更新日: 2023.10.12 その他暮らし

車は「5年おき」に買い替えるのがお得? 10年乗る人とは「400万円」の差に!? メリットについても解説

車は「5年おき」に買い替えるのがお得? 10年乗る人とは「400万円」の差に!? メリットについても解説
車を5年おきに買い替える人、周りにいませんか? どうしてそんなに早く買い替えるのか聞いてみると、「下取りが高いうちに買い替えた方がお得だから」との回答。本当にそうなのでしょうか。本記事では、5年おきと10年おきとで車を買い替えた場合の支出総額を計算してみます。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

車を5年で買い替える理由

まずは、なぜ「5年」なのかについて解説します。5年での売却には以下のようなメリットがあるからです。
 

●2回目の車検代が不要になる
●車の価値は5年を境に下がり幅が大きくなる傾向がある
●ローン完済のタイミングが多い

など

 
車検のタイミングでの買い替えは、「5年」に関係なく多くの人が検討するのではないでしょうか。車検は安くても10万円前後かかるので、車検を通す前に買い替えることでその出費を避けられるからです。車検を受けていれば10万円かかっていたとすると、実質的には新しい車を10万円引きで買えたという考え方もできますね。
 
一般的に車の価値は新車購入時から下がる一方ですが、5年を機に急落する可能性が高いとされています。300万円で購入した車を5年後に売れば100万円だったとしても、3回目の車検時である7年目では50万円ということも考えられます。「下取りが高いうちに買い替えた方がお得だから」という理由は、これに当たります。
 
あとは、返済期間5年のローンで車を購入している人は、ローン完済のタイミングになります。また新しくローンを組んで新車を選べる時期というわけです。
 

買い替え期間5年と10年の支出総額

それでは買い替え期間5年と10年で、どのくらい支出が変わるのかを計算してみましょう。車を所有する期間は20歳から70歳までの50年間とし、購入するのは毎回300万円の新車、5年で買い替える場合の下取り価格は100万円、10年では0円とします。車検は1回10万円と仮定します。
 

【5年】

●車本体
(300万円-100万円)×50年÷5年=2000万円
●車検
10万円×(50年÷5年)×1台当たりの車検回数1回=100万円
●支出総額
2000万円+100万円=2100万円

 

【10年】

●車本体
300万円×50年÷10年=1500万円
●車検
10万円×(50年÷10年)×1台当たりの車検回数4回※=200万円
●支出総額
1500万円+200万円=1700万円

 
※3年、5年、7年、9年の4回
 
5年では2100万円、10年では1700万円という計算結果になりました。50年間での差額は400万円なので、思ったより少ないと思いませんでしたか? やはり5年での高い下取りと、車検代を避けられる点が大きく影響しているようです。
 

【PR】タウンライフ土地活用

おすすめポイント

・最適な活用方法が複数社から全て無料で貰える!
800 万円の差がでることも!土地活用による節税&相続対策!
・スマホで簡単!3 分で依頼完了
・土地活用の初心者も安心!手軽に専門家に相談可能!

まとめ

車を5年おきに買い替える人と、10年乗る人との支出総額の差は400万円という計算結果になりました。車は使用年数に応じて修理代がかかることまで考慮すると、ほぼ無修理で乗り換えられるであろう5年との差額はさらに縮まることが予想できます。
 
ただ、本記事での試算は現金一括購入の場合です。5年おきにローンで購入する場合には、50年間ずっと利息を払い続ける構図になるため、10年との差はもっと広がる可能性があることを知っておきましょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集