更新日: 2024.03.15 その他家計

毎日2本「缶コーヒー」を購入して飲んでいます。インスタントコーヒーを水筒で持参したらどれくらい節約になりますか?

毎日2本「缶コーヒー」を購入して飲んでいます。インスタントコーヒーを水筒で持参したらどれくらい節約になりますか?
仕事の休憩時間や食後など、リフレッシュしたいときにコーヒーを飲む習慣がある方も多いでしょう。
 
コーヒー代を節約したいと思っても、コーヒーを飲む習慣はやめられないと悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。
 
毎日購入している缶コーヒーをやめて、インスタントコーヒーを水筒で持ち歩く場合、いくらの節約になるのでしょうか。
 
缶コーヒーをインスタントコーヒーに変えた場合に節約できる金額をご紹介します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

仕事中に缶コーヒーを毎日2本飲む場合の1年間の出費はいくら?

缶コーヒーを平日に毎日購入すると、年間いくらかかるかを見ていきましょう。
 
缶コーヒーの価格は購入する場所によって変わりますが、一般的な自動販売機で購入する場合、185ミリリットルの缶コーヒーの値段は約140円です。
 
140円の缶コーヒーを仕事のある平日に毎日2本購入すると、ひと月の購入金額は140円×2本×20日=約5600円になり、年間では約6万7200円になります。
 
1本の金額は140円ですが、年間でみると大きな出費になることが分かります。
 

インスタントコーヒーを水筒で持参する場合の1年間の出費はいくら?

インスタントコーヒーを毎日水筒で持参した場合の金額は、年間いくらになるのでしょうか。
 
総務省統計局の「小売物価統計調査(動向編)」によると、2024年1月時点でのインスタントコーヒー100グラムの価格は872円です。
 
1杯のコーヒーにインスタントコーヒーを2グラム使用する場合、1杯約17円となります。
 
仕事のある平日に毎日2杯分のコーヒーを水筒に入れて持参した場合、ひと月にかかる金額は17円×2杯×20日=約680円になり、年間では約8160円になります。
 

缶コーヒーをインスタントコーヒーに変えるとどのくらいの節約になる?

1日2本缶コーヒーを購入する金額と、インスタントコーヒーを水筒で持参する場合の金額、インスタントコーヒーに変えることで節約できる金額は表1の通りです。
 
表1

1日のコーヒー代 1ヶ月のコーヒー代 1年間のコーヒー代
缶コーヒー 約280円 約5600円 約6万7200円
インスタントコーヒー 約34円 約680円 約8160円
節約できる金額 約246円 約4920円 約5万9040円

※筆者作成
 
コーヒーに関しては香り・濃さ・苦みなど、こだわりのポイントがある方も多いはずです。
 
現在はインスタントコーヒーも、多くのメーカーからさまざまな商品が出ているため、好みの商品を探してみるのもよいでしょう。
 

毎日のコーヒー代を節約したい場合はインスタントコーヒーを水筒で持参がおすすめ

毎日コーヒーを飲む習慣はやめたくないけれど、コーヒー代を節約したいという方は、インスタントコーヒーを水筒で持ち歩くという方法に変更することがおすすめです。
 
缶コーヒーをインスタントコーヒーに変えれば、年間約5万9040円の節約になります。
 
昨今は物価も高騰しているため、身近なところから節約していきましょう。
 

出典

e-Stat 政府統計の総合窓口 小売物価統計調査(動向編)
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

PR
townlife-banner
ライターさん募集