更新日: 2022.07.13 暮らし

【渋滞は11兆円の損失!?】渋滞が引き起こす「損失額」について解説

執筆者 : 八木友之

【渋滞は11兆円の損失!?】渋滞が引き起こす「損失額」について解説
自動車を運転していると渋滞にはまってしまうこともありますが、実はこの渋滞という現象、「兆」単位の経済的損失を生んでいることをご存じですか?
 
本記事では、そもそも渋滞とは何か、高速道路渋滞の多発地点、そして渋滞による経済的損失の規模などについて紹介します。
 
八木友之

執筆者:八木友之()

宅地建物取引士、行政書士、不動産コンサルティングマスター

渋滞とは


 
日本道路交通情報センターは、どのような状況で「渋滞」と呼べるかについて、次のように定義しています。
 

●高速道路は時速40キロメートル以下
●都市高速道路は時速20キロメートル以下
●一般道は時速10キロメートル以下

 
なお、高速道路における主な渋滞原因は、次の3つです。
 

●交通集中渋滞
●工事渋滞
●事故渋滞

 
このうち、交通集中渋滞は全国における全渋滞の約64%を占めています。
 

高速道路の渋滞の多発地点

2019年に高速道路で起きた渋滞を、地点別に「渋滞損失時間」の順で並べたものが図表1です。
 
なお、渋滞損失時間とは、「本来、有効に使えたはずなのに、渋滞によって失われた時間」のことです。例えば、図表1の1位に当たる「上り・海老名JCT~横浜町田間」は、年間171.5万人の時間を171.5時間失わせたことになります。
 
図表1

順位 渋滞損失時間※ 道路名 方向 区間名
1 171.5 東名高速道路 上り 海老名JCT~横浜町田
2 167.0 中央自動車道 上り 調布~高井戸
3 116.6 東名高速道路 上り 東名川崎~東京
4 110.6 東名高速道路 下り 横浜町田~海老名JCT
5 105.6 東京外環自動車道 内回り 外環三郷西~草加

※(単位:万人・時間/年)
出典:国土交通省 高速道路の交通状況ランキング
 

渋滞による経済的損失額

国土交通省が2015年に「高速道路を中心とした「道路を賢く使う取組」の基本方針」を取りまとめた際の調査では、1人当たり年間で約40時間の渋滞損失時間があるとされています。
 
調査は2012年時点で、この年の日本の総人口は、約1億2700万人でした。したがって、総人口に対して渋滞は、40時間 × 1億2700万人=約50億時間もの無駄な時間を作ってしまったことになります。
 
そして、2012年の日本の最低賃金は時給749円だったため、749円 × 50億時間 = 約3兆7000億円です。これは、最低賃金で計算していますので、当時の給与所得者平均年収の408万円で計算すると数字がさらに膨らみます。平成24年の労働者1人の平均労働時間は7時間45分で、平成24年の土日祝合計が116日を休みと仮定した場合、損害額は約11兆円となります。
 

まとめ


 
交通渋滞は通過に時間がかかるため、有効に使えるはずだった時間を使えなくなります。有効に時間が使えないと生産性にも影響します。反対に、道路状況が良いと、経済的損失も減少することになります。
 

出典

公益財団法人日本道路交通情報センター よくあるご質問

NEXCO西日本 渋滞原因解説

国土交通省 高速道路の交通状況ランキング

国土交通省 基本方針に関するデータ集

総務省統計局 人口推計(平成24年10月1日現在)

厚生労働省 平成24年度地域別最低賃金額改定の答申について

厚生労働省 平成24年就労条件総合調査結果の概況:結果の概要(1労働時間制度)

 
執筆者:八木友之
宅地建物取引士、行政書士、不動産コンサルティングマスター

auじぶん銀行
アメックスグリーンカード