更新日: 2023.12.22 その他暮らし

今年の冬こそオイルヒーターを使いたいです。やっぱり電気代は高いのでしょうか?

今年の冬こそオイルヒーターを使いたいです。やっぱり電気代は高いのでしょうか?
オイルヒーターを検討する中で、気になるのが電気代です。電気代が高いと、購入や使用にためらいが生じます。予測される電気代について、事前に把握しておくことが大切です。
 
本記事では、オイルヒーターの電気代について説明した後に、電気代を節約する方法について解説します。
 
オイルヒーターの電気代や節約方法に対する理解を深めると、購入や使用に対する安心感が得られることでしょう。オイルヒーターを検討中の方は、ぜひ参考にしてください。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

オイルヒーターの電気代

全国家庭電気製品公正取引協議会によると、執筆時点での電気代の目安単価は31円/kWhです。kWhは、1kW(1000W)の電力を1時間使用した場合の電力量を表す単位です。
 
オイルヒーターの消費電力はおおむね300~1500Wです。このため、上記の電気代目安をもとに、オイルヒーターの電気代を計算すると、1時間あたりのコストは9.3円から46.5円となります。
 
※算出した電気代は概算です。実際とは異なる場合があります。
 

オイルヒーターは電源をオフにしてもしばらく保温が続く

オイルヒーターは、電源を切っても熱が下がりにくいため一定時間温かさが維持され経済的です。さらに、一部の製品では、設定温度に近づくと、自動的に電源がオフになる、もしくは消費電力をおさえた運転に切り替わる機能が備わっており、最大消費電力での連続運転を避けられます。
 

オイルヒーターの電気代を節約する方法


設定温度を低くする、タイマーを活用する、窓際に設置する、省エネモードを利用するなどの方法を実践することで、オイルヒーターの消費電力をおさえつつ、室内をより効率的に暖めることが可能です。
 
これにより、オイルヒーターの電気代を削減できます。電気代を節約できると、オイルヒーターの使用に対する安心感が高まります。
 
本項では、オイルヒーターの電気代を節約する方法について見ていきましょう。
 

設定温度を低くする

オイルヒーターの設定温度を下げると、消費電力をおさえられ、電気代を節約することが可能です。オイルヒーターは部屋全体を暖めるため、高温に設定しなくても快適な温かさを感じられます。電気代を節約したい場合は、オイルヒーターの温度を控えめに設定してみてください。
 

タイマーを活用する

タイマーを有効活用することで、オイルヒーターの無駄な運転を防ぎ、電気代の節約に寄与します。例えば、寝る1時間前や外出30分前に電源をオフにするようなタイマー設定を行うと、電源を切り忘れる心配も軽減できます。
 
また、オイルヒーターは電源を切っても一定の時間温かさを維持するため、予定よりもやや早めに電源を切るようにタイマーを設定することをおすすめします。
 

窓際に設置する

電気代の節約を考えるなら、オイルヒーターを窓辺に配置することを検討しましょう。冷気が侵入しやすい場所に設置することで、室温の低下を防ぎつつ、室内を効果的に暖めることができます。
 
部屋の中央ではなく、窓辺に設置することで電気代を節約できます。
 

省エネモードを利用する

一部のオイルヒーターには、省エネモードやエコモードが備わっている製品もあります。これらのモードを利用すると、通常の運転モードに比べて消費電力を低減できます。
 
部屋の温度が上昇するまでにかかる時間は、通常のモードよりもやや長くなるかもしれませんが、電気代を節約することが可能です。

 

オイルヒーターを使用する際は節電を心掛けよう!


オイルヒーターは、寒い季節に頼りにされる人気のある暖房機器であり、ホコリの舞い上がりを最小限におさえつつ、部屋全体を快適に温められます。
 
オイルヒーターの電気代は、1時間あたり9.3円から46.5円が想定されます。また、設定温度を低くする、タイマーを活用する、窓際に設置する、省エネモードを利用するなどの方法を実践することで、消費電力をおさえ、電気代を節約することが可能です。
 
オイルヒーターの購入を検討している方は、節電を心掛けながら利用しましょう。
 

出典

全国家庭電気製品公正取引協議会 よくある質問
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集