更新日: 2023.12.07 その他暮らし

2000円札を手に入れたので、5000円でコレクターに売ろうと思います。現金の売買は法律的によろしくないですか?

2000円札を手に入れたので、5000円でコレクターに売ろうと思います。現金の売買は法律的によろしくないですか?
2000円札は、2000年(平成12年)に発行が開始された紙幣で、沖縄県の守礼門の図柄が特徴です。沖縄県内では流通が多いものの、他の地域では見る機会が少なくなっています。そのため、欲しいと思うコレクターもいるでしょう。しかし、紙幣の個人売買は法的に問題ないのでしょうか。本記事では、2000円札の価値や個人間での取引について解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

紙幣の売買について

個人での売買といえば、直接知人などに売るかフリマサイトを利用するという方法があります。フリマサイトでの紙幣売買は、過去に問題になった事例があります。
 
2000円札は、流通が少ないことから希少価値のある紙幣としてフリマサイトで取り扱われていました。ところが、このことに便乗する形で行われたのが、現行の1万円札を額面より高く売るという行為でした。
 
問題があると指摘されたのは、クレジットカードでの決済に対応していることです。このフリマサイトで1万円札数枚を購入し、決済方法としてクレジットカードを選べば現金が手に入ります。
 
これは、クレジットカードのショッピング枠を現金化するという行為に該当するわけです。この行為はマネーロンダリング(資金洗浄)につながる可能性があるとされており、一般社団法人全国銀行協会からも注意喚起されています。
 
こうした事例を考慮すると、現行で使える紙幣の個人売買は慎重になったほうがよいでしょう。
 

本当に2000円札は希少なのか?

2000円札は、見る機会が少なくなったというだけで、流通していないというわけではありません。実際には、銀行で普通に両替してもらうことも可能です。そのため、手に入れることが難しいということはなく、希少というより「あまり使われていない」といったほうが正しいでしょう。
 
とはいえ、番号がゾロ目だったり印刷ミスがあったりすると、それだけでコレクター視点での価値は上がります。ただし、これは2000円札に限ったことではなく、紙幣全般に該当する高値がつきやすい条件です。もしも2000円札が手に入ったら、番号がどのようになっているか印刷ミスはないかを確認するといいでしょう。
 

個人間の紙幣売買は慎重に

現行の紙幣の売買は、決済方法が原因で、フリマサイトで問題になった事例があります。そのため、現行紙幣を売買することは避けておくべきだといえます。
 
しかし、先ほども説明したように、紙幣に印刷されている番号がゾロ目であったり、多少の印刷位置のズレがあったりする紙幣は、単純に紙幣の母数と比較した際の希少度が高いため、コレクター人気も同様に高いと考えられます。
 
そのため、仮に希少とされる紙幣を手に入れた場合は、売るのではなく、記念として大切に持っておくか、希少な紙幣を好む友人と同額で交換するなどがおすすめです。
 

出典

一般社団法人 全国銀行協会 お客さまの情報等の定期的な確認の目的

 

※2023/12/07 記事を一部変更しました
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

PR
townlife-banner
ライターさん募集