更新日: 2019.01.10 その他暮らし

海外の友人から預かった物が持ち込みが違法なものだった!海外の空港で捕まったら罪に問われる?

海外の友人から預かった物が持ち込みが違法なものだった!海外の空港で捕まったら罪に問われる?
テレビのドキュメンタリーでは、空港で働く麻薬取締官が度々紹介されています。
 
ぬいぐるみに詰め込まれたり、体内に隠し持っていたりと、その持ち運び方法には驚かされるものですが、実はこのような話は全くのひとごとではありません。
 
例えば、海外に住む友人から日本の別の友人に渡してほしいとある物を預かったものの、それが違法な物だったら…?予想外のトラブルに巻き込まれたA子さんの例をみてみましょう。
 
FINANCIAL FIELD編集部

Text:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

石垣美帆

監修:石垣美帆(いしがき みほ)

弁護士

中央大学法科大学院卒業後、弁護士登録。原子力損害賠償紛争解決センターでの勤務経験を持つ。「幸せになるお手伝いをする」をモットーに日々邁進中。お客様のご相談を受けるに際し、「共感力」を大切にしています。

海外の友人の家に遊びに行ったA子さん。「日本にいるC子におみやげ渡しておいて」とプレゼントを預かり…

A子さんは26歳の会社員。その友人G子さんは現在、海外で働いています。A子さんは夏休みを利用してG子さんに会いに行きました。
 
A子さんはG子さんの家に3泊4日し、名所を案内してもらったりご飯をごちそうになったりと、楽しい時間を過ごしました。
 
A子さんの帰国時、G子さんはお菓子の箱を持ってきました。
 
「これ、C子の好きなお菓子なんだ。悪いんだけどC子に渡してもらってもいい?」
 
C子さんは2人の共通の友達です。「いいよ」A子さんは快く引き受け、お菓子の箱をスーツケースにしまいました。
 
A子さんが、日本に到着し空港で手続きをしていると、荷物検査で検査員に呼び止められました。腕をつかまれ、別の場所に移動させられます。
 
机の上で、G子さんから預かったお菓子の箱が調べられ始めました。すると、箱の底が二重になっていて、中には袋に入った白い粉が詰められていました。検査員は険しい顔をして、A子さんを問い詰めました。
 
A子さんは状況を理解して青ざめました。
 
―G子の運び屋にさせられてしまった…!!
 
*この物語はフィクションです
 

知らずに友人から違法な薬物を預かり、海外の空港で見つかった場合、預かった人も罪に問われるのでしょうか。東京桜橋法律事務所の石垣美帆弁護士にお伺いしました。

違法な薬物の所持を発見された場合、その場で現行犯逮捕されます。その後、薬物を使用していないかの尿検査をされる流れになると推測されます。
 
逮捕されてしまっているので、故意に持ち込んでいないことを立証しないといけません。ただ、これはかなり困難と考えられます。
 
たとえ、薬を預けた友人に連絡したとしても、そもそも人を利用しようとしたわけですから、「私が預けました」と言うわけがありません。薬を預けた友人から知らないふりをされてしまえば、立証は非常に厳しいと言えます。
 

違法薬物を持ち込むと現行犯逮捕される!海外から帰国する際の預かり物には十分注意しましょう

故意ではないにしても違法な薬物の所持を発見されると、現行犯逮捕されてしまうことが分かりました。無実を証明するのが難しいというのは、とても怖い話です。
 
海外から帰国する際の預かり物は、なるべく避けるようにしたほうがよさそうですね。
 
Text:FINANCIAL FIELD編集部
監修:石垣 美帆(いしがき みほ)
弁護士
中央大学法科大学院卒業後、弁護士登録。原子力損害賠償紛争解決センターでの勤務経験を持つ。「幸せになるお手伝いをする」をモットーに日々邁進中。お客様のご相談を受けるに際し、「共感力」を大切にしています。

PR
townlife-banner
ライターさん募集