更新日: 2022.03.28 家計

収入が増えたら起こるメリット・デメリット

収入が増えたら起こるメリット・デメリット
専業主婦をしていた妻が働きに出る、転職などで給与がアップするなど、収入が増えるケースはいくつも考えられます。単純に考えると、収入が増えた分だけ生活が豊かになるという印象を受けがちですが、本当にデメリットは全くないのでしょうか。
 
こちらでは、収入が増えたときに起こりがちなメリットとデメリットをみていきます。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

収入が増えるメリット

収入が増えることにより、得られるメリットは多々あります。以下で具体例をみていきましょう。
 

・生活が豊かになり、家庭円満につながる

収入が増える分、生活のために使える金額も増えますので、今まで我慢していた趣味や自分磨きのために使うことができます。
 
また、これまで無理して節約していた生活がゆとりをもった内容に変化するため、気持ちが豊かになって職場や家庭内でも穏やかに過ごせるようになるでしょう。
 
その結果、人間関係が円滑に進むようになり、仕事の面で利益が得られるだけでなく、家庭内でも円満な関係を築けるようになります。
 

・いざというときの備えができる

増えた収入を貯蓄や資産運用に回すことにより、仮にけがや病気、会社の倒産などで収入がなくなったときでもすぐに生活が破綻することがないように対処することが可能です。
 
また、共働き世帯の場合、どちらか一方が働けなくなってももう一方の収入があるので生活を維持することができ、落ち着いて条件のよい転職先を探すことができます。
 
金銭的にゆとりがある状態になると、長期的な視点で利益のある将来を選び取ることができるでしょう。
 

・夢をかなえることができる

子どもが欲しい、家を建てたい、海外旅行をしたいなど、収入が増えることによってかなえられる夢はたくさんあります。
 
いずれも先立つものがなければかなえることが困難ですが、収入が増えたことによってプライベートの選択肢が増えますので、目標を決めてから収入アップを目指すのもよいでしょう。
 

収入が増えた際に起こるデメリット

一方で、収入が増えたことによってデメリットも発生します。増えた金額にもよりますが、これらのリスクも認識しておいたほうがいざというときに対処しやすくなるでしょう。
 

・税金等の支出が増える

日本では所得税は収入に応じて税率が変動するため、収入が増えたことによってこれまでよりも高い税率を課せられる可能性があります。
 
また、世帯収入で健康保険料も増額になるため、個人事業など国民健康保険に加入している人は特に注意が必要です。
 
さらに、児童手当の支給や高校・大学の無償化なども収入や資産に大きく影響を受けますので、収入が増えたからといってその全額が利益につながるとはかぎりません。実際の手取りは、増えた収入よりもかなり少ない金額になる可能性を考えておきましょう。
 

・責任や勤務時間が増える

一般的に、収入が増える場合には仕事における責任が大きくなったり、勤務時間が増えたりすることがほとんどです。
 
そうなると、家族との時間を確保しづらくなりますし、家事や育児を完全にすることが難しくなり、一部を外注したり外食で済ませたりすることになります。その結果、収入が増えても生活費が増えることになり、あまり生活が楽になったと感じられない可能性も生じます。
 
また仕事の責任が大きくなると、気軽に長期休暇をとることが難しくなったり、妊娠や出産についても思うように計画が立てられなくなったりする可能性も捨てきれません。
 

収入アップは情報収集と並行して行うのがおすすめ

このように、収入が増えたことで得られるメリットは多々ありますが、必ずしもデメリットがないわけではありません。
 
もちろん、税金等で増えた収入が全てなくなるわけではありませんが、突発的な補助金や支援金が所得制限で受けられない可能性もあるため、情報をきちんと集めておきましょう。収入アップを目指すときにはリスクやタイミングも考えて行いたいところです。
 
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

auじぶん銀行