更新日: 2024.03.18 その他暮らし

北海道は結婚式で「ご祝儀なし」が普通? 新郎新婦側は「赤字」にならないの? 会費制結婚式のメリット・デメリットも解説

北海道は結婚式で「ご祝儀なし」が普通? 新郎新婦側は「赤字」にならないの? 会費制結婚式のメリット・デメリットも解説
結婚式にはご祝儀を包んでいくのが基本と考える人が多いため、「北海道ではご祝儀が不要」と聞けば驚く人もいるのではないでしょうか。北海道の結婚式は本州での結婚式と異なり、会費制が一般的である点が特徴です。本記事では、北海道の結婚式について、また会費制の結婚式の概要やメリット・デメリット、相場などを紹介します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

北海道の結婚式の特徴は

結婚式に出席する場合は、ご祝儀を持参するのが一般的ですが、北海道の結婚式では基本的にご祝儀を用意する必要はありません。もともと、北海道は開拓地であり、さまざまな地域から多くの人が移民として集まっていました。
 
そのような中では冠婚葬祭に伝統的な風習がなく、結婚する2人のためにみんながお金を持ち寄ってお祝いしていたといわれています。このような北海道ならではのルーツがあり、現代でもその名残で会費制の結婚式が主流となっているようです。
 
会費制の結婚式では、会費があらかじめ決まっているため、結婚式当日はその金額を受付で支払います。このとき、お金はご祝儀袋などの入れ物に入れる必要はなく、お財布から直接支払って問題ありません。ピン札でなくてもよいですが、なるべくきれいなお札で、おつりが出ないように用意していくとスマートでしょう。
 
会費制のため、基本的にご祝儀は不要ですが、会費のほかにご祝儀を渡したい場合は、別途用意してもマナー違反にはなりません。なお、北海道の結婚式の会費相場は1万5000円~2万円程度です。通常の結婚式では、友人で3万円を包むのが一般的といわれるため、会費制のほうがゲストの負担が少ないでしょう。
 

会費制結婚式のメリット・デメリットは

ここからは、会費制結婚式のメリット・デメリットを紹介します。
 
・会費制結婚式のメリット
 
会費制結婚式のメリットとしては、列席者の金銭的負担が少ない点が挙げられます。ご祝儀制の結婚式の場合は、一般的には3万円、新郎新婦との関係性によっては5万円以上包むのがマナーとされています。しかし、北海道の会費制結婚式の場合は関係性にかかわらず、1万5000円~2万円程度が相場になるため、祝儀制よりは負担が少なく済むでしょう。
 
・会費制結婚式のデメリット
 
会費制結婚式のデメリットとしては、列席者からカジュアルすぎる印象を持たれる可能性がある点が挙げられます。会費が安い分、提供される料理がコース料理ではなくビュッフェスタイルになったり、引き出物がなかったりするケースが多いです。
 
会費制結婚式に慣れている人であれば気にならないかもしれませんが、馴染みがない人にとっては違和感を覚える可能性もあるでしょう。また、新郎新婦にとってはご祝儀制の結婚式よりもお祝い金が集まらない場合が多いため、自己負担額が大きくなる可能性もある点に留意が必要です。
 

会費制結婚式はメリットもデメリットもある

北海道の結婚式は、会費制が主流となっています。列席者にとっては、新郎新婦との関係性にかかわらず、決められた会費を払えばよいので、金銭的負担が少ない点がメリットです。その一方で、会費制の結婚式に馴染みがない人に対しては、カジュアルすぎる印象を与えてしまう可能性や、場合によっては新郎新婦側の自己負担額が多くなるケースもあるでしょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

PR
townlife-banner
ライターさん募集