更新日: 2023.05.12 その他暮らし

自転車で生活したら「節約」になる?実はガソリン代以外にもお得になるものがあった…!

自転車で生活したら「節約」になる?実はガソリン代以外にもお得になるものがあった…!
長い期間ガソリン代が高騰しているため、以前に比べて、車の維持費が高くなったと感じている方も多いのではないでしょうか。特に、毎日車で移動している場合は、家計へのダメージも大きいはずです。
 
そこで本記事では、自転車生活に変えると、どのくらいお得になるのかをご紹介します。少しでも家計の節約がしたい方は、ぜひ、最後までご覧ください。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

普段の移動をすべて自転車にするといくら浮く?

普段、車で移動することが多いという方もいるでしょう。天候に関係なく出掛けられたり、たくさん買い物をしても、自宅まで楽に持ち帰れたりするメリットがあるため、車があると、とても便利です。
 
しかし、かかっているガソリン代を調べてみると、意外と家計にダメージを与えていることもあります。一方、自転車は徒歩より速く移動できて、車と違ってガソリン代を気にする必要がありません。
 
そこで、車の代わりに自転車を使って移動すると、どのくらい出費が抑えられるのかを調べてみました。ガソリン代は160円/L、燃費は20km/Lとして計算しています。
 

1日の移動距離(往復) 必要なガソリン代 1ヶ月に節約できる金額(30日間)
5km 40円 1200円
10km 80円 2400円

※筆者作成
 
片道2.5kmの距離にある、勤務先やスーパーマーケットなどに車で行くと、1回で40円程度しかかかりません。ただ、それが30日も続くと、積もり積もって1200円もの出費となります。1年に換算すると1万4400円です。
 
このお金を節約できたら、貯金したり、豪華な食事をしたりといった楽しみが増えるでしょう。
 

買い物を週2回以上するなら自転車に変えてみる

自転車に載せられる荷物の量には限度がありますので、週1回でまとめ買いする場合は、車を利用する方が多いでしょう。買い物の頻度が週2~3回の場合は、1回あたりの荷物が減りますので、自転車でも買い物をしやすくなります。
 
以下の表では、週1~3回の買い物にかかるガソリン代を計算しています。ガソリン代は160円/L、燃費は20km/L、移動距離は往復5kmとしていますので、参考にしてください。
 

1週間の買い物頻度 1週間に必要なガソリン代 1ヶ月に必要なガソリン代 1年に必要なガソリン代
1回 40円 160円 1920円
2回 80円 320円 3840円
3回 120円 480円 5760円

※筆者作成
 
週1回の頻度でまとめ買いするのであれば、5kmの移動で年間2000円弱と、ガソリン代もそれほど大きな出費にはなりません。また、タイムセールなどを利用すれば、安い商品をまとめて購入できるメリットがあるため、自転車よりも車での買い物のほうがお得になる可能性もあります。
 
しかし、週に2回、3回と買い物の頻度が増えると、1年のガソリン代が大きくなります。週1回のまとめ買いならば車、週2回以上の買い物ならば、自転車のほうがお得になると考えてよいかもしれません。
 

買い物だけ・通勤だけといった利用方法も有効

いきなりすべての移動を自転車だけにすると、身体的・精神的に負担が大きいと感じる方もいるかもしれません。初めは、晴れた日の買い物だけとか、通勤だけといったように、部分的に自転車生活を取り入れてみることをおすすめします。
 
自転車での移動に慣れてきたならば、無理のない範囲でどこまでなら移動できそうか、行動範囲を広げつつ、確認していくとよいでしょう。
 

自転車生活でお得になるのはガソリン代だけじゃない

自転車生活は、ガソリン代の節約につながることはもちろん、移動しているだけで適度な運動ができるために、医療費の節約にもなるという意見があります。自転車による運動を行うと、下半身全体の筋肉や体幹を鍛えることが可能です。また、毎日継続して自転車をこぐと、長距離の移動も楽に感じられるようになるほか、体脂肪燃焼や心肺機能の向上などの効果も期待できます。
 
これらの効果により、健康寿命が長くなったり、病気になりにくい体づくりができたりするでしょう。つまり、これからかかる医療費を抑えられることが期待できます。車でばかり移動していると、運動不足になりがちで、筋力や体力が衰える可能性が高いでしょう。健康面が心配な方は、買い物や通勤の交通手段から見直してはいかがでしょうか。
 

自転車での移動で効率よく節約していこう

節約のためとはいえ、突然生活を大きく変えると負担になりますので、自分に合ったやり方で、徐々に節約していくことが大切です。自転車には、一度購入してしまえば、ほとんど維持費がかからないというメリットがあります。
 
また、「ガソリン代が高騰している間だけ使う」「自宅から1kmの範囲内だけ自転車移動にする」といった使い方ができますので、便利です。ぜひ、自転車移動を生活に取り入れて、効率よく節約していきましょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集