更新日: 2022.10.03 年収

住宅ローン控除は所得2000万円を超える人は受けられません

住宅ローン控除は所得2000万円を超える人は受けられません
マイホームを手にしようとしている人にとって、強い後押しとなるのが「住宅ローン控除」でしょう。マイホーム購入後の10年間または13年間は、多くのケースで万単位の所得税還付を受けることができ、固定資産税の支払いに充てられるなど生活の助けになります。
 
しかし、令和4年の税制改正では住宅ローン控除も見直され、所得が2000万円を超える人は住宅ローン控除の適用を受けることができなくなっています。詳しく解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

住宅ローン控除とは

住宅ローン控除とは、正式名称を「住宅借入金等特別控除」といいます。住宅ローンを利用してマイホームを購入した場合で一定要件に該当する場合には、10年間または13年間にわたって、住宅ローンの「年末残高の1%または0.7%」が、所得税と住民税から控除できる制度です。
 
例えば、2021年12月31日以前にマイホームを購入した人の控除率は1%です。年末残高が3000万円だとしたら、その1%である30万円が住宅ローン控除額になります。これだけの控除額になるため、源泉所得税が全額還付になる人も多く、マイホーム購入を検討する際には頭に入れておくべき制度といえます。
 

住宅ローン控除の改正点

住宅ローン控除は居住開始が2022年1月1日以降分より、図表1の改正が行われました。
 
図表1

    

居住開始日
令和3年12月31日以前 令和4年1月1日以降
控除率 1% 0.7%
控除期間 10年間 13年間(10年の場合あり)
住宅ローン控除限度額 ・長期優良住宅、認定低炭素住宅…5000万円
・その他の住宅…4000万円
・長期優良住宅、認定低炭素住宅…5000万円
・ZHE水準省エネ住宅…4500万円
・省エネ基準適合住宅…4000万円
・その他の住宅…4000万円
所得 3000万円以下 2000万円以下

国税庁「No.1212 住宅の新築等をし、令和4年以降に居住の用に供した場合(住宅借入金等特別控除)」を基に筆者作成
 

所得制限が3000万円以下から2000万円以下に

改正によって、住宅ローン控除の対象者が所得3000万円以下から所得2000万円以下に変更されました。ここでいう金額は、年収ではなく所得である点に注意しましょう。
 
給与収入の所得とは、年収から給与所得控除を差し引いた残額のことをいいます。収入が給与収入のみの人の場合には、年収2195万円以下であれば所得2000万円以下となるため住宅ローン控除は適用できますが、年収2195万超では適用できません。
 
なお、所得2000万円の判断は毎年行います。例えば、前年は年収が2200万円で住宅ローン控除を受けられなかった場合であっても、当年の年収が2195万円以下であれば、当年では適用可能です。
 

会社経営者は役員報酬の設定に留意

会社員は、自身で給与を調整することはできないため、年収が2195万円を超える場合には住宅ローン控除は受けられないということを知った上でマイホームを購入することが重要になります。10年間または13年間で数百万円にもなる控除であるため、あるものと思い込むと危険だからです。
 
会社経営者など自身で役員報酬が設定できる人については、住宅ローン控除についても加味しましょう。
 

まとめ

住宅ローン控除は令和4年1月1日以降に入居した人については、所得2000万円(給与年収2195万円)以下でなければ適用を受けられなくなりました。従来の所得3000万円から一気に1000万円も下げられたため、該当者も増えたと考えられます。年収の多い人は、マイホーム購入前に必ず確認しましょう。
 

出典

国税庁 No.1212 一般住宅の新築等をした場合(住宅借入金等特別控除)
国税庁 No.1211-1 住宅の新築等をし、令和4年以降に居住の用に供した場合(住宅借入金等特別控除)
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

auじぶん銀行
アメックスグリーンカード