更新日: 2023.08.22 その他暮らし

職場で「カップ焼きそば」を食べるのって迷惑ですか? 安くて節約になるのですが、先日注意されました…

職場で「カップ焼きそば」を食べるのって迷惑ですか? 安くて節約になるのですが、先日注意されました…
支出のなかで意外とかさむのが毎日のランチ代です。カップ焼きそばはボリューミーで120円程度で購入できるものもあり、家計の強い味方といえます。ところがにおいが原因で、職場によってはオフィス内でカップ焼きそばを食べていると注意されるケースもあるようです。このような場合、食べるものを変えるべきなのでしょうか。
 
そこでこの記事では、職場でカップ焼きそばを食べることは迷惑になるのか、またランチ代を節約するにはどのような方法があるのかについて解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

ランチ代の平均とは? そもそもカップ焼きそばはランチとして節約になるの?

まずはじめに、社会で活躍するビジネスパーソンのランチ代は一体いくらくらいなのか見てみましょう。エデンレッドジャパン社が実施した「ビジネスパーソンのランチ実態調査2023」によると、ビジネスパーソンのランチ代の平均は400円程度となっています。これをカップ焼きそばの価格と比較してみましょう。
 
まず一日あたりのランチ代を400円とした場合、20日間で8000円の出費となります。次に120円のカップ焼きそばを一日1個20日間食べた場合、出費は2400円です。両者の差額は5600円で、カップ焼きそばを食べることはランチ代の節約につながっているといえるでしょう。
 

ランチの内容を注意された場合は食べるものを変えるべき?

節約のため毎日カップ焼きそばを食べていて職場で注意されたとき、食べるものを変えなければならないのでしょうか。基本的にランチの内容に規則は設けられないため、何を食べても個人の自由です。とはいえ、周囲への最低限の配慮は必要でしょう。
 
なぜなら、食べ物のにおいが「スメルハラスメント」につながるおそれがあるためです。スメルハラスメントとは、においによって周囲に不快感を与えるハラスメントをいいます。
 
スメルハラスメントは本人が無自覚に行ってしまうことも多く、注意が必要です。好きなものを食べていることが、周りにとっては迷惑になってしまう可能性もゼロではありません。もし食事のにおいによって周りに迷惑をかけているのなら、食べるものを変えるなどの対策が必要になるでしょう。
 

すぐ実践できる! ランチ代を節約する方法

意外と出費がかさみがちな毎日のランチ代を節約するにはどうすれば良いのでしょうか。ここでは、おすすめの節約方法を紹介します。
 

・おにぎりを作って持参する

簡単に実践できるランチ代の節約方法は、おにぎりを作って持参することです。好みの具材でおにぎりを作り、持参しましょう。おにぎりであれば忙しい朝でもあまり時間をかけずに作れます。おにぎりだけだと物足りないという人は、コンビニやスーパーでおかずやスープを購入するのも良いでしょう。主食を持参することで購入品目数が減り、節約につながります。
 

・前日の夕飯をランチに回す

朝起きるのが苦手な場合は、夕飯を少し取り分けておき、翌日のランチに回すことも手です。取り分けたおかずを冷蔵庫で保存しておき、翌日お弁当箱に詰めて持参すれば手間をかけずに節約できます。
 

周りへの最低限の配慮も大切! ランチの内容を工夫して節約を目指そう

毎日のランチ代は少額に感じても、積み重なれば意外と大きな出費になるものです。安価で購入できるカップ焼きそばなどは節約になりますが、においなどが原因で職場の人に注意された場合は、周りに迷惑をかけないよう最低限の配慮は必要です。節約方法はカップ焼きそばだけではありません。
 
おにぎりを作って持参したり、前日の夕飯を取り分けてランチに回したりすることで、食費を抑えることはできます。周りに配慮しつつ、自分に合う方法でランチ代を節約しましょう。
 

>>> 【動画で見る】職場で「カップ焼きそば」を食べるのって迷惑ですか? 安くて節約になるのですが、先日注意されました…

出典

エデンレッドジャパン 6月の値上げで9割が節約を意識「ビジネスパーソンのランチ実態調査2023」
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集