更新日: 2023.09.04 その他暮らし

祖母のためにガスコンロを「IH」にしようと思います。やはり消し忘れリスクがなくて安心ですか? 電気代はどのくらいかかるでしょうか?

祖母のためにガスコンロを「IH」にしようと思います。やはり消し忘れリスクがなくて安心ですか? 電気代はどのくらいかかるでしょうか?
火を使わずに調理できるIHコンロは、高齢者でも安心して使える電磁調理器です。ただ、IHコンロは電気で発熱する仕組みのため、電気代が高くなる可能性があります。なかには、祖母のためにIHコンロを購入したいけれど光熱費が気になる人もいるのではないでしょうか。
 
そこで、今回はIHコンロの光熱費の目安やメリット・デメリットなどについて解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

IHコンロの電気代はいくら?

IHコンロの「IH」は、「Induction Heating」(電磁誘導加熱)の略称です。コンロの内部側にコイルが配置されており、そこへ電気が流れることで、コンロの上にある調理器具が発熱する仕組みとなっています。IHコンロは、ガスコンロとは違いガスを使用しないため、ガス代は一切かからず、使用時にかかるのは電気代のみです。
 
では、IHコンロを使用したらどれくらいの電気代がかかるのでしょうか。結論からいえば、IHコンロの電気代は製品によって異なります。また、IHコンロの使用時間や使用回数、利用している電気プランなどによっても電気代が変わるため、一概にいくらとはいえません。
 
どれくらいの電気代がかかるのか気になる場合は、まずIHコンロの消費電力をチェックしてみるとよいでしょう。電気代は、以下の計算式から求められます。
 
・IHコンロの電気代の計算式
電気代=消費電力(kW)×使用時間(h)×電気料金単価(円/kWh)

 
例えば、IHコンロの消費電力が5.8kW、1日の使用時間が1時間、電気料金単価が31円/kWhだったとします。この場合の1日の電気代は179.8円(5.8kW×1時間×31円)、月額では5394円(179.8円×30日)です。
 
ただし、IHコンロの消費電力は、火力によって変わることも忘れてはいけません。例えば、弱火の消費電力は200~500W、中火の消費電力は700~1400W程度です。1時間あたりの電気代の目安は、弱火で調理した場合が6.2~15.5円、中火で調理した場合が21.7~43.4円となります。
 

IHコンロのメリット

火を使わずに加熱できるのが、IHコンロのメリットです。ガスコンロのように火が出ないため、やけどや火災のリスクを下げられます。また、IHコンロは過熱を防ぐ自動停止機能が搭載されているため、消し忘れが心配な高齢者でも安心して取り扱えるでしょう。
 
さらに、キッチン内の温度が上がりにくいこともIHコンロのメリットの一つです。蒸し暑い時期でも、快適に調理ができます。ガスや火を一切使わないため、一酸化炭素中毒の心配もありません。
 
熱効率の良さも、IHコンロのメリットです。磁力線の働きで鍋自体が発熱する仕組みとなっているだけでなく熱を効率よく伝えます。さらに、IHコンロは表面が平らになっているため、お手入れも簡単です。そのほかにも、「火力の調整がしやすい」「高火力で調理できる」といったメリットもあります。
 

【PR】タウンライフ土地活用

おすすめポイント

・最適な活用方法が複数社から全て無料で貰える!
800 万円の差がでることも!土地活用による節税&相続対策!
・スマホで簡単!3 分で依頼完了
・土地活用の初心者も安心!手軽に専門家に相談可能!

IHコンロのデメリット

デメリットは、初期費用がかかることです。IHコンロ本体を購入する際には、1万~20万円くらいの費用がかかるだけでなく、IHコンロ専用の鍋やフライパンも買いそろえなければなりません。IHコンロは、コンロと鍋を密着させないと熱が伝わらない仕組みです。そのため、チャーハンのように鍋を大きく振るような調理には適していません。
 
また、電気代が高くなる可能性があることもIHコンロのデメリットです。電気代は、天然ガスや原油の価格変動、世界情勢の影響を受けやすい面があります。将来的に電気代が高騰した場合、光熱費の負担が大きくなる可能性がある点は大きなリスクです。さらに、IHコンロは電気を使用するため、停電時に使用できない点もデメリットとなります。
 

弱火で調理すればIHコンロの電気代を抑えられる!

IHコンロの電気代は、消費電力や使用時間、電力プランなどによって異なります。IHコンロのメリットは、火力の調整がしやすい点です。弱火で使用すれば、電気代が安くなります。
 
また、火やガスを使用しないため、火災や一酸化炭素中毒などの事故も起きにくい点もIHコンロのメリットです。キッチンが暑くなりにくいため、調理中の熱中症も予防できるでしょう。高齢者の安全性を最優先とする場合は、IHコンロへの買い替えを検討してみてはいかがでしょうか。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集