更新日: 2022.09.12 年収

【トップは「億」の世界!?】「レーシングドライバー」の年収って?仕事内容やなり方は?

【トップは「億」の世界!?】「レーシングドライバー」の年収って?仕事内容やなり方は?
多額の資金が集まるとされるモータースポーツの世界。その最高峰であるF1レーサーの中には、数十億もの年収を稼ぐレーシングドライバーもいます。しかし、ほかのプロスポーツ同様、結果が収入に直結する職業でもあり、全てのレーシングドライバーが高収入というわけでも、全スポーツの中で最高の収入が得られるというわけではありません。
 
今回はレーシングドライバーの年収や仕事内容、レーシングドライバーのなり方について解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

レーシングドライバーの年収

レーシングドライバーの年収は、各メディアや専門誌が試算・推定しています。米国『フォーブス』誌が毎年6月頃に発表している「世界で最も稼いだアスリート」の2022年版によると、F1ドライバー最高年収は全体17位のルイス・ハミルトン氏で、6500万ドル(約84.5億円)でした。
 
競技による収入では9位、スポンサー収入では収入の内訳は給与・賞金が5700万ドル(約74.1億円)、スポンサー収入が800万ドル(約10.4億円)でした(以上、カッコ内は6月当時のレート1ドル=130円で算出)。
 
モータースポーツ情報サイト「RacingNEWS365.com」によると、日本人F1ドライバーの角田裕毅氏は75万ドルで、報じられた1月当時のレートで約8500万円です。トップクラスのレーシングドライバーになれば億を超える年収も夢ではありません。
 
国内では、スーパーGT500のレーシングドライバーで平均2000万~3000万円とみられます。中には1億円ドライバーもいますし、若手の場合は500万円程度です。ただし、スーパーGT500クラスに出場できるのは毎年30人で、高額な年収を受け取っているレーシングドライバーはそれほど多くありません。スーパーフォーミュラやスーパー耐久、全日本ラリー、F3など国内レースはいくつもありますが、賞金が出ないレースも多く、チームとの年間契約料やスポンサー料がレーシングドライバーの年収の大半を占めています。
 

レーシングドライバーの仕事内容

レーシングドライバーはマシンの性能を最大限に引き出し、いち早くゴールすることを目指します。レース中は他のドライバーとの駆け引き、タイヤや燃料の残量を把握し、環境に合わせた運転技術が求められます。また、走行中のマシンコンディションや改善点をメカニックに伝えレースプランの修正を図るなど、コミュニケーション能力も求められます。
 

レーシングドライバーになるには?

レーシングドライバーの多くは、子どもの頃からカートなどでドライビングテクニックを磨きます。そして、一般社団法人日本自動車連盟(JAF)が発給する競技運転者向けのモータースポーツライセンスを取得しなければなりません。国内レースの出場には「国内Aライセンス」が、ラリーやダートトライアルなどには「国内Bライセンス」が必須です。国際ライセンスも複数あり、WECやスーパーフォーミュラ、スーパーGTなどでは「国際Bライセンス」の取得が最低ラインとなっています。
 
また、F1ドライバーに必要な「スーパーライセンス」が取れるのは「国際Aライセンス」を取得済みのレーシングドライバーだけです。レーシングドライバーとしてデビューするには、ドライバーオーディションやレーシングチームのレーサー募集に応募して採用される必要があります。
 

レーシングドライバーは高年収も目指せる夢のある仕事

レーシングドライバーは、ほかのプロスポーツ選手のように1億円を超える年収が目指せる職業です。夢はありますが、結果で評価されるシビアな世界でもあります。ドライビングテクニックだけでなく、メカニックへ的確にマシン状況を伝えられるコミュニケーション能力も必要です。ライセンスと資金があればアマチュアのレースに参加することはできます。各種ライセンスを取得すればレーシングドライバーとしての道が開けるので、運転技術に自信がある人は挑戦してみるのもいいかもしれません。
 

出典

Forbes The World’s Highest-Paid Athletes Lewis Hamilton
RacingNews365.com 2022 F1 driver salaries
一般社団法人日本自動車連盟 (JAF)ライセンス種類・取得方法
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

auじぶん銀行
アメックスグリーンカード