更新日: 2023.09.15 その他家計

ジムで毎日シャワーを浴びて帰れば「風呂代ゼロ円」に!?「会費1万円」から「自宅シャワー代」を差し引くとどれだけお得?

ジムで毎日シャワーを浴びて帰れば「風呂代ゼロ円」に!?「会費1万円」から「自宅シャワー代」を差し引くとどれだけお得?
今やジムは街中のいたるところで見かけるようになりました。健康維持のため、ダイエットのためなど、ジムを利用している人は多いのではないでしょうか。規模が大きめの施設では、スパなど健康ランドのようなリラクゼーション施設を併設しているジムもあります。
 
体を動かした後にそのまま風呂に入ることができれば、気持ちよく帰宅することができますね。そして自宅での風呂代が浮きます。地味な金額のようですが毎日続けると結構な金額になるのではないでしょうか。本記事で計算してみましょう。
佐々木咲

執筆者:佐々木咲(ささき さき)

2級FP技能士

ジムは大きく4種類ある

「ジム」と一言でいってもその種類は多様で、大きく分けてフィットネスクラブ、スポーツジム、パーソナルジム、公営ジムの4つがあります。
 
まずフィットネスクラブとは、トレーニング設備だけではなく、プールや風呂、サウナなどさまざまな設備があるジムです。本記事で取り上げるのはこのフィットネスクラブになります。
 
スポーツジムとは基本的にトレーニング設備のみを提供しているところがほとんどで、24時間空いている店もあります。パーソナルジムとはマンツーマン指導や食事指導など、オーダーメイドのボディメイクを叶えてくれるジムです。「ライザップ」が有名ですね。
 
最後に公営ジムは、自治体などが運営しているジムのことです。公営なので低料金で利用できます。
 

ジム会費の相場

ジムの料金設定は施設によりさまざまですが、1ヶ月当たりの会費相場は以下のとおりです。
 

●フィットネスクラブ……1万円前後
●スポーツジム……5000~8000円程度
●パーソナルジム……10~15万円程度
●公営ジム……1回当たり数百円

 
ちなみに、フィットネスクラブに当てはまる「コナミスポーツクラブ」の会費は、好きなだけ利用できる料金プランで月額1万670円からとなっています。
 

自宅でシャワーを毎日5分使った場合の費用

自宅でシャワーを1日5分使った場合の水道代とガス代を計算してみましょう。東京都水道局の「用途別使用量の目安」によると、シャワーを3分間流しっぱなしにした場合の水量は約36リットルなので、5分では約60リットルです。これに東京都水道局が水道料金の試算に用いている単価1リットル当たり0.24円を乗じると、シャワー5分の水道代は14.4円となります。
 
次にガス代です。東京ガスによると冬に40度のシャワーを5分(50リットル)使用した場合のガス代は80.5円のため、60リットルなら96.6円となります。
 
よって、シャワーを1日5分使用した場合の水道代とガス代は合わせて111円です。1ヶ月分にすると3000円程度ですね。ただし、人によってはシャワーの時間が5分以上の人もいることでしょう。そのような場合は、さらに水道光熱費が浮くことになります。
 

まとめ

ジムの会費に1万円かかっていても、毎日風呂まで済ませて帰るのであれば自宅の水道光熱費が約3000円浮くので、実質の会費は約7000円という計算結果になりました。結構節約になるものですね。
 
とはいえ、やはり落ち着いて疲れを癒やせるのは自宅のお風呂という人も少なくないはずです。「水道光熱費節約のために絶対にジムでシャワーを!」ではなく、「シャワー1回100円か」程度に思っていただけると幸いです。
 
執筆者:佐々木咲
2級FP技能士

ライターさん募集