するかどうかを含めキャリアについてさまざまな相談ができます。
 
転職すべきか迷っている方や、これからのキャリアについて相談をしたい方はアドバイザーと直接話して将来のビジョンを固めた方が良いでしょう。

まとめ

転職サイトと転職エージェントは、求人を自分で探すかどうかに違いがあります。転職エージェントは、転職をしたい人に代わって求人を探したり、応募先に電話をしたりしてくれますが、自分のペースで転職を進めるのは難しくなります。
 
今後転職をしたい人は、転職サイトと転職エージェントそれぞれの違いをしっかり理解し、自分に合ったものを選びましょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 
監修:岡澤和良
国家資格キャリアコンサルタント

関連記事

転職エージェントは複数利用がおすすめ?メリット・デメリット・注意点
転職エージェントとは?エージェントを使ったほうが良い人の特徴
転職エージェントと転職サイトの違い・エージェントを使うとどうなる?



▲PAGETOP