更新日: 2023.09.15 その他暮らし

10月から「NHK受信料」が1割値下げに! でも支払い方法による金額の違いがなくなるって本当? 変更点について解説

10月から「NHK受信料」が1割値下げに! でも支払い方法による金額の違いがなくなるって本当? 変更点について解説
テレビだけでなく、ワンセグ対応の端末やNHK放送の受信が可能なパソコンなどを持っている場合にはNHK受信料を支払わなければいけません。受信料の支払いを負担に感じるかもしれませんが、10月からNHK受信料が変更になることはご存じでしょうか?
 
そこで本記事では、10月から変更されるNHK受信料について解説していきます。スマホを持っているだけで受信料を支払う必要があるのかについても紹介するので今後の参考にしてください。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

これまでのNHK受信料

2023年9月30日までのNHK受信料は契約の種別や支払方法によって金額が異なっています。沖縄県を除く受信料額は図表1のとおりです。
 
図表1

契約種別 支払い方法 受信料(月額)
衛星契約 口座振替・クレジットカード払い 2170円
継続振込 2220円
地上契約 口座振替・クレジットカード払い 1225円
継続振込 1275円

筆者作成
 
継続振込よりも口座振替・クレジットカード払いのほうが安くなっています。さらには6ヶ月前払い、12ヶ月前払いを選択すると安くなる仕組みです。例えば、地上契約の6ヶ月前払いは口座振替・クレジットカード払いの場合7015円、継続振込の場合は7300円になります。
 
月額料金を6ヶ月支払った場合は口座振替・クレジットカード払いだと7350円、継続振込だと7650円なので、それぞれ335円と350円お得です。
 

2023年10月からの変更点

2023年10月からはNHK受信料に変更があります。
 

・受信料の1割値下げ
・受信料額の一本化

 
まず、受信料額が1割値下げされます。
 
図表2

契約種別 受信料(月額)
衛星契約 1950円
地上契約 1100円

筆者作成
 
受信料額が衛星契約で月額1950円、地上契約が月額1100円です。さらには受信料額が一本化され、支払い方法による金額の違いがなくなります。振替・クレジットカード払いでも継続振込でも同じ料金です。6ヶ月前払いは地上契約だと6309円、12ヶ月前払いだと1万2276円になります。
 

【PR】タウンライフ土地活用

おすすめポイント

・最適な活用方法が複数社から全て無料で貰える!
800 万円の差がでることも!土地活用による節税&相続対策!
・スマホで簡単!3 分で依頼完了
・土地活用の初心者も安心!手軽に専門家に相談可能!

スマホを持っているだけで受信料を支払わなければいけない?

テレビを持っていなかったとしても、スマホやパソコンを持っている人は受信料を支払わなければいけないという噂もありますが、スマホなどを持っているだけでNHK受信料を支払わなければいけないわけではありません。
 
NHKは「NHKの放送を受信できるテレビ」を設置した人に対して放送受信契約を結んでいます。この「NHKの放送を受信できるテレビ」とは、ワンセグ対応のスマホやチューナー内蔵のパソコンなども含まれるため、対象機器を持っている場合は受信料を支払わなければいけません。
 
場合によっては割増金の支払いや裁判となることもあるので、NHKの放送を受信できる機器を設置している場合は放送受信契約を結び、受信料を支払いましょう。
 

10月の変更点を確認しておきましょう

2023年10月からNHKの受信料が変更されるので、今のうちに確認しておきましょう。一律で月額料金が1割値下げになるので、受信料を支払っている人にとっては負担が減ります。
 
また、受信料の支払いは「NHKの放送を受信できるテレビ」であるか否かで判断されます。放送を受信できるスマホを保有している場合は放送受信契約を結び、受信料を支払う必要があるので注意してください。
 

出典

NHK 大切なお知らせ
NHK 現在、総務省の有識者会議でNHKのインターネット活用業務等について議論されているが、スマートフォン(スマホ)を持っているだけで、受信料を支払わないといけなくなるのか
NHK 携帯電話・スマートフォン、カーナビ、パソコンで放送を受信可能な場合は受信料が必要か
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集