更新日: 2023.03.31 年収

年収500万円の世帯は日本の何割? 貯蓄はどれくらいあるの?

年収500万円の世帯は日本の何割? 貯蓄はどれくらいあるの?
日本では、世帯年収500万円以上が中流家庭といわれています。
 
では、年収500万円の世帯は何割程度なのでしょうか? また、「うちは年収500万円あるが、同じ年収の人たちはどのくらいの貯蓄ができているか知りたい」という方もいるかもしれません。
 
本記事では、年収500万円の世帯の割合や貯蓄できる目安額などを解説しますので、参考にしてください。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

年収500~600万円の世帯は全体の10%未満

厚生労働省が2021年に行った「国民生活基礎調査の概況(2021年度版)」によると、年収500万~600万円の世帯は全体の8.3%です。中央値が440万円なので、500~600万円の世帯年収は平均よりやや年収が多い世帯だといえます。
 
なお、世帯年収なので1人で年収500~600万円の場合もあれば、夫婦、夫婦と親、もしくは子どもの収入を合算して500~600万の年収といったケースもあります。
 

公式サイトで申し込み

【PR】みずほ銀行カードローン

mizuho

おすすめポイント

・<金利年2.0%~14.0%
・ご利用限度額は10万円から最大800万円
・さらに入会金・年会費は無料!24時間、WEB申込受付中!

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 年2.0%~14.0%※1 最短当日
融資まで 来店
最短当日 -
※1 住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

年収500万円の貯蓄額はどのくらい?

金融広報中央委員会が公表している、「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和4年)」によると、年収300万未満~750万円未満の貯蓄高の平均と中央値は図表1のとおりです。
 
【図表1】

年収 平均 中央値
300万円未満 598万 55万
300~500万円未満 1052万 310万
500~750万円未満 1226万 500万

 
図表1から推察すると、年収500万円の世帯は年収程度の貯蓄のある家が多いようです。
 
年収500万円未満に比べると貯蓄しやすい環境にあるといえるので、毎月少しずつでも貯金していけば、まとまった金額になるでしょう。
 

子どもがいるのかいないのかで貯蓄額は変わってきやすい

年収500万円の世帯の場合、子どもの有無で貯蓄できる額は変化しやすいです。子どもがいれば、食費や被服費などのほか、教育費もかかります。文部科学省が公表している「令和3年度子供の学習調査の結果について」によると、1年にかかる教育費は図表2のとおりです。
 
【図表2】

公立 私立
幼稚園 16万5126円 30万8908円
小学校 35万2566円 166万6949円
中学校 53万8799円 143万6353円
高校 51万2971円 105万4444円

 
私立に在籍する子どもが複数いたり、公立に在籍していてもお金がかかる習い事をしていたりする場合は、貯蓄がほとんどできないケースもあるでしょう。
 
子どもはお金がかかるものと考えて意識して貯蓄しないと、不意の出費に対応できないこともあります。反対に子どもがいない場合や、いてもすでに就労している場合は、多めに貯金できる可能性もあります。
 

夫婦2人で世帯年収が500万円代の場合は子どもが小さいときがお金の貯めどき

夫婦2人で世帯年収が500万円で子どもを持つ予定がある場合は、貯蓄がしやすい時期となかなかしにくい時期があります。
 
例えば、子どもがまだ赤ちゃんの時期は、かかる費用がミルク代やおむつ代、被服費のみで教育費よりもずっと安価です。したがって、子どもがまだいない時期~幼稚園や保育園にあがるまでの時期は、お金の貯めどきといえるでしょう。
 
また、子どもが公立の小学校に入学して公立の中学校に進む予定の場合も、私立に進学した場合に比べると教育費がかかりません。中学校に入ると公共料金が大人料金になったり、高校受験を見据えて塾に行ったりして小学生より出費が増えます。
 
そのため、子どもが小さいときにできるだけ貯蓄をしておくとよいでしょう。このほか、子どもが大学を卒業してからも最後の「貯めどき」がやってきます。
 
例えば、30歳で子どもが生まれた場合、子どもがストレートに大学を卒業すれば親は52歳です。定年の65歳まで13年間あるため、その間に投資なども含めて、できるだけ多くのお金を貯蓄に回しましょう。
 

世帯年収500万円は少数派! 貯蓄はタイミングを見計らおう

世帯年収500万円は、日本全体からみれば少数派です。日々の暮らしは余裕がありそうですが、家族構成によっては、月々まとまった額の貯蓄が難しいケースもあるでしょう。
 
夫婦と子どもが1〜2人で世帯年収500万円の場合は、タイミングを見計らって貯蓄に励みましょう。そうすれば、貯蓄が難しい時期も乗り切れるでしょう。貯蓄以外にも、投資なども視野に入れて効率的にお金を増やす方法を考えておくと、いざというときも安心できます。
 

出典

厚生労働省 2021年 国民生活基礎調査の概況 II 各種世帯の所得等の状況
文部科学省 令和3年度子供の学習費調査の結果について

金融広報中央員会 知るぽると 家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和4年)
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

ライターさん募集