更新日: 2023.08.24 その他家計

今日は、お米を炊くのが面倒…。「パックご飯」と「炊飯」にかかる費用を比較してみた

今日は、お米を炊くのが面倒…。「パックご飯」と「炊飯」にかかる費用を比較してみた
常備できて、手軽に食べることができるパックご飯は、製造技術も向上していて、おいしい商品が増えています。しかし、自分で炊飯したご飯を用意する場合と比較して、どちらがお得なのでしょうか。今回は、パックご飯の購入費用と、炊飯したご飯に必要な費用を、月額で比べてみました。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

パックご飯の用意に必要な金額は?

パックご飯の用意に必要な金額を計算するためには、1パックあたりの値段と、電子レンジ調理に必要な電気料金が必要です。今回は、電子レンジの消費電力を500W、1kWhあたりの電力量料金を30円として計算した場合、1分間あたりの電子レンジ調理に必要な金額を0.25円として計算します。
 
パックご飯については、次の価格帯に分けて検証を進めます。
 

●一般的な値段のパックご飯
●高級パックご飯

 
 

一般的なパックご飯を食べる場合

一般的な値段のパックご飯は、1食180gで100円前後かかり、電子レンジで調理する場合は、500Wで2分間加熱が必要のため1回あたりの電気料金は0.5円です。1ヶ月間、毎食パックご飯を食べたと仮定すると、必要なお金の計算は次のとおりです。
 

●パックご飯代:30日間×3食×100円=9000円
●調理代金:30日間×3食×0.5円=45円

 
以上から、一般的なパックご飯を毎日毎食食べた場合は、1ヶ月あたりおよそ9045円必要であることが分かります。
 

高級なパックご飯を食べる場合

高級なパックご飯には、ブランド米や健康志向の玄米入りご飯などがあります。1食あたり330円前後で販売されている商品を仮定して計算すると、1ヶ月に必要なお金の計算は次のとおりです。
  

●パックご飯代:30日間×3食×330円=2万9700円
●調理代金:30日間×3食×0.5円=45円

 
以上から、高級パックご飯を毎日毎食食べた場合は、1ヶ月あたりおよそ2万9745円必要であることが分かります。
 

炊飯したご飯の用意に必要な金額は?

それでは、お米を購入して炊飯した場合に、必要な金額はいくらなのでしょうか。炊飯に要するお金は、生米と水の購入費と、炊飯に必要な金額で計算します。
 
パックご飯と同量を食べると仮定すると、1回あたりおよそ82gの生米を炊飯する必要があります。炊飯に必要な水は、米1合(150g)あたり210mlのため、約115ml必要となり、2L・100円のペットボトル飲料水を使用すると、1回あたりの水は約5.8円、1日17.4円と仮定できます。
 
また、炊飯に必要な電気代は、経済産業省の省エネ性能カタログ電子版より、IH3合以上5.5合未満の炊飯器であれば年間平均1381円のため、1日あたりおよそ3.8円です。炊飯する対象のお米については、次の価格帯に分けて検証を進めます。
 

●一般的なお米の場合
●高級ブランド米の場合

 

一般的なお米を購入して炊飯する場合

一般的なお米として、10kgあたり4000円前後で販売されている商品を対象に計算します。1回に必要な生米の量は82gであるため、10kgであればおよそ122回分の炊飯が可能です。よって、1日あたりのお米の金額を98.4円と考えられます。よって、1ヶ月に必要なお金の計算は次のとおりです。
 

●お米代:30日間×98.4円=2952円
●水代:30日間×17.4円=522円
●調理代金:30日間×3.8円=114円

 
以上から、一般的なお米を毎日毎食食べた場合は、1ヶ月あたりおよそ3588円必要であることが分かります。
 

高級ブランドのお米を購入して炊飯する場合

高級ブランド米として、10kgであれば7000円前後で販売されている商品を例に計算します。この場合、1回あたり57.4円、1日172.2円となるため、1ヶ月に必要なお金の計算は次のとおりです。
 

●お米代:30日間×172.2円=5166円
●水代:30日間×17.4円=522円
●調理代金:30日間×3.8円=114円

 
以上から、高級なお米を毎日毎食食べた場合は、1ヶ月あたりおよそ5802円必要であることが分かります。
 

結局どっちがお得?

これらの計算結果から、パックご飯と炊飯にかかる1ヶ月の費用は次のとおりでした。
 

●一般的なパックご飯:9045円
●高級なパックご飯:2万9745円
●一般的なお米:3588円
●高級なお米:5802円

 
自炊と比較して、パックご飯に要する金額のほうが、高いことが分かりました。しかし、手軽においしいご飯を食べられる点は魅力的であり、金額だけでは比較できないメリットもあります。本記事の内容について、ぜひ、周囲の人と楽しくおしゃべりしてみてください。
 

出典

経済産業省 2023年2月1日 省エネ性能カタログ電子版

 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー