更新日: 2023.05.16 子育て

出産費用は健康保険適用外! 出産にかかる費用と出産準備費用の工夫とは?

出産費用は健康保険適用外! 出産にかかる費用と出産準備費用の工夫とは?
「健康保険適用外となる出産には大きな費用がかかる」と、多くの人が認識しているのではないでしょうか。一方で、具体的にどれくらいの金額がかかるのか把握していない人もいるはずです。
 
そこで本記事では、出産にかかる費用総額がどれくらいになるのかについて解説します。分娩(ぶんべん)だけでなく、出産前後の準備費用なども含めて紹介するので、ぜひ参考にしてください。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

出産にかかる費用とは

厚生労働省の「出産費用の実態把握に関する調査研究(令和3年度)の結果等について」によると、令和2年度の室料差額等を除いた公的病院の平均出産費用は45万2000円、全施設の平均出産費用は46万7000円となっています。公的病院は私的病院や診療所よりも平均出産費用が低い傾向にありますが、全体を通して出産費用は年間平均1%程度で上昇し続けている状況です。
 
出産費用が年々増加している要因として、医療費水準の上昇、私的病院の割合、妊婦の年齢等が挙げられます。また、近年の物価高を受けて所得水準を上げている企業が増えており、それに伴って私的病院をはじめとする医療機関も、医療費を上げて経営を行っていることが考えられます。妊婦の年齢が上がることによって出産に伴うリスクも上がるため、総じて出産にかかる費用も高くなる傾向にあります。
 

工夫したい出産準備費用

出産前後でかかる費用のうち出産準備費用に関しては、選ぶものや考え方で金額が大きく変わってくる部分になります。
 
赤ちゃんの安全性や肌触りなどにこだわって、値段よりも質を重視する人もいれば、なるべく費用を抑えるために、おさがりをもらったりフリマサイトを活用したりする人もいるようです。チャイルドシートなどの安全面が問われるものや、肌に直接触れる洋服などは質を重視し、利用期間が短いベビーベッドやベビーバス、おもちゃなどは費用を抑えるなど、用途によって使い分けてもよいでしょう。
 
最近ではSNSなどから情報をたくさん得られるため、生まれる前には最低限必要なものだけを用意し、必要性を感じたら随時買い足していくという意見も多くあります。出産に関わる費用をなるべく抑えるために、準備するものは慎重に考えていくことをおすすめします。
 

まとめ

本記事では、出産にかかる費用総額について解説しました。人それぞれ分娩の方法も異なれば、準備品に対する考え方も異なります。
 
大きな費用がかかることを前提に、工夫できるところは上手に工夫しながら出産に備えていきましょう。
 

出典

厚生労働省 出産費用の実態把握に関する調査研究(令和3年度)の結果等について
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

【PR】日用品10点セットプレゼント

【PR】保険クリニック

おすすめポイント

初めてご相談いただいた方へ日用品10点セットをプレゼント!
保険相談であなたにぴったりな保険がみつかる
業界トップクラス!取り扱い保険会社約50社
※詳細はキャンペーンページをご確認ください

ライターさん募集