更新日: 2023.04.18 その他暮らし

節約のため、職場のお昼は「カップラーメン」を食べてます。栄養的に大丈夫でしょうか?

節約のため、職場のお昼は「カップラーメン」を食べてます。栄養的に大丈夫でしょうか?
お昼時間が限られている場合、手軽に食べられるインスタント食品を選ぶ人は多いのではないでしょうか。その中でも、カップラーメンは手軽で満腹感も得られるため、職場でのランチタイムに人気があります。しかし、一方で節約の面から考えると、実際にはカップラーメンを食べることが経済的に有利なのか疑問が残ります。
 
本記事では、カップラーメンを職場の昼食で食べることが節約につながるのか、そのメリット・デメリットを解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

平日昼をカップラーメンにすると節約になる?


カップラーメンは、忙しい現代人にとって手軽で簡単な食事として人気があります。そのため、職場の昼食にカップラーメンを選ぶ人も少なくありません。一般的なカップラーメンの価格は、100円程度から300円程度まで幅広く、その種類によって異なります。
 
一方、外食のランチになると、最低でも500円程度はかかることが多いでしょう。つまり、カップラーメンを選ぶことで、外食に比べてかなりの節約になると言えます。
 

平日お昼をカップラーメンにした場合、栄養は取れる?


カップラーメンは手軽で簡単な食事として人気がありますが、一概に健康によいとは言えません。一般的なカップラーメンは、高いカロリーや脂質、ナトリウムなど、栄養バランスが偏っている傾向にあります。
 
ただし、最近では、栄養バランスがよく、健康に配慮したカップラーメンも増えてきています。例えば、野菜や海藻を配合したもの、低塩や低カロリーの商品などがあります。
 
また、カップラーメンには、多くの場合、スープや調味料が付属しています。このスープや調味料によって、味は向上しますが、その分、ナトリウムや糖質が増える傾向にあるため、可能な限り、スープや調味料を減らして、カロリーやナトリウムの摂取量をおさえることが大切です。
 
しかし、カップラーメンだけでは、栄養バランスが偏ってしまうため、カップラーメンとともに、野菜やタンパク質の多い副菜を合わせることで、栄養バランスを整えることができます。
 
結論として、栄養バランスが偏りがちなカップラーメンを平日の昼食に選ぶ場合、健康によいとは言えません。しかし、栄養バランスがよく、健康に配慮したカップラーメンを選ぶことや、野菜やタンパク質の多い副菜を合わせることで、健康に配慮した食事とすることができます。
 

栄養と節約を両立するためにはどうするべき?


栄養と節約を両立するためには、毎日カップラーメンを選ぶのではなく、スーパーなどで安く手に入る旬の野菜や果物を活用することで費用を抑え、適度に栄養バランスが整った食事も心がけることが重要です。
 
次に、タンパク質をしっかりと摂取しましょう。魚や肉、豆類などを上手に取り入れることで、体に必要な栄養素を補うことができます。また、卵や納豆などもよい選択肢です。炭水化物にも注意しましょう。
 
カップラーメン自体が炭水化物の多い食品なので、ご飯やパン、麺類などと合わせると、カロリーの取り過ぎにつながります。適度な量にとどめ、野菜やタンパク質のバランスを保つように心がけましょう。
 
また、スープや調味料に含まれる塩分にも注意が必要です。適量にとどめるよう心がけ、できるだけ低塩の調味料を選びましょう。以上のように、栄養と節約を両立するためには、カップラーメンだけでなく、栄養バランスが整った食事を心がけ、野菜やタンパク質を多く取り入れ、炭水化物と塩分に注意することが大切です。
 

栄養と節約を両立するためには、バランスのよい食事を心がけよう

栄養と節約を両立するためには、カップラーメンだけでなく、バランスのよい食事を心がけることが重要です。野菜やタンパク質を多く取り入れ、炭水化物や塩分にも注意を払いましょう。
 
スーパーで安く手に入る旬の野菜を活用したり、冷凍野菜や缶詰野菜を使ったりすると手軽に栄養バランスの整った食事を作ることができます。節約を意識する場合は、栄養重視の食事を毎日行うのではなく、カップラーメンを食べた次の日はサラダを食べるなど、交互にバランスのよい食事を心がけることで、健康的で経済的な生活を送ることができます。
 

出典

一般社団法人 日本即席食品工業協会 栄養成分を知ろう インスタントラーメンの成分表を見てみよう
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集