更新日: 2022.11.22 住宅ローン

無理なく住宅ローンを返済するために。住宅ローンの返済比率はどれくらいがいい?

無理なく住宅ローンを返済するために。住宅ローンの返済比率はどれくらいがいい?
マイホームの購入にあたり、利用することも多い住宅ローン。「いくら借りられるか」という点はもちろん、重要になるのが「いくらであれば問題なく返済できるのか」という点です。
 
無理なく住宅ローンを返済するためには、「返済比率」という考え方を知っておくことが重要になります。
 
そこで、この記事では住宅ローンの返済比率とは何か、計算方法や目安について解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

【PR】おすすめの住宅ローン

auじぶん銀行

auじぶん銀行

おすすめポイント

・がん診断保障に全疾病保障を追加
・住宅ローン人気ランキングNo.1!

変動

0.169 %

※住宅ローン金利優遇割最大適用後の変動金利(全期間引き下げプラン)
※新規借入れ

当初10年固定

%

※当初期間引下げプラン

当初20年固定

%

※当初期間引下げプラン

【auじぶん銀行の注意事項】
※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。
ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。
金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

※審査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となります。金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5年、10年に限定されます

・変動金利について
※2024年5月現在・本金利プランに住宅ローン金利優遇割を最大適用した金利です。
※J:COM NET優遇割・J:COM TV優遇割は戸建のみ対象
※ J:COM NET優遇割、J:COM TV優遇割、コミュファ光優遇割は適用条件充足後、3ヶ月後から適用開始となります。

 

住宅ローンにおける返済比率とは?

住宅ローンにおける返済比率とは何か、概要や計算方法についてみていきましょう。
 

返済比率とは

住宅ローンにおける返済比率とは、年収におけるローンの年間返済額の割合を指すものです。場合によっては返済負担率と呼ばれるケースもあります。
 
この返済比率は、住宅ローンの借入額を決定する際の目安となります。
 

返済比率の計算方法

返済比率は年間返済額を年収で割り、そこに100を乗じて求めることが可能です。計算式にすると、以下のようになります。
 
(住宅取得のための借り入れの年間返済額+住宅取得以外の借り入れの年間返済額)÷(申込人の年間収入+収入合算者の年間収入)×100
 
なお、自動車ローンやカードローンなど、住宅取得以外を目的とした借り入れがある場合、その返済額を計算に含めます。
 

【PR】おすすめの住宅ローン

PayPay銀行

おすすめポイント

・魅力的な低金利と充実した団信プラン!
・手続きもシンプルで来店不要
・書類提出も契約手続もネットで完了

変動金利

0.315 %

※全期間引下型

※自己資金10%以上の金利です

当初10年固定

1.155 %

※当初期間引下型

※自己資金10%以上の金利です

変動金利

0.315 %

※全期間引下型

※自己資金10%以上の金利です

当初10年固定

1.155 %

※当初期間引下型

※自己資金10%以上の金利です

 

住宅ローンにおける適切な返済比率の目安

住宅ローンを組む際には審査が行われ、その際返済比率が重要なポイントとなります。これは、ローンを申し込む人の返済能力を上回る金額の融資を行わないようにするためです。
 
金融機関によっても返済比率の基準は異なりますが、おおむね30~35%程度だといわれています。ただし、これはあくまでも、住宅ローン審査を通過するために金融機関が設けた返済比率です。そのため、無理なく返済できる理想的な返済比率とは異なる場合があります。
 
理想的な返済比率は、一般的に手取り収入の20~25%程度だといわれています。この返済比率であれば、家計が圧迫され過ぎるリスクが少なく、無理なく返済を続けやすいでしょう。
 

住宅ローンの返済比率を考えるうえでの注意点

住宅ローンの返済比率を考えるうえでは、いくつか注意すべきポイントがあります。主な注意点には、以下のようなものが挙げられます。
 

ほかのローンの返済額を加味する

住宅ローンの借入額を設定する際、考えておきたいのがほかのローンの返済額です。住宅ローン以外に、自動車ローンやカードローンなどがあると、返済負担率が大きくなる可能性があります。
 
住宅ローン以外にも借り入れをしているものがあるか、それを合算した場合に年間返済額はいくらになるのか、しっかりと計算しておきましょう。
 

収入の減少について考えておく

返済比率を考える上では、収入の減少も考慮しておくことが重要です。
 
住宅ローンの返済期間中、常に安定して収入が確保できるとは限りません。事故や病気などに見舞われてしまったり、身内の介護が必要になったりするなど、思いがけないトラブルが発生する可能性もあります。すると、働き方が変化し、それにともない収入が減少することもあるでしょう。
 
借入時には無理がない返済比率であっても、将来的に家計の状況が変わる可能性があります。変化があっても返済を続けられるよう、返済比率を考えることが大切です。
 

ポイントを押さえて無理のない返済比率を考えよう

住宅ローンにおける返済比率は、借入額を決める際の目安となる重要なものです。金融機関が設ける返済比率の目安は、一般的に年収の30~35%程度といわれていますが、無理なくゆとりのある生活を送りたい場合は、手取り額の20%程度を目安にすることも一案です。
 
また、返済比率に頼りすぎず、あくまでも考え方の一つとして認識することが重要といえます。家族構成やライフスタイルをベースに今後かかる費用を計算し、長期的な視点で返済比率を考えましょう。
 
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

住宅ローン 金利別ランキング【PR】~あなたのニーズに合った住宅ローンをチェック!~

※弊社の提携会社のランキング

【auじぶん銀行の注意事項】

※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。

ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。

金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

※審査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となります。金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5年、10年に限定されます

・変動金利について
※2024年5月現在・本金利プランに住宅ローン金利優遇割を最大適用した金利です。
※J:COM NET優遇割・J:COM TV優遇割は戸建のみ対象
※ J:COM NET優遇割、J:COM TV優遇割、コミュファ光優遇割は適用条件充足後、3ヶ月後から適用開始となります。

住宅ローン 金利別ランキング【PR】

※弊社の提携会社のランキング

【auじぶん銀行の注意事項】

※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。

ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。

金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

※審査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となります。金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5年、10年に限定されます

・変動金利について
※2024年5月現在・本金利プランに住宅ローン金利優遇割を最大適用した金利です。
※J:COM NET優遇割・J:COM TV優遇割は戸建のみ対象
※ J:COM NET優遇割、J:COM TV優遇割、コミュファ光優遇割は適用条件充足後、3ヶ月後から適用開始となります。

※1借入期間を35年超でお借り入れいただく場合は、ご利用いただく住宅ローン金利に年0.15%が上乗せとなります。

【PR】おすすめの住宅ローン

auじぶん銀行

auじぶん銀行

おすすめポイント

・がん診断保障に全疾病保障を追加
・住宅ローン人気ランキングNo.1!

変動

0.169 %

※住宅ローン金利優遇割最大適用後の変動金利(全期間引き下げプラン)
※新規借入れ

当初10年固定

%

※当初期間引下げプラン

当初20年固定

%

※当初期間引下げプラン

【auじぶん銀行の注意事項】
※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。
ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。
金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

※審査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となります。金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5年、10年に限定されます

・変動金利について
※2024年5月現在・本金利プランに住宅ローン金利優遇割を最大適用した金利です。
※J:COM NET優遇割・J:COM TV優遇割は戸建のみ対象
※ J:COM NET優遇割、J:COM TV優遇割、コミュファ光優遇割は適用条件充足後、3ヶ月後から適用開始となります。

 

ライターさん募集
住宅ローンランキング表はこちら