更新日: 2022.11.17 住宅ローン

住宅ローンの返済方法。「元利均等返済」と「元金均等返済」の違いってなに?

住宅ローンの返済方法。「元利均等返済」と「元金均等返済」の違いってなに?
住宅ローンの返済方法には、「元利均等返済」と「元金均等返済」があります。比較してみると、毎回の返済額や返済総額などに違いがあるのですが、両者の違いが分からず、どちらを選べばよいか悩んでいる方もいるでしょう。
 
この記事では、元利均等返済と元金均等返済について、それぞれのメリット・デメリットなどを解説しています。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

【PR】おすすめの住宅ローン

PayPay銀行

おすすめポイント

・魅力的な低金利と充実した団信プラン!
・手続きもシンプルで来店不要
・書類提出も契約手続もネットで完了

変動金利

0.250 %

※全期間引下型

※自己資金10%以上の金利です

当初10年固定

1.145 %

※当初期間引下型

※自己資金10%以上の金利です

変動金利

0.250 %

※全期間引下型

※自己資金10%以上の金利です

当初10年固定

1.145 %

※当初期間引下型

※自己資金10%以上の金利です

 

元利均等返済とは

元利均等返済は、毎回の返済額が同じになる住宅ローンの返済方法です。返済方法を問わず、毎回の返済額は「元金」と「利息」で構成されます。
 
元利均等返済の特徴は、返済が進むとともに返済額に占める利息の割合が低くなることです。したがって、返済初期は利息の割合が高く、元金の割合が低くなります。
 

公式サイトで申し込み

【PR】みずほ銀行カードローン

mizuho

おすすめポイント

・<金利年2.0%~14.0%
・ご利用限度額は10万円から最大800万円
・さらに入会金・年会費は無料!24時間、WEB申込受付中!

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 年2.0%~14.0%※1 最短当日
融資まで 来店 収入証明書
最短当日 - ※2
※1 住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。 ※2 ご希望のご利用限度額が50万円以下の場合は不要です。 ※2 学生は20歳以上で安定収入がある方に限る

元金均等返済とは

元金均等返済は、返済期間を問わず元金を一定にする返済方法です。返済1年目であっても返済35年目であっても、返済額に含まれる元金は基本的に変わりません。ここに利息を加えた金額が毎回の返済額になります。
 
利息は元金を基に計算するため、返済が進むとともに毎回の返済額は少なくなっていきます。
 

元利均等返済・元金均等返済のメリットとデメリット

元利均等返済と元金均等返済のメリット・デメリットは異なります。両者の特徴を理解してから選択することが重要です。
 

元利均等返済のメリット・デメリット

最も大きなメリットは、返済期間を問わず毎回の返済額を一定にできることです。「毎月10万円」のように、返済額を固定できるため、家計を管理しやすくなります。
 
例えば、住宅ローンを返済しながら大きな出費を伴うライフイベントをこなせるかなど、見通しが立てやすくなるでしょう。借入金額、利息、返済期間が同じ条件であれば、返済初期の返済額を、元金均等返済よりも抑えられる点も魅力です。
 
ただし、同じ条件であれば元金均等返済よりも返済総額は多くなります。返済初期は利息の割合が高いため、元金の減り方が遅いからです。
 

元金均等返済のメリット・デメリット

最も大きなメリットは、同じ条件であれば、元利均等返済よりも返済総額を抑えられることです。元金の減り方が早いため、返済総額を抑えられます。同じ理由で、返済が進むと毎回の返済額が少なくなる点も魅力です。
 
ただし、逆にいうと、返済初期は返済額が大きいことを意味します。借入時にそれに見合った返済能力がないと、審査に落ちたり、希望する金額を借り入れられなかったり、ということもあるでしょう。
 
また、元金均等返済を扱っていない金融機関が多い点にも注意が必要です。金融機関に相談、あるいは確認してから、選択したい返済方法といえます。
 

自分に合っている住宅ローンの返済方法を選択

元利均等返済と元金均等返済の特徴は大きく異なります。それぞれにメリットとデメリットがあるため、一概にどちらが良いということはできません。
 
住宅ローンの返済方法は、ライフプランなどにあわせて選択することが重要です。どちらが適しているか分からない場合は、住宅会社や金融機関などに相談できますので、専門家に相談した上で選択してもよいでしょう。
 
執筆者 : FINANCIAL FIELD編集部

住宅ローン 金利別ランキング【PR】~あなたのニーズに合った住宅ローンをチェック!~

※弊社の提携会社のランキング

住宅ローン 金利別ランキング【PR】

※弊社の提携会社のランキング

※1借入期間を35年超でお借り入れいただく場合は、ご利用いただく住宅ローン金利に年0.15%が上乗せとなります。

【PR】おすすめの住宅ローン

PayPay銀行

おすすめポイント

・魅力的な低金利と充実した団信プラン!
・手続きもシンプルで来店不要
・書類提出も契約手続もネットで完了

変動金利

0.250 %

※全期間引下型

※自己資金10%以上の金利です

当初10年固定

1.145 %

※当初期間引下型

※自己資金10%以上の金利です

変動金利

0.250 %

※全期間引下型

※自己資金10%以上の金利です

当初10年固定

1.145 %

※当初期間引下型

※自己資金10%以上の金利です

 

住宅ローンランキング表はこちら